FC2ブログ

やりたいこと。

前回はお騒がせしてごめんなさいでした。

今日は団体化して何がしたいのか、ということを書きます。
また長くなりそうなので
「犬は!猫はどうした!」という方はまた次回お会いしましょう!

そもそも団体化なんてこれっぽっちも考えていなかったお姉ちゃんが、一体なぜ決意したのかというと、7月末にお坊さんがふたり、我が家に遊びにきてくれたことがきっかけです。

たまたまなのですがふたりとも、NPOの代表と一般社団法人の代表でした。
そこで色んなお話をしているうちに、
「なんか出来そうな気がする!!」ってなりました。(単純か!)

今まで団体化を選択しなかった一番の理由が
自分が代表なんて出来る器じゃないってとこでした。

でも考えてみたら、自分がこんなんだから
周りにしっかりさんが沢山いるじゃないか!
頼ればいいんだ一人でやるわけじゃないんだから!って思いました。笑

すぐに「でも上手くいかないかもしれないな・・・」
って思った自分に
「上手くいかなかったら、その時はやめればいいじゃん」って答えてみました。
やってみるのが先。

やりたいことはいくつもある。

ずっと思っていたのは
年間数匹をうちで引き取ったところで
世の中何も変わらないということ。

もっと広く伝えるために
団体として啓蒙活動をした方が良いのではないかと思うんです。
団体になったからと言って、保護頭数を増やすとか
シェルター作るとか、全く考えていません。
保護団体よりは啓蒙団体に近い存在を目指そうと思うんです。

そのためにやりたいこと。
・フリーペーパーを作りたい。
これは理事をお願いしているKaoriさんと、
もう2年くらい話し合っていて
スーとマイルが発行するフリーペーパー。
その名も「Lucky Smile」。

・犬の介護をしている方たちが集まれる場を作りたい。
同じ状況の人が集まり、悩みを話し合うことができたら、
もしかしたら一人で抱え込んでいる方にとって気持ちが楽になれる場所になるかもしれない。

・ペットロスの方の集まりもできれば作りたい
これはとても難しいテーマだとも思っています。
グリーフケアの出来る方に一緒に参加してもらう必要がある。

・飼い主さん向けのセミナーを開催する
これには本当に深い思いがあります。笑
フードの選び方やシャンプーのこと、介護やケア方法などなど、外部から講師の方をお呼びして、飼い主さんの意識や知識を向上するお手伝いをしたい。
これは有料セミナーになるので、どのくらいの方が希望してくださるかは全くわかりませんが、少数でも受けてくれる方がいたら、そこから他の方に伝えて行ってもらうことも可能なのではないかと思うのです。

こうしたセミナーや介護のお話の場に
専門職の方々を巻き込んでいきたいと思っています。

一番最初にお呼びする講師の方はもう決めているのですが、お姉ちゃん「支援金詐欺」で出回っているのでご迷惑にならないか確認必要。笑

・個人ボラさんへの支援
これこそ課題が大きくて実現できるか、できたところで継続できるかわかりません。
でも出来ることならやりたい。
なぜなら、自分自身が個人ボラを始めてから、本っ当に大変だったからです。
こんなに恵まれている今でも年金は払えていません。
貯蓄なんてほとんどありません。
うちみたいな小規模でも、連れてくる子によっては
月30万円以上かかります。
これを読んでくださっている方の中に
この金額を毎月出せる方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。
一握りだと思いませんか。
保護ボランティアってお姉ちゃんがずっと言っているように、
好きでやっています。
誰にも頼まれてなんかいません。
自分のお金で賄えないのならやるべきではない
というのも正しいと思います。
でもお姉ちゃんは自分自身がやってみて、
今ボラを始めてくれた人たちが
お金の壁にぶつかって、助けられない子がいたら
もったいないと思うんです。
キツキツの中で新たな保護をすれば
QOLは当然下がります。
例えば、活動を始めたばかりで
支援者さんもまだいなくて・・・
という方がフードを卸価格で買えたり
駆虫薬をもらえたり
猫砂やペットシーツの支援があったりしたら
ずいぶん違うのではないかと思うんです。
もしそれでQOLが上がったり、もう1匹保護できる!っていうボラさんがいたら、とても価値がある。
これにはLuckyStarがしっかりと経済的に自立する必要があるのと、支援させてもらうボラさんをどのように決めるのか、など結構課題が多いのですが、需要があればぜひやりたい。
でも「偉そうに!」って言われる気もしている。笑

LuckyStarは団体化しても寄付を募らず
できるだけ自立したいと考えています。
そのためのグッズ販売は必要不可欠。
グッズの制作を、障がい者の方達の作業所にお願いしたい。
これはすでにKaoriさんが営業してくれて
数件オッケーを頂いています。

お姉ちゃんには知的障害の従姉がいます。
東京に住んでいるので、小さい頃から時々しか会えなかったけれど、会うとすっごく喜んでくれて、「自分かわいくない、誰にも好かれない」と思うお姉ちゃんにはとても嬉しい存在でした。

大きくなってからも、
東京へ行くと叔母の家に泊めてもらって
従姉と手を繋いで登園して、お迎えに行ってまた一緒に帰って来たり。
そこでハンドメイド品のバザーがあることや
障がいのある方たちの作業所のこと、自然と耳に入っていました。
だから札幌でも時々、お買い物をするようになった。
可愛いものたくさんあるんですよね。

理事をお願いしているKaoriさんは
以前、重度障がいのある児童施設で働いていたことがある方です。
それで色々お話していくうちに、
作ったものを売る場所が少ないのではないか
という話になりました。

例えば、LuckyStarのグッズを作ってもらうために
生地や型紙をこちらで用意して
作ってもらったものをLuckyStarが買い取り
販売するのはどうだろう。
それならwinwinの関係になり得るのではないか。
そういう結論に達しました。
これにも「偽善め!」という声が聞こえてきそうだな(笑)。

それから、今後は色んなルールを
理事さんたちと話し合って決めることになります。
お金のことも当然です。
光熱費の4割を活動費からもらって6割は自分で払う。とか
シャンプーは全て自分で買う。とか(たろさんのとき2回くらい活動費から買ってます)
そういうのも、もっと団体で賄えるようにしてくれるそうなのです。
つまりどうやら、お姉ちゃんの生活が楽になるらしい・・・。
理事さんたちが税理士さんに相談した結果
「24時間そこにいる人は常勤です。給料払ってください。」って言われたそうな。
きゅーりょーーー???
わーしーにーーー??????
ってなりました。笑
これはこれでまた誰かに怒られそうでとても嫌。
団体ってよくわからん。笑

こんな代表、不安すぎるでしょ。

だからどこまで実現できるかは全然わかりません。

保護は今まで通り、保健所から引き取り手のない子をメインに、最後の砦となれるようにと考えています。
うちのキャパはミジンコ並み。
一般の方からの保護依頼は今後も受けられないと思います。
(虐待など緊急性のあるものは別)

なっがーくなりましたが
お姉ちゃんの頭の中はこんな感じです。

今年のカレンダーの売上を団体の活動資金に!と張り切っていたところに先日の騒動。
これは・・・上手くいかないのでは・・・わし・・詐欺・・・だから・・・ってなっているところです。笑

お姉ちゃんの脳内にご賛同いただけましたらば!
どうかひとつ!
カレンダーを!!笑
(もちろん収支報告するよ!うわぁぁぁん!)



人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。