FC2ブログ

できること。

大変です。
FC2のメールシステムが変わったのをすっかり忘れて
お問合せメールに返信したものが届いていませんでした。
5月から・・・。
返信をクリックするだけじゃダメだったのでした。。。
支援物資のお問合せなど、全てにお返事しているのですが、
届いてない方がいらっしゃるかと思います。
大っ変申し訳ありません。<(_ _)>
再度ご連絡いただけますと助かります。
本当にごめんなさい。

こんなダメすぎるお姉ちゃんにも
できることがあります。

それは動物のお世話です。
そんなに自慢できるものではないんですけど(笑)
他の事はまるでダメです。


保護活動をするための基盤を作るために
20代は動物病院で働き、トリマーになり、
経験を積んで
30代でやっとスタート。
あっちこっち迷いながら、個人での活動になりました。

多分、体力的にも今がピークです。笑

ピークって考えたら、
自分のしてることって本当にささやかすぎて
悲しくなります。

IMG_2369_convert_20170723225521.jpg

犬猫の保護活動をしていて
一番つらいことは
見捨てることです。

キャパがいっぱいだったり
体力の限界だったり
相性の問題だったり
今は無理!っていう時はもちろん

だれかを保護するときも
限られたひと枠に1匹入れることは
他の誰かを見捨てているんだよなぁって思います。
IMG_2373_convert_20170723225542.jpg

でもその逆ができる人がいます。
それは里親になる人です。

何年か前にも書きましたが
例えばボランティアさんから1匹引き取れば、
そこに1匹分の枠があき、
2匹助けたことになります。

それって、すごいことです。
IMG_2355_convert_20170723225702.jpg

ボランティアさんからだけじゃなくて
保健所やセンターから引き取ることもそうです。
お姉ちゃんは「これは・・いくか・・・どうするか・・・いやでもうちに来るより一般家庭に引き取られた方がいいよなぁ・・・」とか
毎度悩むので
そんな時に「譲渡になりました」の知らせを聞くと
うぉー!よかったー!どこのだれかわからないけどありがとぉぉー!
と心の中で叫びつつ、
またご縁のある子を迎えるべく準備をしっかりと出来たりします。

預かりさんの存在も、本当に助かるんです。
ひと枠増えるうえに、お世話の負担も減るんだから。
LuckyStarでも他のボラさん団体さんでも、預かりボランティアさんを募集しています。
(LuckyStarのはHPに詳しく書いてあるんだけど
完成間近でまたしてもお姉ちゃんがモタモタしています。笑)

何が言いたいかって
もうちょっと前のめりで行きませんか。笑

みんなが出来ることをするだけで
生きられる子が確実に増える。
20170723_080210914_iOS_convert_20170723225420.jpg

お姉ちゃんも、もっと自分にできることがあるんじゃないかって最近思うんです。

例えば、障がいのある子を引きとりたいけど自信がないとか
どんな生活になるの?とか
聞いてみたい方、いらっしゃいませんか?

お姉ちゃんで良ければ、お時間つくりますので
ご連絡ください。
(PC画面右上のお問合せ欄からお願いします)
いないかもしれないけど・・・(笑)

20170722_140431282_iOS_convert_20170723225818.jpg

状態の悪い子は、譲渡対象にならないことがあります。
さっきから貼り付けている写真の与一は
一般譲渡は難しいんじゃないか
という意見だったそうです。

でも性格が良くて、状態も回復傾向。
ダメ元で譲渡対象にしてみよう
ってことになったのですが

写真が載らなかったりして
ええぃもう引き取っちゃえ!ってお姉ちゃんが見切り発車しました。
プップ~

いいですか!
こんなにキュートな与一が!
譲渡に回らなかったかもしれないんですよ!
もったいない!!
こんな逸材が、人知れず処分されていることもあるんです。
もったいないっ。

(与一がいた保健所は、なんでもかんでも処分するところではありません。
譲渡にまわせないのではと言いながら
歩けない与一をお外に連れ出したりしてくれていたんです。)

ひとりひとりが、できることをする。
これだけで、どこかの誰かに生きるチャンスをあげられる。
死にたい動物なんて1匹もいません。

寄り添ってくれる人さえいれば
たとえハンディがあっても生きられます。

だれかの一歩を
待っている子がいます。
20170722_135048379_iOS_convert_20170723225849.jpg

たまに真面目に書いてみたのでポチポチしてください。笑



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

与一は里親さん募集中です。
「オラえらいからなんでも食うだ!」
20170722_234914489_iOS_convert_20170725235019.jpg
ペットシーツもティッシュも段ボールもな!
家庭内で暮らすには乗り越えるハードルは色々あるんだけど
広めのお家なら工夫してイケると思うの・・!

スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
カレンダーショップ
2019年カレンダーやポストカードを販売中です!よろしくお願いいたします!
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
終生預かりさん宅の仲間たち
タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

与一 推定15歳
後ろ足ヨレッとしたおじいちゃん

ヨシ母さん 14歳
乳がん転移

譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。

心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。