FC2ブログ

止まります。

今日は自分のことを書きます。

いつも自分のことを書くときは
こんなこと書いたらアレかしらって思ったりしないわけじゃないんだけど
お姉ちゃんサイボーグじゃないので
心境の変化や体調の変化も
色々あるですよ。

なんでも書いてきたブログなので
正直に今の自分を書くです。
20190609221511501.jpeg

自分で保護活動をするようになって丸7年。
それはそれは頑張ってきました。
だれかの介護をしていることがほとんどで
毎日がひとり当直。
それは団体になってからも変わりません。
なぜなら団体化は、犬猫の保護より啓蒙を目的に立ち上げたからです。
保護する子達は、自分でお世話できる範囲。
それと預かりさんにお願いできる範囲。

うちの子達のお世話ができるメンバーはいません。

イベント準備はもちろん、お礼状、メール対応、預かりさんのフォロー、通院をメンバーやボラさんに手伝ってもらいながら、お姉ちゃんがメインでやってるのが現状です。

みんなには家庭の事情もあります。
20190609221401979.jpeg

自分のところでMaxに犬猫抱えているので
それプラス他の業務が増えて、
あー犬猫のお世話だけして生きていられたらなぁって思うことが増えました。笑

こう思う時、お姉ちゃんは結構ヤバイ時です。
もちろん愚痴も増えた。

で、そんな時に迫っていたのが7月7日の地下歩行空間でのイベント。

疲労がピークの中、写真選びや文章作成など
毎日「やらなきゃやらなきゃ」って追われていました。
20190609221416162.jpeg

新しい技法の練習が楽しいのと、自分の生活のことも考えて、トリミングの仕事は増やしているところ。
日中は仕事をしながらみんなのお世話をしているので
どんなに追われても、作業は夜にしかできない。
目の調子も悪く、眩しくて長時間パソコンを見ていられない。
そうこうしているうちに疲れ果ててテーブルで伏せてしまう。
しかも日ごろほとんど出かけられないので
チカホイベントをまともに見たことがないのだ。
想像ができない。
201906092214327cd.jpeg

その現状をメンバーのkaoriさんに伝えたところ
こんなに大変な時に、どうしてもやらなきゃダメなものなんだろうか。
お姉ちゃんには、チカホでイベントする時間があるなら寝てほしいし、チカホに行くなら普通にお茶して楽しんで帰ってきてほしいって言われました。
お姉ちゃんはこれを聞いてハッとした。
みんなが普通にしていることを
出来ないのが当たり前になっていた7年間。

それでも保護っ子たちとの暮らしはとても楽しかったし、なにも後悔していない。
だけど、これから先も、ずっとこれでいいんだろうかって自問自答したら
「もうやめたい」って思った。
自分のこともままならないような生活をやめたい。
こんなに眠れない生活をやめたい。
勉強する時間も欲しい。
会いたい人に会う時間が欲しい。

考えるのはそんなことばかり。

チカホイベントは中止する。
そう決めた時、心底ホッとしました。

予定をあけておいてもらったボラさんたちにも
告知ポスターをお願いしていたわんふぁみ元代表にも
申し訳ない。申し訳ないって思ったら今までだったらそのためだけにやってた。
でも今は謝ること以外にできない。

自分の身動きが取れなければ、団体としてやりたいことは何もできない現状なんだということを今更ながら理解しました。
201906092216161d1.jpeg

昨年、色々あってからは胃腸の調子が悪くなってしまって
不眠症に悩んでいます。腰痛もヤバイ。
精神的に一番やばかったのは今年の2月なんだけど
今は肉体的にほんっとに限界。
眠剤を飲んでも、3~4時間しか眠れないし
結局夜中に起きなければならない日の方が多いので
今は薬をやめて、生活リズムを整えていくことを考えていこうと思っているところ。
整うかどうかは微妙なところ。笑
そんなんだから疲れも取れないんだと思います。

自分の中ではっきりしてきたのは
今後、積極的な保護はしないだろうということ。

スパッとやめられたらいいのだけど
そうもいかないので
今いる子達をしっかり見送って
本当に余裕ができた時、また1匹ずつ看取りの子を引き受けたいと思っています。

応援してくださっている皆様には申し訳ないのですが
当面は、うちの子達と預かりさんとこにいる子達のケア、通院のみになります。
みんなの医療費、食費等を確保するためにグッズ販売は続けますので、こんな状態でも応援していただける方は、どうぞよろしくお願いいたします。

・・・ヘッポコですいません。

っていうこんなに大事なことを
いつでもご機嫌のポッカちゃんの写真とともにお伝えしてみました・・・
「おねっさんが、ごめんなさいれすのー!」
201906092212127f1.jpeg

ちょっと立ち止まる時間をください。

人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

猫増えたもんねって言われるんだけど
そうじゃないんだ。
人。人が増えた。笑
「大変なのはポッカじゃないれすの。」
201906092215411fd.jpeg

猫で大変なのは
よるじぃだけです。笑笑
スポンサーサイト



プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。