FC2ブログ

お知らせ。

いつもご支援いただいている皆様へ。

LuckyStarでは今後最低半年間は新しい子の受け入れをしないことになりました。

理由はふたつ。いやみっつ。

ひとつは活動費の問題。
このペースでは全く足りない。

そして自分自身の疲労。

もうひとつは、抗生剤の耐性菌です。

今、我が家では耐性菌が出ていて、
弱っている子との接触はできれば避けたい。

慢性膀胱炎の子に繰り返し抗生剤を使用していたことが原因だと思われます。
まず抗生剤を飲んで、効きが悪い→培養検査。
検査結果が出るまで、別な抗生剤を処方されて飲んでいましたが・・・
繰り返しの膀胱炎に抗生剤を使うと、かなりの高確率で耐性菌ができること、
脊髄損傷して膀胱の収縮が出来なくなった子にはMRSAが出てしまうこと、
今更ですが、色々学びました。

菌はどんどん死んで入れ替わっていくので
しばらくは抗生剤を使わず、他の常在菌が増えるのを待ちます。

耐性菌って普段は弱いヤツで、
大人しくしているのですが
抗生剤を使うことで他の常在菌を殺してしまうことで
耐性菌だけが「よっしゃー!」ってなるんです。

詳しい先生や人間の看護師さんに
どういう認識でいたらいいのか
どう対応したらいいのか、
色々教えていただきました。

トリミングサロンのことがあるので、心配なことを何人もの方に聞きました。
「そんなこと言ったら動物病院どうすんのさ!この世は耐性菌だらけなんだぞ!」
誰に聞いても、健康な子が菌の影響を受けることはまずないとのお答えでした。

特に大学病院は耐性菌が多いのだということ、人間の病院ではMRSAが珍しくもなんともないことも教えてもらいました。
感染経路など、断定のしようもない。
だれが保菌しているかなんて知りようもない。
一時的に保菌していたとしても、気づかずに排泄されているパターンも多い。

よほど体の弱った子でない限り、問題ないと認識していますが
トリミングサロンのお客様のことを思うと
問題ないかどうかを判断するのは私ではないと思い、
3月中旬までにご予約いただいているお客様にはご説明済みです。

ご不快、ご不安に思われる場合はキャンセルも遠慮なくしてくださいと。
よくわからない場合、治療中の子は主治医の先生に確認をとっていただいてます。

うちの子達が病院に行っても待合室で普通に待ってていいと言われるし、スタッフさんも手袋履くわけじゃないし、そんなに神経質に怖がる必要がないことはわかっているのですが、こういう時は一番悪いことを予想して対策することにしています。

相談させてもらった先生がMRSA感染対策マニュアルを教えてくださって
それを参考にしながら消毒を強化しています。
※うちで出ている菌がMRSAと断定されたわけではありません。

元々、サロンも自宅も、消毒は結構きちんとやっているのです。
オスバン、次亜塩素、オゾン水などを使い分けして
泡立てネットは1匹1匹使い分け、1日の終わりにオゾン水で除菌してその後良く乾かすとか。
変えたのは
トリミングサロンに使うタオルは、1時間オスバンに漬けてから洗濯することにしたこと、
お客様のワンちゃんに触れる前は手を洗った後、アルコール消毒をすること。
(オゾン水の生成器は以前譲渡会に参加した際に
「うちの子に使わなくなったから役立てて」といただいたものです。
まだブログを見て下さっていると信じて・・・
改めて、ありがとうございます!)

ペットホテルはご希望があれば、当面の間お店でのお預かりとさせていただきます。
ご不明な点がございましたら、直接ご連絡くださいませ。m(__)m

朔太郎の眼球摘出手術は延期することにしました。
今現在、痛みがあるわけではなく、緊急性がないから念のため。

訪問セラピーも、しばらくお休みします。
じいちゃんばぁちゃん、めっちゃ元気だし、手洗い徹底してるから大丈夫だよって言ってくれたんですけど、万が一のことがあったら施設側に多大なご迷惑をおかけするので。。。

イチゴとトメちゃんの膀胱炎は1日3回の膣洗浄で
出来るだけ菌が膀胱に入らないようにしながら
長期で様子見ていきます。
効く抗生剤が無いと検査結果が出ているけれど
それは体の外でした検査であって
いざとなったら何かしら効くことが多いから
万が一命に関わるような事態になったら治療しましょうと教えてもらいました。

実はまだ菌の特定はしていません。
今結果まち。
ここまでする必要はきっと普通なら無いんですけど
うちの場合、他の子の出入りがあるのと、治療が必要な子が度々でるので
きちんと把握しておこうと思いました。

新しい子を保護しないと決めたのは
うちに来てマイナス要素があるなら意味がないからです。

ただでさえ、健康な子を引き取ることがないLuckyStar。
万が一、その子が健康を取り戻す足を引っ張るようなことがあっては
「保護」とはいいません。

今いる子達のお世話、ケアだけでもなかなかの生活をしているので、
正直、ホッとしてもいます。
そのくらい疲れてる。
最近は物事を組み立てて考えられないとか
人が説明していることを理解できないことがあります。
文章でも。

保護活動を始めたとき
「楽しめなくなったらやめる」って決めています。
文句しか言わなくなったり、人を妬んでばかりになったり
ご支援の有難みもわからなくなったら
即やめる。
これが自分の鉄則。

今まで暴走してたけど、全く考えていなかったわけじゃないんですよ。笑
大変は大変だけど、きちんと楽しんでいたし、どこかで「いざとなったらやめれるな」っていう自覚がありました。
周りにはそう見えなかったかもしれないけど。笑
常々自問自答してた。

でもここ数か月は、疲れすぎてちょっと楽しめなくなっていました。
愚痴が先にでる。
ストップしないとなぁと思っていた時に
今回、耐性菌のことがわかって
理事のKaoriさんに「半年は新しい子の引き取りをストップしようと思う」って話したとき、すぐに賛成してくれました。
半年なんてあっという間。
今いる子達のケアをしっかりしながら、団体としてやりたいことの準備を進めていけばいいって。

半年で区切るかどうかは、半年後の培養検査を見て先生と相談して考えます。

今抱えている子達の医療費や食費など必要なので、大変申し訳ないのですが引き続きご支援を受け取らせていただきます。

来月には久しぶりにショッピングカートをオープンします。
不快な思いをされる方もいらっしゃるかと思うので、
我が家からの発送ではなく、事務さん宅で梱包発送してもらいます。

引き続き、LuckyStarを応援していただけるとほんっとに嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


いつもご支援、応援、本当にありがとうございます。


一般社団法人ラッキースター 鹿内 千夏子

人気ブログランキング




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

耐性菌については、人によって認識が違うこともあって、
無駄に怖がらせるだけなのでは
不安を煽るだけなのではと
これを書く必要があるかどうかについて
賛否両論でした。
でも、今まで何でも書いてきたから(笑)
現状、こうなっていますというご報告をさせていただきました。

何よりも、トリミングサロンのお客様へは、きちんとお伝えしなければなりません。

菌の特定もまだできていませんが、
わからないうちは、最大限の対策をします。
これは今回のことに限ったことではありません。

保健所から迎える子達に対して、ずっとしてきたことでもあります。
引き取ってすぐトリミング室を使った後の消毒は、かなり徹底しています。
なぜなら、お客様を守らなければならないからです。
保護活動しているけれど、実は保健所から直接の子のトリミングはお断りしているんです。
必ず病院へ行って、健康診断を受けてもらっています。

いやはや、40歳の誕生日にこんな苦しいご報告をすることになるとは。笑
実は一番書きたかったことは
抗生剤の使い方にはくれぐれも気をつけて!ってことです。
ダラダラ使うとか
何度も繰り返し使うとか
自己判断でやめてしまうとか
耐性菌を作る可能性が高くなります。

まず一般的な抗生剤を処方されることが多いですが
効きが悪いと思ったらすぐ培養検査を。
先生によっては、命に関わるものでない場合、最初から抗生剤を出さずに培養検査をしてから効くとわかっているものを必要最低限に出すそうです。
費用はかかるし、遠回りに感じるかもしれませんが
お姉ちゃんは今度からそうしたいと思っています。

2~30年後には、効く抗生剤はこの世にひとつもなくなるそうです。
そのくらい耐性菌が溢れている。
世の中の抗生剤の使用量を減らすと
必然的に耐性菌も減る。

認識が間違っていると思った方は
教えてくださいね。
何かしらのデータを元に。。。

先生には、何も知らずに営業している動物関係施設は山ほどあるから、理解してきちんと消毒しているうちのお店の方がよっぽど菌すくないんじゃなの(笑)なんて言われてホッとしたりもしているのですが、こればっかりは目に見えないし、お客様のご判断なので、近くのホームセンターで雇ってもらえるかなぁ、なんにも取り柄ないんだけど・・・って結構本気で考えています。笑
スポンサーサイト



プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。