FC2ブログ

マナティに思ふ。

ついにクロッカスが咲き始めて(人んちの庭に)
北海道にも春がきた模様。

お姉ちゃんですこんばんは!

小次郎がお散歩の時に何かをくわえて歩くのが好きなのですが、今朝選ばれたのは・・・

マナティです↓


この姿を見ているうちにすごく色んなことを思い出したんだけど
保護活動とぜんっぜん関係ないことなんだけど
お姉ちゃん、めっちゃマナティ好きなんです。(どうでもいいとは思いますけれども)
海洋哺乳類が大好きなんだけど、その中でもマナティがぶっちぎりで好きです。

野生動物の方に進みたいって書いたけどマナティのこと書いたことあったかなぁ。(どうでもいいとは思うのですけれども)

高校生の時、あまりにもマナティが好きすぎて
貯めたバイト代でアメリカ留学中の幼馴染みを訪問したことがあります。
2週間くらい。

英語もわかんないのに飛行機乗り換えなくちゃいけなくて、「へるぷみー」って言ったよね。笑
ひとつめの飛行機は3列の一番窓側で
星がや雲がキレイで隣のアメリカ人男性がそれを見ながら一生懸命お姉ちゃんに何かを説明してくれていたんだけど
何言ってるか全くわかんなかったよね。
ふたつめにバスですか?っていう感じの小型飛行機に乗って
こわいこわいこわいってなっていたんだけど
スチュワーデスさんがバスガイドさんみたいなノリで面白かったことを覚えています。

アメリカのすごーく上の方のメイン州ってところに行って、幼馴染みのホストファミリーとみんなで行くというフロリダへの車の旅に便乗しました。
マナティに会いたい一心で。笑
憧れのオルカだって見たかった。

野生のマナティには会えなかったけれど
シーワールドで保護されたマナティやオルカショーを見て感激したのでありました。

偽物でもこんなに喜んでいる若かりし頃のお姉ちゃん↓
201904122101177d8.jpeg

そこから数年間、マナティの保護活動に携わりたくて
お馬鹿さんなりに色々やったよ。

アメリカで買ったマナティの本を
毎日辞書開きながら訳して読み漁ってみたり

マナティの写真集出している日本人の方にお手紙書いてボランティアのこと聞いてみたり(ちゃんとお返事きたんです)

専門学校の先生にお願いして、千葉だったかどこだったかマナティがいる水族館で1日飼育係の実習もさせてもらいました。
マナティが食べる野菜を切ったり、水に浮かんできたウンチコさん取ったり、呼吸間隔を測ったり、めっちゃ楽しかった。ここに住んでいいですかって思った。笑

もちろん英語も習い始めた。

マナティが無理でも海洋哺乳類の方には行く気だったので
19歳の時にダイビングの資格も取った。

そして野生動物の保護に進むつもりで留学して
犬猫の保護施設でボランティアしたことがきっかけで
そこから犬猫にシフトしたんです。結構あっさりと。笑
人生初の愛犬を迎えたことも大きく影響しています。

そして今に至るわけですけど
あの頃の自分の行動力を考えると
今はぜんっぜんだなぁって思います。

行動力が無くなったというより
できない言い訳を並べるのがうまくなった気がします。

201904122018059d7.jpeg

数日前に母がこのマナティのぬいぐるみを見て
「あのまま野生動物の方に進んでいたら今頃どうしていたんだろうねぇ・・・」とつぶやきました。

きっと・・・日本にはいないだろうね・・・とふたりで笑っていたんですけど

そうだったら、うちのめんこちゃん達にも出会うことがなかったんだなぁ。
と思うと同時に
マナティと泳ぐという夢が叶っていないなぁ。とも思いました。

チロルを見送る日が来たら、チャレンジしたい。
せめてそのくらい叶えてから死にたい。笑

そういうものを叶えられるくらいの行動力は
いつまでも持っていたいなぁと思うのでした。

最後に さやちゃんの脱ぎたてお洋服を持っていくバージョンを。↓
「こうばしいやつじゃ。」
20190412201851107.jpeg

なんかどうでもいい事読んでもらってすいません。笑

人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

小次郎、お顔が変わってきたよ。
20190412201831a68.jpeg
スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

メロ 13歳
脳腫瘍の可能性あり


でんすけ 推定12歳
エイズ発症の可能性あり

ハラくん 推定15歳
腎不全


カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
ジーク
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。