FC2ブログ

オデのキツネ愛。

ある日の早朝4時半。

ヒソヒソ声で起きた。

「キツネ。キツネ。おきろすけぷ。オデすけぷ。」(ヒソヒソ)

眠い目をこすって声のする方を見てみると
小次郎の部屋の前でぷぅすけが。。。

「あいにきたすけぷ。」
20200930201056b0b.jpeg
いや、どんだけー!ってなったよね。笑
どんだけ好きなのよ。

「このトビラさえなければ・・・・」
2020093020062746a.jpeg

なぜなの・・・なぜそんなにも・・・笑

「キツネは!オデの!あこがれすけぷ!!」
202009302015210eb.jpeg
「このピンとした耳も」
20200930201353cee.jpeg
「このフカフカの毛も」
20200930201150b4b.jpeg
「オデよりながい手も」
2020093020134350b.jpeg

「だいすきすけぷ。」
2020093020140470e.jpeg
そうなんだ。笑
でもね、小次郎はおねっさんのことが一番好きらしいよ。

「オデのキツネすけぷ!それ以上ちかづくなすけぷ。」
20200930201204417.jpeg
なんだよ。笑

「ぜったいに わたさねすけぷ!」
20200930202936c17.jpeg

はじめは迷惑そうにしていた小次郎も今ではすっかり。
アゴで押したりして遊んでやるとぷぅすけが喜ぶので
「ねこさんはこうするとうれしいみたいじゃ」って
トウジたちにもやるようになった。笑

不思議ないぬとねこ。
202009302010128de.jpeg


そんなふたりは2021年カレンダーの表紙を飾っています。
壁掛け↓
kabe_H1_convert_20200930204112.jpg
卓上↓
taku_H1_convert_20200930203907.jpg

明日のお昼頃から予約販売が開始となります。



改めブログでご紹介させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!



人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



さいきんの わし。

「おねっさん、みんなにわしのおはなししてもいいんじゃもんね?」

どうぞどうぞ!

さいきんのわしは ねこさんにモテモテなんじゃ。
202009261912594d2.jpeg

とくに、この ぷぅすけさんはわしのことがだいすきなんじゃって。
20200926190305c01.jpeg

ね?
20200926190606319.jpeg

ねこさんのごあいさつは
こっつんこじゃ。わし、おぼえたんじゃ。
20200926190713a03.jpeg

ねこのかみさまも わしとねんねするんじゃよ。
20200926190208132.jpeg

まいにち3かいのおさんぽ。おねっさんとおでかけもいっしょじゃ。
20200926190856dd8.jpeg
ペコさんとはまだすこしずつなんじゃって。
202009261903317a8.jpeg
おねっさん、わしに「おこる」けいけんをしてほしくないっていっとった。
だからすこしずつなんじゃって。
2020092619024434f.jpeg
わし、ペコさんのことはキライじゃないんじゃ。
ナイショじゃけど、キライなのは さやべぇさんじゃ。ナイショじゃけど!
でもちゃんとみないふりできるんじゃもんね。

20200926190832a33.jpeg

おねっさんとくらすまえのわしは、ちょっとしたことで おこってたんじゃけど、いまはちゃがうんじゃ。
おみみそうじも あんよをふくのも へいきなんじゃ。
おねっさんにも、ねこさんにも、おこったりしない。

うまれかわった わし。ニューわし。
でもおねっさんは 「これが本当の小次郎なんだよ」っていいおる。
やさしくて おりこうさんの しばいぬ。じゃって!てんさい!じゃって!!

わし うれしい。
ごきげんの わし。
それが わし。
ほんとうの わし なんじゃもんね!
20200911200253628.jpeg


小次郎 保護時



人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

なーやの抜歯。

「あのねー?なーや、歯をぬくのー!」


先週16日に無事終わりました・・・。

保護した時にはもう歯が酷いことになっていたんだけど、なーやは抜歯どころじゃなかったんですよね。
なーや保護時

やっと安定したかと思ったらまた体調悪くなっての繰り返し。

やっとできました。
犬歯を残して奥歯の痛々しいところは全部抜歯。
20200916093749294.jpeg
202009160937369c2.jpeg

体調を崩しやすいことと
心が折れやすいなーやなので
術後がとても心配だったのですが
ものすごく順調。
20200916093854916.jpeg

手術から帰って来た後は
「おねっさん不信」で野良猫みたいになってましたけど。
20200916093912b5b.jpeg
なーやって、たまにそうなるんですよ。
今朝も急に。
でも数時間後にはベタベタ。
朝起きたらそうなっていたりするので、なにキッカケなのか全然わからないこともあります。

スーとマイル、ぷぅすけやこのみちゃんの面倒をよく見てくれて、つるん太とポッカとは運動会やプロレスを。
トウジともよく一緒に寝ているし、せぼ兄さんにもすごく好かれている。
よくこんなにうまく付き合ってくれるもんだなと感心するほどです。
20200916093833632.jpeg

女子力がとても高い感じで
そんなに年齢が違わないはずのポッちゃんとは大ちがi・・・・
「ポッちゃん、おんなのこは キレイにしなきゃダメなの。」
20200916094140971.jpeg
「めんどくさいれすの。」
(わかるよポッちゃん・・・)

炎症性腸疾患でステロイドをやめることはできないけれど
症状も落ち着いていて
ホッとしています。
「それはね?ポッちゃんといっしょだからだとおもうの。」
2020091609422150f.jpeg
そ、そうかなぁ・・・違うんじゃないかなぁ・・・笑
なーちゃんさー、お城探しさー・・・

「きこえないの。」
2020091609465942e.jpeg

だよねー。笑


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

こうたの正式譲渡とかカラスとかチロリ-ノ。

こうたの正式譲渡が完了しました!


3ヶ月半お世話になったSILLY さんで手続きを。
こうたはずっとまこと一緒に過ごしていた2階のお部屋に駆け上がり、
戻しても戻しても、急いでまた2階に。
まこに会えると思ったのかなぁ。
2020091120011180d.jpeg

家族に迎えてくださったのは
ずっとこうたとまこを可愛がってくれていたSILLY スタッフさんのお宅です。

帰宅すると、こうたは走ってお迎えにくるんだそうです

こうたにとって、一番最高な居場所をくださったスタッフのYちゃんとご家族に心から感謝します。

そして改めて、こうたとまこを看取りも含め預かってくださったSILLY さん、ありがとうございました。

高齢のこうたが1日でも長く、健康で穏やかに暮らせますように。



それでだ。それでだよ。
Twitterにもアップしていたけれど
カラスがだな・・・

ちーん。
20200911200427f40.jpeg
ハジボソガラスです。

上記の通り↑お世話になったSILLYオーナーさんから相談受けてだな
カラス研究会さんに連絡してもらってだな
運よくカラス研究会さん経由で預かりさんが見つかったとのことで
じゃぁ病院へ・・・ってことになってだな。
動画を見て切なくなっていたおねっさんが捕獲して病院に行くっていうね。
こういう性分、ほんと自分で自分が嫌になる。

おねっさん、夏休みやねん。笑
もちろん暇ではないんだけど
自分が直接お願いしたかどうかに関わらず、
自分が他団体さんの連絡先を紹介してお願いすることになったのに なにもせずに丸投げとか無理。
そんでもってちょっと関わってしまったら中途半端にして身を引くとかもできやしないんじゃ。昔したことはあるけど。
(本来、おねっさんは自分で保護できない場合、他へ回すことをせずに自分が傷ついて終わる。)

今はカラスを診てくれる病院が少ないようなんだけど
かかりつけの先生たちが「詳しくは診れないけど傷の診察、応急処置はできます」って言ってくださって、その日2度目の病院へ。笑

その日のうちに預かりさんところへ移動の予定だったんだけど、預かりさんもお仕事があるので通院できる日が限られているとのことで、カラス研究会さんがいつも診てもらっている病院で骨折部分にピンを入れてからの方がいいと。

保護できない身としてはせめて引継ぎまではしっかりやりたいじゃないの。てかやらなきゃダメじゃないの。
そんなこんなで我が家に1泊。

翌朝・・・
「げんきになってきたでやんすー。」
2020091120030937f.jpeg
よかったじゃないの。笑

夕方、カラス研究会代表と一緒に病院へ。
支えになる骨が小さくて薄すぎるので、ピンを入れたら割れるかもということで、板で固定することになりました。
前日の先生の処置のお陰で、あっちゃこっちゃ向いてた骨はちゃんと元の位置のままキープされてた。
「な・・なんか硬いものを添えられたでやんす・・」
202009112033597c7.jpeg
安静にするんだぞ!

オーナーさんがお仕事終了後に預かりさんの元へ搬送してもらって、おねっさんの任務は完了。

羽がダメでも、足がしっかりしていれば、環境次第で生きていけるそうです。
この子は右足の握りが弱くなっていたので、そこが回復するかどうかでこれからが決まります。

なんとか野生に帰れるといいなぁ。

保護されるヒナの多い時期なら預かりさんを探すのも難しかったかもしれない。
カラス研究会さんだってホイホイ保護できるわけがないんです。
「放鳥できなかったとき、終生飼育する覚悟がないと難しい」と。もちろん相談した側が。

まずは放鳥できるまでに回復するかどうか。
ダメだったらその時にまた考えることになっています。

早急に対応してくださったカラス研究会さん、ありがとうございました。。。しくしく。。。


それと長くなって申し訳ないのですが
ご報告。
「チロリーノのおめめ、なおったであります!」
20200911200629d69.jpeg
ペコリーノ・・・「チロル」な。「チロル」。

眼球摘出手術から1ヶ月、心配な状況が続きましたが、完治しました!
「ごちんぱい、おかけちまちた!」
20200911200548d88.jpeg
よかった・・・。ほんとによかった・・・。

術後はこっちも寿命が縮むことが少なくないのでしばらく避けたいところだけど来週、なーやの抜歯手術です
なーやなだけに、、術後が超心配。


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

つるんちゃん。

どうですか皆さん。(なにが)
最近どうですか。

おねっさんは腰をアレしてもう2週間になるのですが
いまだに寝返りをうつこともためらっちゃう感じです。
すんなり起き上がることもできません。

筋肉をつけるべく運動を始めたいんだけど、なかなか・・・。

寝込んでいるおねっさんのところにやってくるのはつるん太。
2020090618340761f.jpeg
つるん太は猫とも遊ぶけど、人間だいすきキャットなので、普段ゆっくり座ることのないおねっさんがオンラインセミナー中はずっと座っているということに気づいて必ず来る。そしてしつこい。
同じセミナーを受けている方は必ず画面上でつるん太の肛門を見せつけられることになるのでした。
20200906183916aca.jpeg

つるん太は2017年の夏にやってきました。
1DKに110匹の猫が詰め込まれて暮らしていた多頭飼育崩壊の家から。
限られた食べ物と弱肉強食の世界で生き延びたせいか、ものすごく野生的で乱暴。笑
食べ物への執着はひどくてキッチンの排水溝まで漁ります。
トイレのない世界からやってきたので、お風呂場をあけておくと、今でもバスタブで排泄することがある。
最初の頃はキッチンのシンクでもしてた。
つるん太の名誉のために言っておくけど、ちゃんとトイレを覚えています。笑

腸の一部が潰瘍化して狭くなって消化器症状が落ち着かず痩せこけていたんだけど見て。

めっちゃデブッたの見て。ついでに隣もデブッてるから見て。
20200906183446b21.jpeg
体調悪化して緊急手術をしていただけたお陰で、下痢することもなく元気いっぱい。
レントゲンを撮ると相変わらずおかしなことになっているんだけど・・・。

普段ゆっくり甘えることができない生活は
つるん太にとってどうなんだろうって最近よく考えます。
つるん太は弱いものイジメをするところがあるので、
攻撃モードになってるときは、せぼやこのみちゃんのシッポに咬みついてケガをさせてしまったことも・・・。
なにかを企んでいるときは、わかりやすく悪い顔をしている。
「なにもわるいことかんがえてねぇつるん。」
20200906220749059.jpeg
絶対ウソだろ!

ストレスもあるんだろうなぁと思うのです。
身近なところでの譲渡も考えているんだけど・・・よく考えたい。

昨夜、一緒に寝るって布団に入ってきたつるん太。
2020090618275356c.jpeg
グルグルゴロゴロしながら人の髪の毛思いっきり噛んで引っ張ったり指を噛んだりホッペ強めに揉んだり。
2020090618290080a.jpeg
なんでこんなに乱暴なのかしら。笑

いよいよ寝るぞってなってからもうるさいから見て。
202009061829514c1.jpeg

20200906182836a2a.jpeg

20200906183120943.jpeg

そして手は強めに握っている。笑
2020090618305594a.jpeg


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定8歳
エイズと白血病のダブルキャリア

パンダ 推定12歳
白血病キャリア
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅生まれ
我が家の番長(15歳)。
元気なばぁちゃん。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
5才くらい
多分天使

つるん太
多頭崩壊より引き取り
推定8才
食いしん坊おじさん


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定10才
ちびっこヤンキー


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定18歳
眼力つよめ


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
心優しいおじぃちゃん


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定3
見たまんまの感じ


なーや
倶知安保健所より引き取り
女子力高め


小次郎
札幌管理センターより引き取り
およそ15歳
仏の心の持ち主


さや
千歳保健所より引き取り
推定10歳
細かいことは気にしない主義
※預かりボランティアさんのところにいることが多い


ぷぅすけ
倶知安保健所より引き取り
推定5歳
すけぷワールド全開


ペコリーノ
繁殖場出身 8歳
今が子犬
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。

よる 2020年3月23日
じゃわい教の教祖。

トメ 2020年4月8日
賢くて繊細で、それでいてお茶目なおばぁちゃん。たくさんのことを教えてくれました。

キューピー 2020年4月11日
たった2ヶ月の間にミラクルを見せてくれたスーパーおばぁちゃん。

朔太郎 2020年7月6日
穏やかで優しいおじぃちゃん。たくさんのスマイルで癒しをくれました。

このみ 2020年11月26日
絶対に妖精だったと思う