FC2ブログ

もんのすけのご報告★今日のひー様

先日、里子へ行ったもんのすけが
どうしているか気になっているのは

お姉ちゃんだけじゃないはずです

早速里親さんが写真を送ってくれました


お姉ちゃんがお届けして帰った後、
家中を探したと聞いて泣きそうになったのですが
そんなものは一瞬だったようで

まるでずっと前から家族だったかのように馴染んでいるそうです(笑)

もうすっかりお父さん子なんだとか

CAU1LCY3_convert_20130506154905.jpg

次に会った時
「だれだっけ・・なんだもん・・??」と言われないか心配です

先住わんちゃんも受け入れてくれたと聞いて
ホッと一安心

CA3MI9UI_convert_20130506154757.jpg

ほんっとうにもんのすけにピッタリのお家。
お父さんとお母さんは、もんのすけをとても愛してくれています。

「ボク、幸せなんだもん!」
CAKM0OYP_convert_20130506154932.jpg
いがった。。。いがったよー
お姉ちゃんもしやわせ。


今日はドキドキしながらこのブログを覗きに来てくれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ひー様がどうしているかと。

ひー様は頑張っています。
状態は昨日とあまり変わりません。

IMG_4585_convert_20130507002648.jpg
フラフラですがまだ自分で歩くこともできます。
こんな細い体のどこにそんな生命力が残っているのかと驚きます。

「お姉ちゃん大丈夫?」と心配して下さる方もいらっしゃいます。

お姉ちゃんは、大丈夫です。

ひー様の旅立ちと共に、燃え尽きるわけにはいかないので
きちんと息抜きもしています。

母に留守を頼んで首の治療院へ行ったり

ちょこっとだけ実家に預けて
昨日今日と2度ほどお出かけもしました。
もちろん心配で何度も電話してしまうのですが。笑

連休で暇を持て余している父と母が
横向きはどうなんだ、寝てるのか大丈夫なのか、とか
あーでもない、こーでもないと、それはそれは甲斐甲斐しくお世話してくれています。

そのお陰で、今日は少しの間だけ、
9年ぶりに大好きな友人の顔を見ることができました。

小学生だった彼女の息子はもう高校3年生になっていて
生まれたばかりだった赤ちゃんは、立派なガキんちょになってました。

彼女はアメリカ人で、あちこち拠点を移しながら
まるでジェットコースターのような人生を逞しく生きています。
かれこれ15年くらいの付き合い。

帰り際、私をギューっとハグして
「どんなに落ちていっても、絶対に諦めない。必ずいつかは上を向くんだからね。」と
とにかく前向きな彼女らしい言葉をかけてくれました。

そして彼女は大きくなった息子たちに
お姉ちゃんは犬たちのヒーローなんだと
説明しました。

お姉ちゃん的にはとんでもない話で
全くそんな感じでやってるわけじゃないし
やめてくれや(笑)という気持ちでいっぱいなんだけど

お姉ちゃんを含め、他の誰もがそう思わなくても
昔からお姉ちゃんの志を知っている彼女が本気でそう思ってくれていることが
なんだか嬉しかった。

次に会う時は、オーストラリアのメルボルン。
必ず会おうと約束をして、帰って来ました。

「あね様、わらわ、ちゃんとお待ちしております。」
IMG_7550_convert_20130507002605.jpg

そう。なんとなくわかる。
ひー様が待っていてくれることを。

ちゃんとお姉ちゃんのことを考えてくれていることを。

だってそのお陰で、お姉ちゃんの充電は満タンになった。

ありがとう、ひー様。
お姉ちゃんにもう息抜きは必要ないよ。

もうどこにも出かけない。
旅立つ時は、必ず傍にいるからね。



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

メロ 13歳
脳腫瘍の可能性あり


でんすけ 推定12歳
エイズ発症の可能性あり

ハラくん 推定15歳
腎不全


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
ジーク
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。