プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

リンク

Lucky Star

これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。

Twitter

チャリティショップ

かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。

オーダー制

わんちゃんの写真と一緒にプリザーブドフラワーを埋め込んだメモリアルアイテム。(チャリティグッズです)
スタンド付きで1つ2000円


卒業生

Lucky Starを卒業して幸せになった子達を紹介します。

ジブリ兄妹:ハク・かまじ・千・ゆば

キテレツ兄弟:コロスケ&トンガリ

カボティ:陽気な男前。


みょーいち:お茶目なめんこちゃん。


シュナ蔵:心優しきジェントルマン。

もんのすけ:賢くてお利口さんの優等生。

桜兄妹:ソメ太・イヨ・シノ

梅兄妹:ミチ&シルベ

どらえもん兄妹:のびっち・すねっち・どらっち・しずりん


ちゃま:やんちゃな子供っち。


ポッケ:妖精のようなおじぃちゃん


マイ:とっても前向きで魅力的な女の子♪




どんぐり:愛くるしすぎるクルクルレディ。


ハトポ:人慣れしすぎたハトポッポ。



ミックスナッツ兄妹:モンド・クルミ・カシュー・ピスタ



お師匠兄妹:カンペイ・トシオ・いくよ・くるよ


スミ子:探検家。

サム:ハナコの父さんか兄さんか弟か・・・


ペロたん:オレ王国の俺様王子。


バン:スーパー天才ジィ。


あずき:スーパーめんこちゃん


こむぎ:スーパー甘えんぼちゃん


夏の子兄妹:うみ&なみ


トーマ:超癒し系。


アスラン:人間ラブ。


つくし:風紀委員的な優等生。


さち子:猫神様。

最新記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

子ガラス ボーちゃん。

Category : 保護だとか。
ツイッターをご覧の方にはすでにバレているかと思いますが
今、お姉ちゃんの家にはカラスのお子さんがいらっさいます。
「あぁお姉ちゃん・・・ついにカラスまで・・・」という声が聞こえますね・・・(笑)

今日はちょっと長くなりますが、カラスのことを書きます

ご紹介します。
ハシボソガラスのボーちゃんです

「は、は、はじめまちて。ボーでしゅ。」

はい、良く出来ました

カラスって、嫌いな方が多いのではないでしょうか。
「黒くて怖い。」
「ゴミをあさる。」
「人を襲う。」
嫌う理由は色々あると思います。

お姉ちゃんだって、怖い思いをしたことがあります。
基本的に鳥さんが好きですけどね、
目に入れても痛くない程、頬ずりしちゃいたい程カラスが大好き!なわけでもないんですよ。

でもね、カラスって一番身近な野生動物だと思うんです。
この動物と共存出来ずに、一体何と共存できるのか!と思っているんです。

「きょーぞんって・・おいちぃ?」
IMG_9521_convert_20140618212723.jpg
かわええのぅボーちゃんや
(結局頬ずりしたいほど可愛い。笑)

うちの近所の公園で、ハシボソさんのご夫婦が子育てをしていたのですが
早くに巣から飛び出してしまった子がいました。(ボーちゃんじゃないよ。)

巣立ちの時期にはちょっと早かったようですが
親がしっかりと守っていたので、見守っていました。

その際、どう見守るのがいいのか、どう関わるのがいいのか、
NPO法人札幌カラス研究会の代表の中村さんにアドバイスを頂きました。

ヒナの近くを人が通れば、親が威嚇をします。
と言っても、ハシボソガラスはガァガァ大きな声で鳴くだけで攻撃はしないんです。
だけど、「ヒナを捕獲してくれ」と行政に通報が入ります。
実際、その子が入り込んだ民家や工場から通報が入りました。

行政が業者に連絡をして、捕獲されることになったら
ヒナはどうなると思いますか?

山や森に捨てられ、キツネなどのエサになるのだそうです。
お姉ちゃんはそんなこと、中村さんに教えてもらうまで考えたこともありませんでした。
というか、通報する人がいることすら考えてなかった。

野生動物ですから、弱肉強食の世界。
もちろん捕食されることを「かわいそう」なんて言うつもりは全くありません。

お姉ちゃんは野生動物に人が手を出した時点で
野生ではなくなってしまうのではないかと思うんです。

クマやキツネに餌をやる行為も、彼らから野生を奪う行為だと思っています。

カラスもそう。
人がわざわざ捕まえて、山に捨て、何かに食べられるというのは
「自然」なことじゃない。

「カラスのヒナを捨てる行為は人がキツネやアライグマに餌付けしていることになる」と中村さんはおっしゃいます。
それって、ものすごく問題だと思いませんか。

「食べごろでしゅよ。」
IMG_9529_convert_20140618212826.jpg
なわけあるか!

だから、通報する人が近所にいたら、ヒナを捕獲して
公園に戻すことにしたんです。
それが出来るように、札幌市に申請し捕獲許可をもらえるようにしてくれました。

最初に飛び出した1羽の後、兄弟たちも巣立ちの練習を始めました。
何度か公園に戻し、見守り続けたある日の朝、
マイちゃんとお嬢ちゃんとお散歩がてら、
公園から出たヒナがどこにいるか確認に行くと
親が大騒ぎしている。
何かあったなと思い近づくと、民家の庭で長い竹竿を振り回すオッサン。

ヒナに当たったら大変!と思って
「おじさん!カラスのヒナがいるの?」と聞くと
オッサンは足元を指差しました。

そこには見守っていた子の1羽が仰向けにひっくり返っていました。
叩いたの?と聞いても「叩いてない」と答えます。
本当のことは分からない。
車にぶつかって弱っていたのかもしれない。

オッサンに「これはハシボソガラスだから、騒ぐけどほとんど攻撃はしてこないんだよ」と伝えてヒナを抱えて
公園に連れて行きました。
親は大事な子をお姉ちゃんに誘拐されたと大騒ぎ。
それでも一度も攻撃はされていません。

公園に放すと、見ていた別なジィさんが
「カラスなんて助けるもんじゃない!悪いことをする生き物なんだから、いなくなった方がいいんだ!子供が襲われてケガをする。人間が一番大事なんだから!見せしめに殺して吊るしておけば悪いことしなくなるから!」と怒りました。

なんだかもう悲しくなってしまった。
たった1家族のカラスに、この敵の数。
いつからこの世界は人間のものになったんだろうか。

結局、夕方まで様子を見たけれど、伏せたまま動かない。
中村さんに来てもらい、どうしたら良いのか見てもらいました。
歩くことはできたけど、足の握力が弱く、痩せていて弱っている様子。
このまま自然に任せるのが良いのか、保護するのが良いのか、悩みました。

カラスって、どんなに弱っていても決して子供を見捨てないんだそうです。
実際その子の兄妹は1羽死んでいるのですが
その亡骸を一生懸命動かそうとしている親を見ました。
ずっとそのヒナを守ろうとする= その間、人間を威嚇する=カラスのイメージが悪くなる=来年以降の巣作りにも影響する
と聞いて、親には別な兄弟ヒナに専念してもらい、その弱ったヒナを保護することにしたんです。
見せしめに殺せと言うジィさんも毎日来るし。

現在その子は元気になり、「カラス好き好き大好き男」の元で飛ぶ練習をしています。
少しずつ飛べるようになっているのだそうで、
8月に野生に戻す予定です。

これが今回、カラスに関わることになった経緯。

え?ボーちゃんの話じゃなかったの??って思いました?笑
ボーちゃんは、その後中村さんから保護依頼があって我が家にやって来たんです。
まだ巣立ちには全然早かったのに、巣から落ちてしまったようです。
くちばしが曲がり、左足の握力がありません。
野生に戻すべきか、人の元で暮らすべきか、中村さんに相談し
里親さんを探すことになりました。
なんと、すぐに見つかって7月にはお引っ越しの予定。
「おかーしゃん!ごーはーんー!」
IMG_9526_convert_20140618212759.jpg
元気に成長中
里親さんが決まっているのだから、いくら人慣れさせても良いのだ!と甘やかし放題。笑

今の時期は、カラスの子育て真っ最中。
ハシブトガラス(くちばしが太くて大きい方)の襲撃を受けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
(お姉ちゃんもですが。笑)
特にお子さんの通学路に巣があると心配ですよね。

先日公園で石を投げたりカラスがいる木を揺らしたりしているオッサンがいました。
カラスにケンカを売っているようなもんですね。
(もちろんやめてもらいました。)
子供を守っているんです。そんなことをすれば、尚更威嚇が激しくなります。
巣の撤去をしてもカラスはいなくならないそうです。
それどころか次の巣作りの時に威嚇が激しくなったりするんだそうです。

1年中続くわけじゃない。1年にたった1度の子育て。
好きになってほしいとは言いません。
ヒナが巣立つまでの少しの間、違うルートを通るくらいの余裕を持ちませんか。
突然襲われたら、慌てずに両手をまっすぐ上に伸ばして下さい。
カラスは手の上を飛ばなければならなくなるので頭を狙われません。
(決して走ってはいけないそうですよ)
カラスの攻撃から身を守る方法は
巣を撤去することや行政に通報することではなく、
正しい知識を持つことだと

今回の件で学びました。

カラスにとって、この世がどれだけ生きにくい世界かということも。

人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ハシボソとハシブトの違いや、繁殖についてわかりやすく書いてあります。
カラスが嫌いな方にこそ、知ってほしいです。
NPO法人札幌カラス研究会
スポンサーサイト

お問合せ

里親さん募集中

仮名:銀次(オス)推定2歳

里親さん募集中

名前:たろう 年齢:9歳

譲渡条件

里親様にお願いしている条件

LuckyStarの仲間達

お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。


じぃじ 
2012年6月札幌管理センターより引き取り
当時12歳
絵に描いたような頑固じじぃ。
特技:眼力。
保護当時はひどい皮膚病でした。
2012年6月のブログを見てね。



薫子さま
2014年7月札幌管理センターより引き取り
推定10~12歳
小さな狂犬。
特技:命令


クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定14歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり

いつでも里親募集中

心の住人

元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。