プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

リンク

Lucky Star

これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。

Twitter

チャリティショップ

かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。

オーダー制

わんちゃんの写真と一緒にプリザーブドフラワーを埋め込んだメモリアルアイテム。(チャリティグッズです)
スタンド付きで1つ2000円


卒業生

Lucky Starを卒業して幸せになった子達を紹介します。

ジブリ兄妹:ハク・かまじ・千・ゆば

キテレツ兄弟:コロスケ&トンガリ

カボティ:陽気な男前。


みょーいち:お茶目なめんこちゃん。


シュナ蔵:心優しきジェントルマン。

もんのすけ:賢くてお利口さんの優等生。

桜兄妹:ソメ太・イヨ・シノ

梅兄妹:ミチ&シルベ

どらえもん兄妹:のびっち・すねっち・どらっち・しずりん


ちゃま:やんちゃな子供っち。


ポッケ:妖精のようなおじぃちゃん


マイ:とっても前向きで魅力的な女の子♪




どんぐり:愛くるしすぎるクルクルレディ。


ハトポ:人慣れしすぎたハトポッポ。



ミックスナッツ兄妹:モンド・クルミ・カシュー・ピスタ



お師匠兄妹:カンペイ・トシオ・いくよ・くるよ


スミ子:探検家。

サム:ハナコの父さんか兄さんか弟か・・・


ペロたん:オレ王国の俺様王子。


バン:スーパー天才ジィ。


あずき:スーパーめんこちゃん


こむぎ:スーパー甘えんぼちゃん


夏の子兄妹:うみ&なみ


トーマ:超癒し系。


アスラン:人間ラブ。


つくし:風紀委員的な優等生。


さち子:猫神様。

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

新入りにゃんこ スー&マイル。

Category : 保護にゃん
お姉ちゃんのツイッターアカウントをお探しの方がいらっしゃるようなので・・・
アカウント名はLucky Starです。このブログのPC画面左中央あたりからも見られます。
ためになることは一切呟きませんが、うちの子たちに日常が見られますので良かったら・・・笑

今日は、15日に苫小牧保健所からお迎えしたニャンコ兄妹をご紹介します。
スーちゃん

マイル君
20160615_083948929_iOS_convert_20160615224010.jpg
です!

ふたりは脳障害があって、何かしようとすると頭が動いてしまうし、歩くことはできないけれど
たくさん食べるし、感情表現も上手にできる。
とってもとってもかわい子ちゃんです
1歳になってるかなぁってくらいの若さ。
20160617_063424335_iOS_convert_20160617164441.jpg

高速道路のインターチェンジの駐車場脇の草むらに捨てられていたそうです。
動けないこの子たちが、もし長時間そこにいたら
キツネやカラスに食べられていたと思います。
どんな事情があったとしても、最低の行為です。
もちろん犯罪。

ラッキーなことに保護され警察経由で苫小牧保健所へ。
苫小牧保健所ではできる限り処分しないよう努力してくださっています。
立って排泄できないこの子たちのお尻の汚れはひどかったそうで、
洗って乾かし、痩せたふたりにたくさんゴハンを食べさせて
ワクチンまでうってくれたんです。
この気持ちをすべての保健所の職員さんが持ってくれたら
繋がる命はどれだけ増えることでしょう。
20160616_121359927_iOS_convert_20160617164637.jpg
このふたりは、ずっと一緒に育ってきたと思われ
どちらかがいなくなると呼ぶんです。
お互いがお互いのクッションになり、温もりになり、
きっとそうやって過ごしてきたんだと思います。
「できれば2匹一緒に。」
この子たちを見れば、お世話すれば、そう思う人は多いはずです。

お姉ちゃんは、どの程度の障害かを見に行くだけのつもりでしたが
正直、2匹一緒に譲渡になる可能性は低いと思いました。
そもそも、誰も引き取り手がいなかったら連れてくるつもりでいたので
ふたりまとめて引き取っちゃえ~ってことで連れてきました。

動きはこんな感じ


昨日、病院で血液検査をしてきました。
どこも異常なく、エイズ・白血病どちらも陰性。
カゼ症状があるので、お薬をもらいました。
血液検査で問題ないということは、先天性の可能性が高いとのこと。
恐らく小脳の障害なのですが、進行性のものか、そうでないものかは
今までの経過がわからないので、何とも言えません。

ただ、ここまでの症状が小さい頃からあったなら
こんなに大きく育てるのは大変だったはずで、
そんな人がこんな捨て方をするかなぁと思うと
進行性のもので、重症化してお世話ができなくなったのかなという気もします。

だけど現時点では、進行するもしないも半分ずつ可能性があるわけです。
諦めるのは早い。
リハビリを始めてみることにしました。
人工芝だと、クッションもあって踏ん張りもきいて、洗えるしいいかな~と早速購入。
スーちゃん上手でしょ?
20160617_063640540_iOS_convert_20160617164527.jpg
スーちゃんのほうが、障害の程度が少し軽くて、
頑張ればタオルの上でも立てるんです。

マイル君は、立つことができません。
食べること、飲むことを自分では止められないみたい。
頭の動きもスーちゃんに比べると激しい。
食べてる間も頭を振ってるので、フードがあっちゃこっちゃに飛んでいくんです。笑
でもふやかしてみたら、とっても上手に食べるんですよ。
20160616_121349072_iOS_convert_20160617164602.jpg

動物は、人間も含めて、五体満足とは限らない。
五体満足は当たり前なんかじゃない。

犬や猫を家族に迎えるということは
その子のすべてを受け入れるということです。
病気になったから、年をとったから、障害があるから、
そんな理由で捨てられるものではありません。
命って、軽くない。
それはそれは重くて、尊くて、大事なものです。
「かわいい」という一時の感情だけで、最期までお世話するのは難しいと思う。
もしも万が一、自分が飼えなくなったなら、必死に新しい家族を探さなけれななりません。
それは当然の義務で、その義務も果たさず捨てる人が後を絶たない。
20160615_103525707_iOS_convert_20160615223955.jpg

人と暮らす動物にとって、飼い主はすべてです。
そして飼い主を選ぶことはできません。
お姉ちゃんも、今いる子たちみんな、
自分の意思で選んで連れてきました。
自分の勝手な気持ちで連れてきました。
だからこそ、裏切ってはいけない。
出来る限りのことをして、
連れてこられた動物も、連れてきた人間も、
なんか幸せかも~っていう日々が送れるようにするんです。
それには努力も必要なことだってあります。悩むことだってあります。
それでも一緒に、ずっと一緒に生きる。
それは本当に当たり前のことなのです。
20160615_103512167_iOS_convert_20160615224750.jpg

スーとマイルに「いらっしゃい!」のポチポチお願いします!
人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

元の飼い主に向けて、いつもの「滅びの呪文」を多めに唱えてあります。
一生懸命お世話してくださった保健所の職員さんの分も。
本音はもう「ブッコ○スぞオラァー!」ってとこですよもちろん。
きっとみんなの「ふざけんなよ!」の念が届いて、外出時にお腹がピーピーでようやく見つけたトイレに先客がいて苦しんだり、やっと入れたと思ったらペーパーがなかったりとかするはずだから。
っていうかもう、高速で2匹捨てた帰りに事故ってるかもしんないよね。
なにかしらの天罰が下るんだから
覚悟しとけよオラー!
スポンサーサイト

お問合せ

里親さん募集中

名前:たろう 年齢:9歳

里親さん募集中

仮名:マー坊(オス)

譲渡条件

里親様にお願いしている条件

LuckyStarの仲間達

お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。


じぃじ 
2012年6月札幌管理センターより引き取り
当時12歳
絵に描いたような頑固じじぃ。
特技:眼力。
保護当時はひどい皮膚病でした。
2012年6月のブログを見てね。



薫子さま
2014年7月札幌管理センターより引き取り
推定10~12歳
小さな狂犬。
特技:命令


クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定14歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり

いつでも里親募集中

心の住人

元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。