FC2ブログ

パピヨンズ。

あれは2月のことじゃった・・・
電話を受けて1時間後には我が家の保護犬が3匹増えることになるのであった・・・

いやー書こう書こうとは思っていたのですが
ちょっとねー
なんていうかねー
気持ちが付いてこなくてねー
Twitterにはちょいちょい登場してたんですけどねー・・・

これ実はうちの親戚の子達なんですえーん
お姉ちゃんの親戚にひとり、どーしようもないオナゴがいるんですよ。
ほんっとにどーしようもないやつ。
そやつがこの子達を飼っていて
最近出入りしてるDV男が暴れるたびに震えあがっているから
2~3日預かってほしいと叔母から電話が来ました。
お姉ちゃんが知ったらそりゃ怒るわけだし
叔母は本当は頼む気なかったと。
でもどうしようもなくなって、「数日だけ」と連絡してきたのです。

事情を聞いて、「返せない」と言いました。
頼むから飼育放棄してくれと頼みました。

お姉ちゃんは基本的に一般家庭からの引き取りはしません。
ただし犬猫に危険が迫っている場合は別。緊急時は親戚じゃなくても引き取る。引き取れる状況ならば。
20180303_020312851_iOS_convert_20180330205212.jpg

だがしかし、今回これが身内だっただけに
情けないやら腹立つやらで
まー怒り狂ったよね。

身内の犬に、皆さんからの保護活動費を使うことはできないと思って
まず何をしたかって
うちの親を「共犯」として連帯責任にしました。笑
お姉ちゃんは月々、最低5万円は親への借金返済をしています。
もちろん一度も滞りなく、返しています。
初期費用など確保するために、
「1匹5万でいいぞ。3匹15万でチャラにしてやるってんだ安いもんだろうが!」とチンピラ化。(最低か)
さすがの母も「わかりました」と言うほどに。笑

20180218_025716078_iOS_convert_20180330205023.jpg

すでにMAXに保護しているのに
小型犬とはいえ3匹増えるって
殺す気か!って思ったよね。

でも犬達が震えあがるような家に戻すこともできない。
親戚は刺されてもいいけど、犬達刺されたら困る。
子供だっているのよ。
自分ひとりならさ、人に迷惑かけない範囲で好き勝手やればいいさ。
でも、子供も犬もいて、その子達を危険な目に遭わせるようなやつを出入りさせるなんて本当に理解できない。
昔から思っていたんだけど多分、病気だと思う。
20180213_103408067_iOS_convert_20180330204939.jpg

こんな身内の話を、全国津々浦々の皆様に話すのもどうかと思うんだけど
今までこのブログでは、全て正直に書いてきたつもり。
それを自分の時だけ都合よく隠すってのも性に合わない。
唯一詳しい事情を書かなかったのは
ダックスのアネちゃんとオト君のとき。
未成年と犯罪が絡んでいたので、書かなかった。

20180218_025721064_iOS_convert_20180330205054.jpg

みんなめんこいんです。
でもね、みんな不健康。
それぞれの紹介は次回書きます。

先日、叔母がうちにボラに来ました。
申し訳ないから少しでも手伝いたいって。
お金も包んできました。
それは当然なんだけど、当然のことなんだけど
お姉ちゃんは叔母からもらう気なかったんです。
家庭の事情を知っているだけに
そのお金は孫に使ってほしかった。
犬たちのお金はこっちでなんとかしようと思ってた。
でも叔母の気も済まないと言うので受け取った。
なんだか悲しくなった。

動物を養うってお金がかかる。
それを一番理解してほしかった相手は叔母じゃない。

可愛がってる=大事にしてるってことじゃない。
わかってほしい相手は叔母じゃなかった。

きっと飼い主のことが好きだったこの子たちを
飼い主から引き離した。
絶対に幸せになってもらわないといけない。

そう思っているのに、ひとり脳腫瘍の可能性大です。

次回へ続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
カレンダーショップ
2019年カレンダーやポストカードを販売中です!よろしくお願いいたします!
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
終生預かりさん宅の仲間たち
タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

与一 推定15歳
後ろ足ヨレッとしたおじいちゃん

ヨシ母さん 14歳
乳がん転移

譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。

心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。