FC2ブログ

頭ぱっかーん。

ありとあらゆることを忘れていくことに悩みつつも
新しいことを学んでみているおねっさんです。こんばんは。
さてわしの脳内はにはどれだけの情報が残るのでしょうか。

「忘れる」ことに関しては体調のことと一緒に今度ちゃんと書こうと思っているんだけど、自分にとってテーマが壮大すぎて書けない。笑

なので今日は、全然関係ないんだけど今まで何十人ものひとに聞かれた

「ラッキースターの犬と猫が仲良くなるのはどうしてー!」
という疑問にお答えしようと思います。

といってもですね、「こうだからです!」と自信を持って言えることはなにもなく、ぶっちゃけ「なんでか知らないけど仲良くなるんすよ」が答えだったりします。笑

しかも過密すぎて環境も決して良くない。
ということを自覚したうえで気をつけていることはあるので、それを書いてみますね。

20200826184427abf.jpeg
当たり前ですけど新しい子をみんなのところへ仲間入りさせるとき、
突然会わせることはほとんどありません。

ケージ越しであり、
そのケージには目隠しがしてあります。
ケージの中にいる新入りさんと
外から見るみんながどんな反応をするのか結構観察しています。

猫のケージは高いところに設置して
犬と目線が合わないようにします。

ケージの中でリラックスして過ごせるようになったら、目の届く時間に少しずつ一緒にすることが多いです。

元々いる子達は、新しい子にどんな反応をするのかだいたい予測がつくので、関係性はだいたいお任せしているけど、危ないなと感じる時やどちらかが恐怖を感じている時は必ず介入します。
明らかに攻撃的な子がいる時は会わせません。今でいうと小次郎です。
こういう子にはとにかく少しずつ少しずつ練習して慣れてもらうしかないと思います。
小次郎は天才なので、もううちの猫全員をほぼクリアしています。
20200826202103740.jpeg

一番最近仲間に入ったのが大型犬のペコリーノなんですけど、うちの猫たちは多分こんなに大きな犬を見るのは初めてです。
我が家の構造上、ペコのサイズ的に少しずつ会わせることが難しかったので、猫が怖いと思った時に安全だと思える高い場所に避難できることを考えました。
それから、その高い場所のどこからでも必ずトイレに行けて、お水が飲めるようにしていました。
ペコのことが怖くて我慢してたり、怯えながらペコのそばを通ることのないようにです。

高いところに上れない子も3匹いるので、
怖い時に隠れられるドーム型のベッドが、リビングに3~4つ、キッチンの奥に2つ。
奪い合うことのない数を用意してあります。

避難できる場所(安全だとわかる場所)があると、その子のペースで少しずつ接触していってるように感じるので、
とにかく怖い時、嫌な時、逃げたり隠れたりできること、を大事に考えています。

そんなこんなでうちの子たちの気質に甘えつつ、仲良くなることが多いのかなぁってなんとなく思っていたのですが・・・

今日トレーニングの勉強会の「馴らす」という項目を聞いて

今まで強制的に体験させたことで馴れてしまったパターンもあるんだろうなぁと思いました。
(洪水療法というらしい)(間違っていたら誰か殴って)

たまたまうまくいっているので
それにおねっさんが気づいていない可能性もある。

ちなみにこの方法には逆効果になる可能性もあるんだそうです。
そりゃそうですよね・・・。

そもそもなぜ脳みそツルツルのおねっさんが小難しい行動分析を含むトレーニングのお勉強をしているかというと、
トリミングのお仕事に生かすためでももちろんあるんだけど、どちらかというと保護っ子への「伝え方」を学びたいという方が強いです。

例えば人馴れしていない猫がいて
めちゃくちゃ怖がっているのに無理やり触って人間に慣れさせるというショック療法的な方法で、最終的に人に馴れるとしてもおねっさんはこの方法を選びたくないんです。(さっき言ったように逆効果になることもあるし)

だって怖がってるじゃん。って思う。
「馴れた」という結果だけじゃなくて、どういう過程で馴れたのかも大事だと思って。

じゃあどうやって馴れてもらうのか。

それには少しずつ「ニンゲンコワクナイアルヨ・・」って伝えたいわけじゃないですか。
その「より確実で猫にとって恐怖の少ない伝え方」を知りたいのです。

吠える子に「うるさい!」と感情をぶつけるのではなく
「吠えずにいることのメリット」や「吠えなくて大丈夫」を伝えられるようになりたいのです。

思わず「うるさいよー!」って言ってるおねっさんがそうなれるかどうかは別として(恒例の)。笑

今まで自己流でなんとなく乗り切ってきたことや、どうしても乗り越えられなかったことが「なぜなのか」をわしの脳みそに可能な範囲で学びたいなと思っている次第です。

でも今は
「オオカミを犬と同じような環境に置いてもイヌのようにはならないし、イヌが野良犬や野犬のような環境になってもオオカミのような特徴を示さない」という動物行動学の一文に
「だよね!そうだよねー!なんかわかるー!」という感じの浅-いところにいるの。伝わるかしら。笑

今日の勉強会も終わる頃には頭ぱっかーんよ。

安定剤を使うなら、行動療法もセットじゃないと・・ってずいぶん前に書いた気がするんだけど、行動療法の部分で頼れるところがなかった。というのを言い訳にしてきた気もするなぁとか、本当に反省ばかりの保護活動人生。
やめるにしても、今抱えている子たちにできることを増やせるかなぁと思ったりして。


20200826183716f0c.jpeg

おねっさんは保護した子の「福祉」を守ることができずに達成する殺処分ゼロなど、何の意味もないと思っています。


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



あちきの嫁入り。

8月15日
しらたまの正式譲渡手続きに行ってきました!

「あちきのつくえ・・zzz」
20200820192620d4e.jpeg

「あちきのろうか・・・!」
2020082019193840d.jpeg

「ハンモックだってちゃんとある。」
20200820192638ad9.jpeg

Twitterでご存知の方も多いかと思いますが
譲渡先は北大路公子センセーのところです

ケメちゃんセンセーは、S姉さんを通じて何度かお会いしたことがあって、もちろんファンとして本も読んでおりますゆえ、以前猫ちゃんを飼われていたことも存じ上げておりました。

新しい子、迎えないのかなぁ迎えたらいいのになぁって何年も前から思っていました。きっと周りの人はみんな思っていたのでは・・・笑

今回、S姉さんのバックアップもあり、しらたまとめでたくゴールイン。・・・ゴールイン?

一緒に暮らしているセンセーのお母さまも猫が大好き。

正式譲渡の時、お母さまに「一緒に暮らしてみてどうですか?」と伺ったところ
「・・・・めんこくてめんこくてぇぇぇ」ってデレッデレでした。笑

お留守番もほとんどなく、本当にぴったりのお家です。
20200820193211271.jpeg

しらたまをうちのみんなと一緒にしなかったのは、
しらたまが外にいた期間が短く、寄生虫も風邪もエイズ白血病もない子だったからです。

我が家の子達は、お外生活でゴリゴリに風邪ひいてたぜ!っていう慢性副鼻腔炎が3匹。
回虫だって濃厚にいたんだぜ!っていうことで数回駆虫していた子から回虫が出て全員駆虫。みたいなことがあったり、エイズキャリアも3匹一緒に暮らしています。
なーやのFIP疑惑もあり、せっかく何も持っていない可能性の高いしらたまには、このまま里子へ行ってもらうと決めていました。
特にトイレの共有をさせたくなかった。
(だってうちにこんな健康な若い猫、来ることないんだもん!笑)

そのため、しらたまにはひとり部屋で寂しい思いをさせていました。

預かりさんのところで「寝ていると猫じゃらし持ってくるんですよ」って聞いていたけれど、それもさせてあげられなかった。

だから今、ケメちゃんセンセーのおうちで「ケメコ、あそべ!」って猫じゃらしを持ってきている姿を見ると、なんだかホッとするやら救われるやら。
センセーにご縁が繋がったこと、しらたまにぴったりのお家が見つかったこと、本当に嬉しいです。

「あちき、いまがいちばんいい。いちばんたのしい。」
20200820192330a1b.jpeg
しらたま、「いちばん」はずっと続くよ。
もう寂しい日は来ないし
怖いこともない。

だからそのほうれい線、しまって。笑


センセー、しらたまをよろしくお願いいたします!
応援してくださった皆様、ありがとうございました


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

お盆だもの。

お盆なので
天国支部の皆さんが帰省して
我が家は足の踏み場もないに違いない。見えないけど。

「キュピも・・きた・・・」

迷わなかった?

「トメちゃんも・・キュピといっしょ・・・」
20200411194428519.jpeg
あら、一緒だったのかい。

あ、じゃぁ朔ちゃんもだね。
202004111941050f6.jpeg
およ?
新盆の皆さんじゃないか。
・・・・ということは・・・来てるな?

「うむうむ。」
2019122306383324c.jpeg
よるじぃ・・・!笑

「おねっさんにー!どうどうとー!あいにこれるとはー!」
20191204195154dc2.jpeg


「ぼんとはー!とてもよいシステムなんじゃわぁい!」
20191223062119462.jpeg

「きょうはここでねむるんじゃわぃ。」
20191231164425659.jpeg

っていう妄想をしている時が一番幸せです。笑

お付き合いありがとう。


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

オデのストレス。

しらたまの正式譲渡が決定しました~!
土曜日に正式譲渡の手続きに行ってくるので、改めてブログでご報告しますね

今日はですね、最近登場が多めのぷぅすけのことを。
「オデすけぷー!」
20200810190716e9b.jpeg
今から読んだ方は何言ってんだこのネコ・・って思いますよねオデすけぷって。

去勢と抜歯後に体調不良を繰り返して
やっと落ち着いてきたと思ったら
今度は手や脇の毛をむしり始めてハゲハゲに。
「なんでやねんすけぷっ。」
2020081018503469e.jpeg
こっちが聞きてーわ!

きっとストレスって言われるんだろうなって思いながら念のため病院へ行ってみたら
「体重もすっごい増えてるし健康な子のこういうハゲはストレスの可能性が高いです」とのことだった。
「じぃちゃんおはようすけぷ。」

ぷぅすけが毛をむしり始めてから、よく観察してたけど、とにかく他の子達が大好きすぎて甘えっぱなしの毎日。
20200810185401b01.jpeg

我が家は頭数が多すぎるので過密によるストレスもあるのかなぁと思うんだけど、ぷぅすけの場合、どちらかというと環境というよりは高いところに上れないオデ
耳が痒いのに掻けないオデ
なんでかわからないけど1日3回オシッコを出されるオデ
みんなと走って遊びたいのに走れないオデ
とかそういうことの方がストレスっぽい気がする。
20200810185634a53.jpeg
前にも書いたことがあると思うんだけど
ぷぅすけってちょっと変わっているんです。
相変わらず人の手足の指を咬むためにサササッと近づいてきたりして。
咬むことへの執着が、毛をむしっていることと繋がっているのかもしれない気もする。
20200810185203485.jpeg

なぜ咬むのかは
今もよくわからない。
最初は愛情表現なのかなぁとか
逆に怖いから咬んで反応見てるのかなぁとか
考えていたんだけど
どっちでもなさそう。笑

ぷぅすけがどんな風に変わっているのか、言葉で説明するのはなんか難しい。
こんな感じ↓
20200810185832017.jpeg
またはこんな感じ↓笑
20200810185106923.jpeg
うちの環境がストレスだというのなら
ただちに里親募集を開始したいところなんだけど
どう見てもそうは見えないのですけどどうですか皆さん・・・・
20200810185130b15.jpeg
ひとまず精神安定作用のあるサプリメントをあげてみて、ダメなら安定剤を飲ませてみることになっています。
先生が「安定剤飲ませて他の子への甘えが減ったら、それも精神的なものによる行動だったってことになりますね・・・」って言ってた。
ありえるかもしれないと思った。

202008101859327e7.jpeg

おねっさんは、ぷぅすけは過去に人間に何かされていたのは間違いないと思っているんだけど、想像したところで詳しくわかるわけじゃないし、ぷぅすけの今を受け入れることに変わりはないので、それはそれって思うようにしてる。

最近はおねっさんのちょっとした動きで部屋の端までダッシュで逃げることがものすごく減りました。
毛をむしるのがどうなるか、経過観察して、
お薬を試すことになったらぷぅすけがどう変化するのか見て
里親募集をどうするか考えていきたいと思います。

毎日デレデレしっぱなしのぷぅすけですが

唯一自分でお世話しているのがこのみちゃん。笑
20200810190027549.jpeg
「かみさまはオデがまもるすけぷ・・・!」
20200810190309206.jpeg
男らしい一面もあったり・・なかったり・・・笑


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

まこの旅立ち。

今朝早くに、まこが旅立ちました。


まこは5月に、こうたと一緒に保護しました。
ほんの3ヵ月前のこと。

腎不全に子宮蓄膿症もあって
「今日明日の命か」って覚悟したのは6月のこと。

そこから見事に復活して、低空飛行ながらも本当に頑張って生きてくれました。
202008042233060ca.jpeg
2匹は保護時からカフェ&ペットホテルSILLYさんに預かっていただいてました。
2匹の里親さんが見つからなくて、
ずっとペットホテルの一室をお借りしているんです。

長期化する預かりを、快く引き受けてくださって、
オーナーである木下さんが、早朝のまこの旅立ちを見守ってくださいました。

スタッフのYちゃんがふたりをとてもとても可愛がってくれて、休憩時間はずっと一緒にいてくれました。
ふたりにとっては、木下さんとYちゃんが家族だったと思います。
20200804223222c17.jpeg

まこの体調が悪くなってからは、ラッキースターのスタッフも毎日のように通い、状態をよく観察して環境を工夫してくれていました。

家族を見つけてあげられず、申し訳ない気持ちを抱えていた私にとって
SILLYさんとラキスタのスタッフが寄り添ってくれることが救いだった。
そして今までほぼ一人でやってきた「看取り」をこうして寄り添ってもらえることにも救われた。

その分、みんなにはつらい思いをさせてしまったと思います。
2020080422333273a.jpeg
まこは18歳で
静かで穏やかな旅立ちは、腎不全や子宮蓄膿症に蝕まれたのではなく、「老衰」だと思っています。

ここまで頑張ってくれたのは
寄り添ってくれる人がいたことはもちろんだけど
やっぱりこうたがいたからなんじゃないかなぁ。
20200804223236e53.jpeg

ずっと一緒に生きて来たであろうふたりの絆は深く
まこが弱ってしまったときのこうたは
見ている方が切なくなるくらい、まこを心配していました。

さっき火葬の時にこうたと過ごしていたけれど、まだ理解していないようだった。
「まこがいない」ってわかったら、きっとまこを探すと思う。
20200804223252c3a.jpeg

16歳のこうたに、寄り添ってくれる人もなかなか見つからず、まこを失ったあとのこうたのことをずっと心配していました。
うちに来るしかないのかなぁ。でもうちの環境が一番気の毒な気がするなぁって、ずっと考えていました。

そしたらなんと今日、こうたが大好きなSILLYスタッフのYちゃんが引き取りを申し出てくれて、最高の展開に。

今Yちゃんのおうちの猫ちゃんの体調が悪く、ストレスをかけられないので、もう少し先になる予定ですが、それまでは環境を変えず可能な限りSILLYさんで過ごしてもらいたいと思っています。(まだ許可もらってないんだけど。笑)

まずは先住猫ちゃんの体調が良くなりますように。
そして大好きなYちゃんと暮らせる日が来ますように。
20200804223157cea.jpeg

こうた&まこを応援してくださった皆様、ありがとうございました。
譲渡になるまで、こうたの様子は時々ご報告させていただきます。

2020080422335536c.jpeg
長生きして、
最後の最期に、飼い主に会えない子達。

それでも与えられた環境で、
支え合いながら生きるんです。

そんな子達がいなくなりますように。
そんな子達がいたら、手を差し伸べてくれる方が増えますように。

みんな、最期のときまで
誰かのダイジな子でありますように。

202008042232120b0.jpeg
こうたとまこが、離れることなく暮らせる環境と愛情を分けてくださったSILLYさんに、心から感謝します。



人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

しらたま トライアル決定。

「あちきは しらたま。
しらたまは あちき。
つまり・・・あちきは あちき・・・!」
20200801093411d4d.jpeg
ご機嫌です。笑

しらたまのトライアルが決定しました~
ここのところ、ドライフードを食べなくなったり下痢したり
調子が悪くて血液検査したら、健康な成猫の割には貧血の数値は上がってこないし、A/G比も0.36と低いし、「なにか基礎疾患が隠れている可能性・・・そして症状と数値でFIP疑いに入っちゃう・・・」って言われていたのですが、トライアル決定後の再検査で突然数値は過去最高に回復。
ドライフードも結構しっかり食べるようになりました。
先生からも「現段階では問題なし!」と太鼓判をいただいて、月曜日からトライアルに行きます

全然お問い合わせがなくて
「どうせあちきのこと・・・だれもほしくないんだろ・・・」

ってなってた。笑
お店にいるので看板猫みたくなってた。
20200801093757ce5.jpeg

ちょっと人見知りで怖がりなところがあるしらたまだけど
お見合いはこの通り↓
20200801093202941.jpeg

トライアルがうまくいって
一緒に暮らせるといいなぁ。
「あちき、このハンモックをよめいりどうぐにする」
20200801093655e1a.jpeg
持って行きなさい。なんぼでも。
ゴハンもたくさん持たせるよ。

甘えんぼのしらたまに
寂しくないおうちだからね。
「あちき あのひとにきめた。きっとうまくやる。」
20200801093228481.jpeg
たのむよ。
おねっさん心の底から祈ってる。
きっとうまくいく。
202008010933406d0.jpeg

良縁祈願。


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定8歳
エイズと白血病のダブルキャリア

パンダ 推定12歳
白血病キャリア
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅生まれ
我が家の番長(15歳)。
元気なばぁちゃん。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
5才くらい
多分天使

つるん太
多頭崩壊より引き取り
推定8才
食いしん坊おじさん


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定10才
ちびっこヤンキー


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定18歳
眼力つよめ


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
心優しいおじぃちゃん


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定3
見たまんまの感じ


なーや
倶知安保健所より引き取り
女子力高め


小次郎
札幌管理センターより引き取り
およそ15歳
仏の心の持ち主


さや
千歳保健所より引き取り
推定10歳
細かいことは気にしない主義
※預かりボランティアさんのところにいることが多い


ぷぅすけ
倶知安保健所より引き取り
推定5歳
すけぷワールド全開


ペコリーノ
繁殖場出身 8歳
今が子犬
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。

よる 2020年3月23日
じゃわい教の教祖。

トメ 2020年4月8日
賢くて繊細で、それでいてお茶目なおばぁちゃん。たくさんのことを教えてくれました。

キューピー 2020年4月11日
たった2ヶ月の間にミラクルを見せてくれたスーパーおばぁちゃん。

朔太郎 2020年7月6日
穏やかで優しいおじぃちゃん。たくさんのスマイルで癒しをくれました。

このみ 2020年11月26日
絶対に妖精だったと思う