新入りにゃんこ せぼ。

一昨日、お姉ちゃんはセンターで、
見てはいけないものを見てしまった。

ホームページに載ってない
下半身不随で動けない子。


処分が減ったことは本当に喜ばしいことなのだけど
その分、こういう子達が増えた。

人の目にとまることなく
小さなゲージのなかで痛みに耐えながら
必死に与えられたゴハンを食べて
生きようとしている。

この子は職員さんが、ステロイドや抗生剤を飲ませてくれていました。
センターや保健所で出来ることは限られています。
骨折の手術ができるわけじゃない。
助かった命を前に、どうしようもないのが現状です。

誰かが保護しなければ、褥瘡ができ、悪化していくのは目に見えています。

病院へ直行し、レントゲン、血液検査をして
耳ダニの駆虫を。
背骨がボキッと折れています。
20170606_074608635_iOS_convert_20170608211420.jpg
これでは、排泄も自力ですることはできません。
オシッコが溜まり、膀胱はパンパンでした。
幸い少しずつあふれ出ていたので
尿毒症にはならなかったんですね。
今後は1日3回程度、圧迫排尿が必要です。

右ひじは脱臼していました。
20170606_074640031_iOS_convert_20170608211649.jpg

診てもらったかかりつけの病院では
整形外科手術ができないので
昨日から別の病院に入院して
検査してもらっています。
仰向けにしたりすると、痛がってパニックになるので
鎮静をかけてレントゲンを撮ってもらったんです。

結果、手術をしても立てるようにはならないし
今の痛みが軽減するかどうかは全く未知数。
エイズキャリアだから、感染を起こす可能性もあると。
本当に必要かどうかは、悩むところとのことでした。
狭いところで安静にして、骨の周りが固まるのを待つという選択肢もある。

ただ、今後、骨が更に変形していくこともあるので
その時に痛みがでても、もう何もできないので
今のうちにボルトでまっすぐ繋ぐのはメリットがあると。

この子のためには、どうしていくのがいいのか悩みましたが
脊髄の神経にかかわることなので、
あまり悩む時間もなくて
やるなら出来るだけ早い方がいいとのことでした。

困ったお姉ちゃんは
「自分の猫だったら先生はどうしますか」と聞いてみた。
そしたら先生は
「僕ならやる。今後の予防にもなるし、できるだけのことはしてあげたい。」と。

わし納得。

この子の名前は「せぼ」です。
背骨の・・・・せぼ・・・笑
かかりつけの病院に下半身不随の「ぼね」がいるので
ふたり合わせて「せぼね」にしようぜ!と。
※名前に関してのクレームは受け付けておりません。
20170606_144153797_iOS_convert_20170608211115.jpg
イケメンでしょ。
全然人馴れしてない感じです。
年齢は、関節の変形もあるし、歯もボロボロだし
もしかしたら10歳超えてるかもしれないんですって。

↓傷の写真が出ますので苦手な方は見ないでください↓

引き取る時、首のところのケガが
包帯からチラッと見えたときは
「えぐれてるか・・?」って思ったんだけど
思ったより軽症で、場所が耳の後ろなので、もしかしたら耳ダニで耳が痒くて搔き壊したのかもってかかりつけの先生がおっしゃってました。
20170607_044052631_iOS_convert_20170608220217.jpg
早く治りますように。痛いところはひとつでもなくなりますように。

そしてお姉ちゃんにはもうひとり、どうしても手術をしてあげたい子がいるのだ。
そのためにも、かおちゃんの冊子を売らねば・・・!
(障がいのある子がこんなにがんばってるよ、ぜんぜん可哀想じゃないよっていう啓蒙のつもりで作ったのに当初の目的と変わってるからね。必死ね。)

カートの準備ができ次第、ブログでお知らせしますので
皆様、どうぞどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

「手術が無事に終わりますように」と
「よくきたね」のポチポチください。(欲張り)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

Lucky Star
これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。
Twitter
チャリティショップ
かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
お問合せ
里親さん募集中
チャコ&ヨシ
里親さん募集中
仮名:トウジ(オス)推定12歳
里親さん募集中
仮名:おじい(オス)
募集保留中
仮名:朔太郎(オス)
推定8歳 
募集保留中
名前:たろう 年齢:9歳
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい

天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳

ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。