FC2ブログ

チワワお届けの旅。


「ちわわ。」
20190710205205877.jpeg
「ちわわぁ~。」
20190710205005222.jpeg
そう私たちはチワワお届け隊。

諸事情によりマリコ&おむすびと
帯広に行ってきました!
「ひゃっほーぅですよー!」
20190710204909b20.jpeg
お天気も良くて最高。

「ちわわどこ~?」
20190710205510477.jpeg
「ちわわ・・・!」
2019071020552974c.jpeg

あーここ、ここ。

念のため、みんなとの接触は不可。


卒業生オレオの里親さんのおうちの先住わんちゃんが亡くなって、オレオがひとりっ子に。

犬の引き取りを検討しているので、良い子がいたら声をかけてほしいと言われていました。

何気なく保健所情報を見ていて目にとまった高齢のチワワ。
「リードを見せるとスクッと立ち上がり、リード装着まで大人しく待ち、元気に歩きます。」と書いてある。

良さげだ。笑

里親さんに聞いたら「ぜひ引き取りたい」とのお返事。
電話で問合せしたら、「とても穏やかな子でお腹出して甘えている」との情報。

引き取りに行ったら、小屋から出そうとした職員さんにガルガル咬みついているではないか!笑
「ころしゅ・・・」
201907102052188f4.jpeg
最初だけ咬む
脇を触ると咬む
でも歯がないから咬まれても痛くない
という新たな情報を入手したチワワお届け隊。

でもこれを知っても、里親さんは引き取るだろうなと勝手に判断して連れてきました。

こうやって、保健所の子をまっすぐお届けするのは
「当たり前に引き取ることへ責任」を理解できているとわかっている人にしかできない。
お姉ちゃんはね。性格的にね。

「引き取ります!」
届けます!
「思っていた子と違うのでやっぱり飼えません!」
ええええええ!
ってことは全国各地で起こっているはずで
行き場を失くして保健所に戻されて処分になるケースもある。
だからこうやって動けるのは、大丈夫って思える相手で、万が一の時は我が家で引き受けられるぞっていうサイズの子限定。
フットワーク重くて申し訳ない。
でもできない。できないんだ・・・!

「なにゴチャゴチャいってんだころしゅじょ・・・」
20190710223804268.jpeg
ハッ。
いいかキミ。
お外でしか排泄しない時のためにリードとハーネスを装着して里親さんとこにいくんだ。
怒っても咬んでも、これは今着けなくちゃダメなんだ。
(名誉のために伝えておくけど、女子です)

咬まれたら普通に出血するくらい歯がある
という新しい情報をアップデートして里親さん宅へ向かったチワワお届け隊。(ここからはお姉ちゃんひとり)

「へんなことしてみろ ころしゅ・・・」
2019071020481985e.jpeg
わかってるわかってる。
(ほんとは甘えんぼのくせに。)

里親さんにわかりうる情報を伝え、
色々とお話してきました。
高齢のチワワだし心臓悪い可能性も考えておいた方がいいし。
スイッチが入ることを考えて首輪とハーネスを着けたまま、リードも結んでつけておいて。

困ったことがあればお姉ちゃんが通うし
最大限フォローすると。

迷子で収容されてお迎えが無かったこの子に
「どうして捨てたんだ・・・」
「どうせ捨てるならもっと早くうちに・・」って言う里親さんに
例え咬む子でもやっぱり当たり前に受け入れる気だなと確信。


はぁはぁしているチワワを見ていて
口の中に出来物があることを発見してしまっって
2019071020510954d.jpeg
検査しないとわからないけれど、もし悪いものなら長生きは難しいかもしれないと伝えたら
ショックを受けているはずなのに
「たとえ長く生きられなくても、最期が幸せならいい。」と。
「最初からうちに来るはずの子が、ずっと迷子でようやくうちに来たんだと思うようにする」って。

今朝様子を聞いたら、ゲージを覗くだけで唸るし、オヤツもあげられず、排泄のためにお外に行ったら帰りに玄関前の階段でスイッチが入って手が付けられなくなったと聞いて、お昼休みに高速乗って様子見に行ってきました。

会いに行くとシッポを振って、オヤツをがっついて食べてくれる。
オスワリとオテまで披露して。笑

オヤツで釣りながら一緒にお外に出て
戻る時にもオヤツで少しずつ。
階段は登れないみたいだけど、怒らないし大丈夫。

保健所でそうしていたように
きっと近いうちにお腹を出して甘えるに違いない。

うむ。大丈夫だ。

オレオとも上手くいくといいな。


土曜日には病院へ行って健康診断です。
口の中の出来物、悪性じゃありませんように。


人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

保護ストップしても、ささやかながらも自分に出来ることを見つけて動いていこうと思うよ。
スポンサーサイト



プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定8歳
エイズと白血病のダブルキャリア

パンダ 推定12歳
白血病キャリア
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅生まれ
我が家の番長(15歳)。
元気なばぁちゃん。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
5才くらい
多分天使

つるん太
多頭崩壊より引き取り
推定8才
食いしん坊おじさん


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定10才
ちびっこヤンキー


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定18歳
眼力つよめ


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
心優しいおじぃちゃん


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定3
見たまんまの感じ


なーや
倶知安保健所より引き取り
女子力高め


小次郎
札幌管理センターより引き取り
およそ15歳
仏の心の持ち主


さや
千歳保健所より引き取り
推定10歳
細かいことは気にしない主義
※預かりボランティアさんのところにいることが多い


ぷぅすけ
倶知安保健所より引き取り
推定5歳
すけぷワールド全開


ペコリーノ
繁殖場出身 8歳
今が子犬
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。

よる 2020年3月23日
じゃわい教の教祖。

トメ 2020年4月8日
賢くて繊細で、それでいてお茶目なおばぁちゃん。たくさんのことを教えてくれました。

キューピー 2020年4月11日
たった2ヶ月の間にミラクルを見せてくれたスーパーおばぁちゃん。

朔太郎 2020年7月6日
穏やかで優しいおじぃちゃん。たくさんのスマイルで癒しをくれました。

このみ 2020年11月26日
絶対に妖精だったと思う