FC2ブログ

うちのクロ美ちゃん。

昨日、クロ美ちゃんと病院に行って、リンパ腫の相談と、相変わらずの血尿と頻尿の相談をました。
皮膚型リンパ腫については、否定はできないけれど、前回からリンパの大きさの変化がないので
可能性は低いのではないかとのこと。

尿検査して、レントゲン検査して、再度エコー検査して、わかったのが
膀胱のあたりの腫瘍。

膀胱と繋がって3㎝の腫瘍がありました。

クロ美ちゃんの膀胱の壁は、本来1ミリあるかどうかの厚さなのに、
8ミリもあるんです。
一体どれだけ長い間、膀胱炎に苦しんできたんでしょうか。

エコー検査の時、本当はオシッコが溜まった状態で検査するのですが
クロ美ちゃんはあまりにも頻尿で、オシッコを溜めておくことができません。
前回の検査では、膀胱の中をきちんと見ることはできませんでした。
縺上m縺ソ繧点convert_20150130212217

「膀胱癌」

お姉ちゃんのスカスカの脳みその中にでさえ入っている悪性度の高いガン。

膀胱癌のおよそ9割が移行上皮ガンだそうです。

尿を遠心分離して、細胞を見たら、クロ美ちゃんの尿にも移行上皮細胞が出ていました。
それでも、これで確定診断というわけではありません。

あくまでも「かなり可能性が高い」となります。
確定診断するには、尿道カテーテルを入れて、膀胱をゴリゴリして細胞を取り、検査に出す。

確定診断が出て、手術して治るなら、クロ美ちゃんに我慢してもらって
検査します。

だけど、膀胱癌の手術は、簡単なものではなくて
膀胱のどこにできているのかをCTやMRIで検査し、
手術可能な場所だったらできるけど、もしも転移していたら・・・
本当に摘出できるかどうかはお腹を開けてみないとわかりません。
そして手術の予後はとても悪いそうです。

お姉ちゃんは検査を選びませんでした。

痛い思いをして、嫌な思いをして、わかったところで
希望を持てるものではないと思いました。

クロ美ちゃんの腫瘍はすでに3㎝もあるんです。

今のところ、肺転移もなく、膀胱の一番近くにある腰下リンパへの転移も可能性が低い。

クロ美ちゃんが膀胱癌なら、一体あとどのくらい生きられるんだろう。
どれだけ楽しいことができるんだろう。

先生が見せてくれた本には
移行上皮ガンの予後という表に
余命1ヵ月というデータが載っていました。

なんかもう、悲しいのを通り越してクラッとしました。

今、クロ美ちゃんが一番辛いであろうことは
頻尿と血尿と体の痒み。
まずはそこを少しでも楽にするように、治療しながら
膀胱腫瘍に効果のあるピロキシカムというお薬を飲んでいきます。
今日から鍼灸とオゾン療法も始めました。

どうか効いてくれますように。

IMG_0390_convert_20150130212438.jpg


ここ数日、食欲が落ちてきて、好きなものだけ食べています。
今好きなのはパンやジャーキー、デビフ缶。
今日は時間がないお姉ちゃんに代わってS姉さんが手作り食を沢山作って届けてくれました。
(ねーさん、いつもほんとにありがとう<(_ _)>)
夜はそれを食べてくれました。

このまま、好きなモノがずっと食べられるといいなぁ。
縺上m縺ソ繧・_convert_20150130212158
クロ美ちゃん、
そんなに飼い主のおじいちゃんと一緒にいたかったの?
おじいちゃんのいる所に、急いで行く必要ないんだよ。
いつかみんな行くんだから。いつか必ず会えるんだから。

人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。