譲渡ってやつ。

本日ついに、アポロの尿検査で血液反応なし!の結果が
もっと時間かかるかなぁって思っていたので
とっても嬉しい


多頭崩壊現場から、アポロたち5匹を引き取り
次々に里親さんとのご縁が繋がり、
アポロだけ残っていました。

でも実は、4~5件お断りしてました。。。
もちろんこの方々が悪いのではありません。

お姉ちゃんの譲渡条件は最低限だと認識しています。
家族が賛成していて、ペット可物件で
脱走に気を付けてくれて、一生室内で大切にしてくれる方。
そこに保護っ子それぞれの性格を考慮して
スキンシップの時間やお留守番の時間等、お話しを伺います。

お姉ちゃんが大事にしているのは、
「この子」にどんなお家が合うか。
どんな家族が必要かってことです。

病気に詳しい必要はないし、大金持ちである必要もない。
お金があっても、犬猫にお金をかけない人はたくさんいます。

とにかくマルッと受け入れてもらえることが第一。
だから病気があれば、全部説明するし、
ちょっとでも引っかかる方はお断りします。
20170220_075611909_iOS_convert_20170314231609.jpg

例えば今回、アポロのトライアルをお願いするのは
若いご夫婦なのですが、
もしもお子様が生まれてアレルギーだったらどうするか、など
失礼を承知で色々お話を伺います。

そもそも、たろうさんの預かりを申し出てくださった方だけど
じゃあ絶対にたろうさんじゃなきゃダメなのかというと
そんなことはなくて、(お姉ちゃんはすんごい助かるけど)
たろうとその方が一緒にいる姿でも幸せの図を思い浮かべられるけれど
アポロとその方を合わせてみると、もっと幸せの図が。
そしてその方の中にアポロがちゃんといるのを確認したらもう
一緒に暮らしてみてみてとなるわけです。
最初にお電話でお話ししたときから、実はアポロいいんじゃないかな~って思ってました。笑

アポロは度々病院へ通うことになるかもしれないと説明しました。
3年前に犬を看取ったその方は
「犬だって春になればフィラリアだ狂犬病だと、病院へ行くじゃないですか。」っておっしゃいました。
その一言で十分。
生き物だから病気があってもおかしくない。
病気があれば病院へ行くことは普通。
この方はそういう感覚の方だなぁと思いました。
20170314_022309496_iOS_convert_20170314223335.jpg

ご縁があってうちに来た子達の家族になってもらうのです。
誰でもいいわけがありません。
お姉ちゃんの活動を保護活動と言えるならば
適正飼育を啓蒙していきたい立場で、
そのためには適正譲渡が不可欠です。
適正譲渡をするために、必要なのが譲渡条件。
そう思っています。

だから、あそこの条件は厳し過ぎるとか
批判するのやめたらいいと思う。
そこにはそこの、守りたりラインがあるんだべさ。
厳しくせざるを得ない理由を誰よりもわかるはずのボランティアが
そう言ってるのを見聞きすると
お姉ちゃんはとても残念に思います。
やり方が違うから、別々にやってんじゃない。
だからいーじゃない。そこはそこで。って思います。

以上、適正譲渡ってなんだべね、のお話しでした。(どこが)

「トライアル、うまくいきますよーに!」のポチポチお願いします!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

Lucky Star
これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。
Twitter
チャリティショップ
かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。
最新記事
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
お問合せ
里親さん募集中
チャコ&ヨシ
里親さん募集中
仮名:トウジ(オス)推定12歳
里親さん募集中
仮名:おじい(オス)
募集保留中
仮名:朔太郎(オス)
推定8歳 
募集保留中
名前:たろう 年齢:9歳
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい

天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳

ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。