なぜここまで・・・。

たろさんが亡くなる前日6月26日の夕方、
突然 千歳保健所から電話が。
今まで保健所から電話なんて来たことないので
なんだか嫌な予感。

話を聞くと、その日、保健所の隣の敷地にマルチーズらしき小型犬が捨てられて
病院に連れて行ったけど、応急処置でどうにかできる状況じゃないからと戻ってきてしまったと。

・・・症状は?
「顔の皮膚が半分くらい無くて、お腹もズル剥けているんです・・・」
最後まで話を聞かず、迎えに行きますと言いました。

保健所の犬舎に行く時に、職員さんに
「怒らないでくださいね。。。」と言われながら出会ったその子は・・・
20180626_083531804_iOS_convert_20180630212101.jpg

20180626_082323208_iOS_convert_20180630211929.jpg
ボロボロ。化膿臭もひどい。
なんだか普通の皮膚炎とは違いそうな雰囲気。
褥瘡にしてはおかしい。
実はたろうさんの最期は体中が腫瘍らしきものがいっぱい出来ていて、なんだか似ているような気がして
思わず「リンパ腫とかなのかなぁ・・・」って言葉が出てしまった。
だとしたら・・・

いやいやとにかく病院へ。

体重1.8kg。
身体が右側に向いてしまうし
ほとんど歩けません。
20180626_100237491_iOS_convert_20180630213946.jpg
血液検査の結果
白血球の数値がものすごく高くてアルブミンが低い。
それ以外は割と大丈夫。
白血球が高かったのでエコーで子宮蓄膿症の検査もしたけど異常なし。
20180626_082539418_iOS_convert_20180630212217.jpg
20180626_100437023_iOS_convert_20180630212138.jpg

皮膚型リンパ腫の可能性もあるけど
まずは感染を起こしているので抗生剤を1週間飲んでみて、皮膚炎がどうなるか見ていくことに。

何はともあれ、キレイにせねば。
20180626_134024473_iOS_convert_20180630212246.jpg
ようやく見えたお顔は
とてもとても可愛くて
捨てたやつへの怒りも増すばかり。
20180626_142814486_iOS_convert_20180630212415.jpg
ほとんど歩けないところから
少しずつ回復して
脳神経もおかしそうな動きをしているけど
ヨタヨタふらふらしながらお水を飲みに行ったり
オシッコしたりできるようになりました。
弱々しかった食欲も食べ方も
ずいぶんしっかりと。
歯が1本もない上に
上顎が長くてかみ合わせが悪いから食べるのに時間がかかるけれど、ちゃんと自力で食べます。
20180626_134244433_iOS_convert_20180630212324.jpg
身体が漿液で汚れてしまうので、キレイにする毎日。
捨てた人は、この子の何が嫌だったのかな。
ニオイ?
手がかかる?
それはあんたのせいだよバカタレが。

保健所に直接持ち込むことすらせず
隣の敷地に置いてくるなんて
卑怯にもほどがある。
転んでばかりのこの子の身体に、頭に、枯れ葉や小枝が絡まっていたよ。
どんな気持ちだっただろうね。
どんな思いで、歩こうとして頑張っていたんだろうね。

捨てることも許せないけど
なんで?なんでここまで放っておいたの?
どうしてそんなことができるの?
それでも人間か。
あんたの皮膚がズル剥けて
歩けなくなって
外で棘の上に転がって
苦しんでくれ。
頼むから。

この子は生きることを諦めてないよ。
ほら、顔を上げて、私の顔を見るようになった。
20180630_045754653_iOS_convert_20180630214136.jpg

保護活動をしていると
人間でいるのが嫌になる時がある。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

名前はユキちゃん。
よろしくね。
20180630_045246225_iOS_(2)_convert_20180630225642.jpg

スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

Lucky Star
これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。
Twitter
チャリティショップ
かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。
最新記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
お問合せ
里親さん募集予定
モア 8歳(オス)
里親さん募集予定
仮名:ポッカ(メス)推定1歳
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい

天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳

ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。