FC2ブログ

お知らせ。

いつもご支援いただいている皆様へ。

LuckyStarでは今後最低半年間は新しい子の受け入れをしないことになりました。

理由はふたつ。いやみっつ。

ひとつは活動費の問題。
このペースでは全く足りない。

そして自分自身の疲労。

もうひとつは、抗生剤の耐性菌です。

今、我が家では耐性菌が出ていて、
弱っている子との接触はできれば避けたい。

慢性膀胱炎の子に繰り返し抗生剤を使用していたことが原因だと思われます。
まず抗生剤を飲んで、効きが悪い→培養検査。
検査結果が出るまで、別な抗生剤を処方されて飲んでいましたが・・・
繰り返しの膀胱炎に抗生剤を使うと、かなりの高確率で耐性菌ができること、
脊髄損傷して膀胱の収縮が出来なくなった子にはMRSAが出てしまうこと、
今更ですが、色々学びました。

菌はどんどん死んで入れ替わっていくので
しばらくは抗生剤を使わず、他の常在菌が増えるのを待ちます。

耐性菌って普段は弱いヤツで、
大人しくしているのですが
抗生剤を使うことで他の常在菌を殺してしまうことで
耐性菌だけが「よっしゃー!」ってなるんです。

詳しい先生や人間の看護師さんに
どういう認識でいたらいいのか
どう対応したらいいのか、
色々教えていただきました。

トリミングサロンのことがあるので、心配なことを何人もの方に聞きました。
「そんなこと言ったら動物病院どうすんのさ!この世は耐性菌だらけなんだぞ!」
誰に聞いても、健康な子が菌の影響を受けることはまずないとのお答えでした。

特に大学病院は耐性菌が多いのだということ、人間の病院ではMRSAが珍しくもなんともないことも教えてもらいました。
感染経路など、断定のしようもない。
だれが保菌しているかなんて知りようもない。
一時的に保菌していたとしても、気づかずに排泄されているパターンも多い。

よほど体の弱った子でない限り、問題ないと認識していますが
トリミングサロンのお客様のことを思うと
問題ないかどうかを判断するのは私ではないと思い、
3月中旬までにご予約いただいているお客様にはご説明済みです。

ご不快、ご不安に思われる場合はキャンセルも遠慮なくしてくださいと。
よくわからない場合、治療中の子は主治医の先生に確認をとっていただいてます。

うちの子達が病院に行っても待合室で普通に待ってていいと言われるし、スタッフさんも手袋履くわけじゃないし、そんなに神経質に怖がる必要がないことはわかっているのですが、こういう時は一番悪いことを予想して対策することにしています。

相談させてもらった先生がMRSA感染対策マニュアルを教えてくださって
それを参考にしながら消毒を強化しています。
※うちで出ている菌がMRSAと断定されたわけではありません。

元々、サロンも自宅も、消毒は結構きちんとやっているのです。
オスバン、次亜塩素、オゾン水などを使い分けして
泡立てネットは1匹1匹使い分け、1日の終わりにオゾン水で除菌してその後良く乾かすとか。
変えたのは
トリミングサロンに使うタオルは、1時間オスバンに漬けてから洗濯することにしたこと、
お客様のワンちゃんに触れる前は手を洗った後、アルコール消毒をすること。
(オゾン水の生成器は以前譲渡会に参加した際に
「うちの子に使わなくなったから役立てて」といただいたものです。
まだブログを見て下さっていると信じて・・・
改めて、ありがとうございます!)

ペットホテルはご希望があれば、当面の間お店でのお預かりとさせていただきます。
ご不明な点がございましたら、直接ご連絡くださいませ。m(__)m

朔太郎の眼球摘出手術は延期することにしました。
今現在、痛みがあるわけではなく、緊急性がないから念のため。

訪問セラピーも、しばらくお休みします。
じいちゃんばぁちゃん、めっちゃ元気だし、手洗い徹底してるから大丈夫だよって言ってくれたんですけど、万が一のことがあったら施設側に多大なご迷惑をおかけするので。。。

イチゴとトメちゃんの膀胱炎は1日3回の膣洗浄で
出来るだけ菌が膀胱に入らないようにしながら
長期で様子見ていきます。
効く抗生剤が無いと検査結果が出ているけれど
それは体の外でした検査であって
いざとなったら何かしら効くことが多いから
万が一命に関わるような事態になったら治療しましょうと教えてもらいました。

実はまだ菌の特定はしていません。
今結果まち。
ここまでする必要はきっと普通なら無いんですけど
うちの場合、他の子の出入りがあるのと、治療が必要な子が度々でるので
きちんと把握しておこうと思いました。

新しい子を保護しないと決めたのは
うちに来てマイナス要素があるなら意味がないからです。

ただでさえ、健康な子を引き取ることがないLuckyStar。
万が一、その子が健康を取り戻す足を引っ張るようなことがあっては
「保護」とはいいません。

今いる子達のお世話、ケアだけでもなかなかの生活をしているので、
正直、ホッとしてもいます。
そのくらい疲れてる。
最近は物事を組み立てて考えられないとか
人が説明していることを理解できないことがあります。
文章でも。

保護活動を始めたとき
「楽しめなくなったらやめる」って決めています。
文句しか言わなくなったり、人を妬んでばかりになったり
ご支援の有難みもわからなくなったら
即やめる。
これが自分の鉄則。

今まで暴走してたけど、全く考えていなかったわけじゃないんですよ。笑
大変は大変だけど、きちんと楽しんでいたし、どこかで「いざとなったらやめれるな」っていう自覚がありました。
周りにはそう見えなかったかもしれないけど。笑
常々自問自答してた。

でもここ数か月は、疲れすぎてちょっと楽しめなくなっていました。
愚痴が先にでる。
ストップしないとなぁと思っていた時に
今回、耐性菌のことがわかって
理事のKaoriさんに「半年は新しい子の引き取りをストップしようと思う」って話したとき、すぐに賛成してくれました。
半年なんてあっという間。
今いる子達のケアをしっかりしながら、団体としてやりたいことの準備を進めていけばいいって。

半年で区切るかどうかは、半年後の培養検査を見て先生と相談して考えます。

今抱えている子達の医療費や食費など必要なので、大変申し訳ないのですが引き続きご支援を受け取らせていただきます。

来月には久しぶりにショッピングカートをオープンします。
不快な思いをされる方もいらっしゃるかと思うので、
我が家からの発送ではなく、事務さん宅で梱包発送してもらいます。

引き続き、LuckyStarを応援していただけるとほんっとに嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。


いつもご支援、応援、本当にありがとうございます。


一般社団法人ラッキースター 鹿内 千夏子

人気ブログランキング




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

耐性菌については、人によって認識が違うこともあって、
無駄に怖がらせるだけなのでは
不安を煽るだけなのではと
これを書く必要があるかどうかについて
賛否両論でした。
でも、今まで何でも書いてきたから(笑)
現状、こうなっていますというご報告をさせていただきました。

何よりも、トリミングサロンのお客様へは、きちんとお伝えしなければなりません。

菌の特定もまだできていませんが、
わからないうちは、最大限の対策をします。
これは今回のことに限ったことではありません。

保健所から迎える子達に対して、ずっとしてきたことでもあります。
引き取ってすぐトリミング室を使った後の消毒は、かなり徹底しています。
なぜなら、お客様を守らなければならないからです。
保護活動しているけれど、実は保健所から直接の子のトリミングはお断りしているんです。
必ず病院へ行って、健康診断を受けてもらっています。

いやはや、40歳の誕生日にこんな苦しいご報告をすることになるとは。笑

続きを読む

スポンサーサイト



陽毬の里親さんを募集します。

先日、全臼歯抜歯をした陽毬ちゃん。


まだステロイドは飲んでいますが、
口内炎の腫れもなくなり、順調です。

術後、やっぱり心配でした。
食べなくて食べなくて。

ちゅーるだけは翌日から舐めてくれましたが
フードや缶詰を全然食べないので
こりゃ死んでしまうわと
点滴と1日2~3回の強制給餌を10日間。
少しずつ自力で食べだして、
今は一度にしっかり食べられるように。

少し減った体重をジワジワ取り戻しています。
20190227192913b88.jpeg

元々食が細くて
体も「生後8か月です」が通用するくらい小さい。
体重もMAX2.8kg。

目指せ3kg。

毎日めっちゃ楽しそうで
201902271949431fc.jpeg
ついついのんびりしていたのですが
20190227194905a06.jpeg
里親さんを募集してみようと思います。
「娘は嫁にださないですじゃ。
20190227192734b37.jpeg
父ー!!笑

「あたいはとーちゃんがすき.。」
2019022719271807e.jpeg
いや、そうだけどさ・・・

「つるんにぃだって すき。」
2019022719265768e.jpeg
う、うん・・・
「こいつだけは ウザい。でもダチ・・!」
20190227195750b5f.jpeg

陽毬ちゃんはね、ほんっとに他の猫が好きなんです。
ひとりっ子で里子に出すくらいなら
うちにいた方がいい。
だから、先住猫ちゃんのいるおうちを探します。

人馴れは、イマイチだけど
フリーにしていても撫でられるくらいにはなりました。

エイズキャリアですが、他の子とケンカすることが全くないため、うちではみんなと過ごしています。

他の子に寛大な先住猫ちゃんのいるお宅で
猫と仲良くしてくれたらすべて良し。
っていう方・・いらっしゃいませんか。笑

めっちゃめちゃ可愛い子です。
推定2歳。
ワクチン、駆虫、避妊済み。
マイクロチップ挿入済み。
なんかもう色々済み。
201902271928203e6.jpeg
骨盤骨折歴がありますが
後遺症は全くなく、
我が家の猫の中でも身体能力No.1。

どうぞどうぞよろしくお願いいたします!

☆里親様にお願いしている条件☆

・ペット可住宅にお住まいの方
・家族全員の同意が得られている方
・完全室内飼育で終生大切にして下さる方
・迷子対策をして下さる方
・譲渡誓約書へのサイン、身分証の提示をお願いします
・譲渡後、最低数回の近況報告して下さる方
・マイクロチップ、避妊手術代の一部ご負担をお願いしたします。

その他の詳しい条件につきましてはお問い合わせください。

お問合せは
お名前、ご住所、ご連絡先、ご家族構成、先住ペットの有無をご記載の上、
luckystar.smile1212☆gmai.comまでお願いいたします。(☆を@に変えてください)

「あたいに・・かぞく・・・?」
20190227192636e9f.jpeg
そうだよ!父ちゃん以外のね!笑


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

届かない。

寝不足すぎてめまいするぜ。
お姉ちゃんですこんばんは!

やることに追われる生活を脱したい。
目標は近所のホームセンターに買い物に行くこと。笑

それをクリアしたら、一番近くの銭湯に行くことを目標に生きています。

「だっこ・・」
201902242139317e8.jpeg
スノーはもうすぐ看護師ちゃんちに行くのよ。

オシッコが全く漏れなくなったり
ジャブジャブ漏れるようになったり
不思議。
背中の脱臼した部分が神経を圧迫したりしなかったりするのかなぁ。
今はめっちゃ漏れる時。

以前はオシッコが出なくてカテーテル入れてました。
カテーテルの方が本猫の負担もないし、人間も楽。
ただし尿路感染症のリスクが上がる。
抜けたらまた入れる。感覚が残っている子は嫌がることも。

圧迫排尿はどんなに上手な人がやっても
腎臓への逆流は避けられないと聞きます。
膀胱を圧迫するので力加減では痛めてしまうこともある。
もちろん圧迫排尿していても、半身麻痺の子は慢性膀胱炎になりやすい。
腎臓にそのオシッコが逆流すれば腎盂腎炎のリスクも上がる。

いずれ腎臓が悪くなる可能性は覚悟しているけれど
今のところ定期的に血液検査を受けても誰もひっかかってはいない。
寝たきりのクロ美ちゃんも、多尿のじぃじも
実は軽く圧迫することで排尿管理していました。長いこと。
体が濡れてしまうのと、洗うのも負担だから。

どれをとっても、メリットデメリットがあるので、
いつもその子にとってどうか、色々天秤にかけて選択します。
正しいか、正しくないかとかではなくて
それを選択した時の、その子の生活がどうかってところを考える。

おパンツ同士、結構仲良くやってるんです↓
「パンツかしてやろうか?」
20190224213822faf.jpeg

「おねえさん、コイツにオレのブリーフかしてやって」
20190224213838064.jpeg
え、ヒヨコおぱんつじゃなくて?
あえてのブリーフ?

人間の赤ちゃん用のおむつカバーのおさがりを寄付していただいて、とても重宝しています。
ありがたや。。。

「おまえ・・とどかないのかよ・・・」
20190224101223015.jpeg
顔がね!大きすぎて缶詰の底も舐めれないっていうね。笑


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
昨日、Amazon経由で猫セレクトプロテインのパウチが!届きました!
お名前の記載がなかったので、こちらでお礼させてください。
ありがとうございますー!
このみばぁちゃんがこれをミキサーにかけて食べているんです
嬉しい。

どっちか順番にBy朔太郎。

どっちか順番にしなさい朔太郎バージョン


朔太郎のかわいい足跡も載せておきます。笑
20190221190218d22.jpeg

人気ブログランキング




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

かわいさを共有。

なぜだ。なぜなんだトメちゃん。
20190218182545248.jpeg

Twitterをお休みすると
毎日起きるこういう面白い出来事も共有できないんだなぁと。

こんな可愛い後姿とか
201902181018485c1.jpeg

こんな癒される寝顔とか
2019021810181441a.jpeg
ひとりで堪能するにはもったいない。

そして多方面にご心配をおかけしているようで
連日美味しいものが届きます。笑
なんかすいません。ありがとうございます。
大丈夫ですから!元気ですから!
モフモフ吸引してきっとすぐに復活しますから!!
201902182105357d3.jpeg
ね!!

マリコと今ラーメン食べてきて
帰ったら食べてねってもらったデザートを食べながらブログを書いています。
20190218210721401.jpeg
マリコにラーメンおごる約束だったんだけど
先日ラーメン食べてって3000円いただいてしまって
ありがたくご馳走になるはずが
ラーメン屋さんに着いたらお姉ちゃん手ぶらだった。
カバンごと家に忘れてた。
マリコに借金して帰ってきた。笑
とんだサザエさん。

あんまり長居するとチャーハンとか頼み始めるからちゃんと帰ってきました。
ラーメン2杯食べたけど
2杯目はちびラーメンだからね!

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スノー。

いつも夜になると床に転がっているスノー。


お正月休みに預かってくれた
かかりつけの病院の看護師ちゃんが
来月から長期でスノーを預かってくれることに。
嬉しいね~。
20190216200929b60.jpeg
日中はほとんど寝ているから
お留守番も問題ないし
お仕事終わった後にはたくさん甘えられます。

看護師ちゃん、スノーのことが大好きなんです。笑
そのまま一緒に暮らせたらいいんだけど
「本当にうちの環境がスノーにとって良いのか」などなど色々考えているみたい。
預かり期間も、里親募集は続ける予定です。
預けるとき本当にそれでいいのかちゃんと聞いておく。笑
20190216203129df2.jpeg

この嬉しいお話があった日、別の看護師ちゃんが
お姉ちゃんに手作りのチョコレートタルトをくれたんですよ。
バレンタインだから。
20190216200911224.jpeg
お休みだったのにわざわざ届けてくれて。
嬉しかった。そして美味しかった。

自分にこんな可愛い時期があっただろうかいやない。(即答)
などと考えながらいただきました。笑

若い看護師ちゃんたちの頼もしさと優しさに癒されるおばちゃん。

これからの自分が、動物関係のお仕事を選んだ若い子たちの、ほんの少しでも役に立てるようになれたらなぁって
ちょっと考えています。

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
「3頭身ですじゃ。。。」
2019021620043333b.jpeg
トウジくん、それ言っちゃダメ。

大魔王と小次郎。

サンボマスター100万回再生する勢いのお姉ちゃんですこんばんは!

元気いっぱいのこのひとに救われたり白目むいたりして忙しい。↓


シッポぽんぽんにして部屋の端から端まで猛ダッシュ。Withつるん太。笑
201902141246558ba.jpeg
やっと寝たと思ったらまた起きてる。
ペットシーツ蹴りけりしてポリマーぶわーっ
201902141246152c2.jpeg
トウジにタックルして怒られ
小次郎のほっぺをペンペンしてお姉ちゃんの寿命が縮むなど。
本猫のこの悪びれない顔を見てほしい。↓
「ポッカわるくないれすの。」
2019021412450532a.jpeg
他の子が理解している「ダメ」という言葉を
ポッカちゃんに言ったところでますます燃えるだけ。

もう好きにして。笑

お顔をペンペンされる小次郎は
毎日練習して、猫に興奮することが減りましたが
お外や病院の待合室で
他の犬を見ると興奮して吠えます。

なので、待合室ではオヤツを使って練習。
繰り返していくうちに・・・
「わし、オヤツしかみえん。」
20190216200800b72.jpeg
この時視界の端には大型犬と中型犬が。
すごいぞ小次郎。

犬の保護は1匹によって生活が変わることがあります。
小次郎と向き合う日々はなかなかのものです。
でも必ず答えてくれる小次郎。
20190216200817829.jpeg
お姉ちゃんが1月末に鎌倉に行ったとき、
ボラさんとのお散歩から戻った小次郎の部屋に猫が入っていて
猫に向かった小次郎を止めて母が咬まれてしまいました。
咬むときは本気。
母の腕に、犬歯が刺さった穴が数か所。

ケージの扉は毎回必ず閉めるなど、
毎日当たり前のようにしていることなのに
お姉ちゃんの注意事項が足りなかったです。

普段、一緒に暮らしていて
ゴハン食器に手を入れようと
口の中を見ようと
リードが引っかかったり
間違って足がぶつかったりしても
咬まれることはありません。

20190216204914bf6.jpeg
相変わらず里親募集については決めかねていて
トレーナーさんに来てもらうタイミングも逃しっぱなし。笑
譲渡先で咬傷事故が起きるかもしれないと思うと
なかなかね。


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

おやすみ。

Twitterもブログも、団体になって「分けた方がいいのでは」という声もあり、Twitterは個人的なことを書かず、「○○ちゃんの病院にいきました」とか「お散歩しました」とかだけにするべきか迷ったのですが、
これまでの経緯を考えると、「お姉ちゃん」という人物を楽しんでくださっている方も意外と多い気がして(笑)分けたらつまんないんじゃないかな~と思って、ぜーんぶ一緒くたにしてました。
発言も限りなく自由。
(インスタだけはお店と保護アカウントを分けました。)

でもお姉ちゃんって、人の気持ちに寄り添うとか、大事にするとか、そういう部分がとても欠けているのと、裏表がなさ過ぎて、最近自分でも反省することが多いです。

実は結構沢山の方が見ているという自覚が足りない。
自分の発言をだれでも見られる。
誰かを傷つけるかもしれない。
当たり前のことだけど、甘えとか慣れとか、今は良くないなぁ。

多分今後もTwitterアカウントは分けずに行くと思うのですが
ちょっとお休みして頭冷やそうかと思います。
また楽しいことがあったらそのうち呟きます。笑

TwitterのリプライもDMもお返事しきれていないにも関わらず
こんな人間性を楽しんでくださっている皆さま、ありがとうございます。

団体にしてから、まだ何もできてないのに負担だけが右肩上がりで悲しい感じになっています。
そもそもが向いてないから仕方ないんだけど。笑

保護活動とお店、仕事を二つ抱えている感じで
どちらも大事。
でも割合とか考えると、今のままで良いとも思えない。

「おやすみするですじゃ。」


ブログは出来る範囲で更新します!


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

発信したいことは、きちんと選んで発信しないとダメですね。

朔太郎。

今月、眼球摘出予定の朔太郎。
20190208235434cee.jpeg
心臓の検査をして
十分手術に耐えられるとの判断でした。
心臓のお薬を少し増やして、安定したら手術です。

順調に萎縮していってたけど
痛みやいずさ、痒みが出てきました。
萎縮していく過程で、水晶体が角膜にぶつかったり挟まったりしているようで、もう外からいくら点眼しても意味がない。
全く機能していない目が、いつまでも不快というのは
よろしくない。

20190208235836666.jpeg
一昨年の8月保護当時、推定年齢8歳だから、
今10歳くらいになるんだけど
最近の様子を見ていると、やっぱり12歳くらいになってるかなと思います。
立ち上がる時、足が滑って時間がかかるようになったり
後ろ足に震えが出てきたり。

kaoriさんのお知り合いの方とお見合いの話を進めてもらっていたんだけど、どうやらダメだったみたい。
お姉ちゃんならガツガツ営業してしまうところだけど(笑)こればっかりはご縁ですからね。

なんでお見合いを希望したかというと、
目が見えない朔ちゃんが、ちょっと歩けば他の子にぶつかるような我が家じゃなくて、もっとのびのび暮らせる場所に行かせてあげたかったから。
1日3回のお散歩だけじゃなくて
お庭があって、すぐにお外に出られる環境に行かせてあげたかったから。

でも環境の変化にはものすごくデリケートな朔太郎。
慣れるまでのストレスはハンパじゃないと思う。
どこでもいいわけない。
ちょっとお試しなんて不可。

そう思っていた時に、最高の条件と思える方のお話を聞いたので、ちょっと聞いてもらっていたんです。
緑内障の治療があってずっと保留になっていたけれど
譲渡への道も諦めていなかったので
ブログ横のLuckyStarの仲間たちのところにも入ってませんでした。

今回がラストチャンスかなと思っていたので
ダメだったのなら、朔ちゃんの居場所はうちなんだと思う。

優しくてみんなに愛される朔太郎。
訪問セラピー先では
体調が悪くても足腰が痛くても
朔太郎に会いたい一心で毎回参加してくれるお婆ちゃんもいます。

朔太郎、正式にLuckyStarっ子になります。
20190208235728b24.jpeg
これからもよろしくね。

手術が無事に終わりますように。

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お姉ちゃんはね
こんな良い子と最後の最期まで一緒に暮らして良いんですかラッキーすぎませんか私!って、結構本気で思っています。笑

さやちゃん旭川へ。

いやーお元気ですか皆様。
ちょっと間あいちゃってごめんなさい。
何書いてもどっかから批判されるもんだから
すっかり書く気失せちゃって大変。笑

今日はさやが預かりさんのお宅へ移動したのでご報告を。
ついにお鼻の上も毛が生えて
20190206202759752.jpeg
見た目もワイヤーフォックステリアらしくなって

良い!

のだけど。

体がまだ飢餓状態から抜けません。
アルブミンも低値。
これが回復しないと、乳腺腫瘍の手術もできない。

ということで、
旭川のつくし母さんのところへデブエット合宿に行きました。笑

さやって、他の子に危害を加えることもないし
マイペースで我が道を行くタイプ。
多頭生活も問題ないのですが、唯一、食べるものに対しての異常な執念が、この子にとって多頭生活どうかな・・・って思うところ。

うちみたいに、みんなで暮していれば
ゴハンを食べるとき、他の子のを奪いにいくので
ケージに入ってもらうのですが
ケージの扉を破壊して出てきます。
1日に何度も食べなければならない子もいる。
そのたびにギラギラする。
201902062027333a7.jpeg
食糞もするし
ポッカ大王がテーブルの上のものを落としたら即食べる。
せっかくフードに気をつけても、そうやって予期せず食べたものがアレルゲンだったりする。

ひとりっ子だったら、ケージに入ってゴハンを食べなくてもいいのに。
食事の管理もしっかりできるのに。
言い訳であることもわかった上で、そう思ってました。

ひとりっ子で最高の環境・・・
つーちゃんち・・・
ってすぐに思いました。

つーちゃんのお母さん、もう犬は飼わないと決めてるっておっしゃってたので・・・
1か月の預かりならどうですか大丈夫ですよね、ね、ってごり押し。笑
20190206202610130.jpeg

さやは性格的に
環境の変化に強い。
あまり動じない。
着いて間もなく、この通り↓
20190206202520d16.jpeg
でもね、ストレスが全くないなんてことはあり得ない。
これはどの子も同じ。
だからこそ、我が家よりも絶対的に環境が良く、その子にとって合うと思うおうちにお願いしたいんです。
頭数を減らしてお姉ちゃんが楽したいだけなら、環境は選ばない。

さやが変なもの食べないように、
毎日、とても神経を使っていました。
すごく気を付けているつもりでも、我が家ではちょっと限界があった。
近頃は色んなこと、ひとりで抱えていっぱいになっていました。

つーちゃんちに着いてすぐ
つー母さんが、
「さやちゃんが来るから、ゴミ箱ここにしたから」って。
20190206205709fec.jpeg
これを見た時、
良かった・・さやをここに連れて来られてって思った。
なんかプレッシャーから解放された。
抱っこもたくさんしてもらえる。
「ここにいたらいいものもらえるかしらね」
20190206202549c7b.jpeg
まずはひと月。
飢餓状態から抜け出すべく、
小田原のペットケアサロンの きっくん先生に栄養学に基づいたアドバイスを頂きました。
それをつーちゃん母さんに伝えて実行してもらう。

体重が増えたら、血液検査をして数値を見て
正常値になった段階で乳腺腫瘍の手術。
それを病理検査に出して
結果を見て里親さんを募集する。

そんな予定です。
201902062028383ba.jpeg
つくし母さんのところで初めての夜
さやは母さんのおなかの上でぐぅぐぅ眠って
朝起きたら顔をベロンベロン舐めて
通常運転です。笑

本当に素晴らしい子。
「かあさん、そこになにかおいしいものないかしらね」
20190206202534a40.jpeg
きっとみんな「そのままつー母さんに・・・もらわれて・・」って思ってると思う。
わかるよ。笑
そうなったらどんなにいいかって思うもん。

つー母さん、健康に不安があって、
本当は先代のラブちゃんを看取ったときに
もう飼わないって決めていたんです。
でもつーちゃんを引き取ってくれた。
何かあったら、後見人のお姉ちゃんに戻すんだって思って。
でもね、あまりにもつーちゃんとの暮らしが楽しくて幸せで
もし自分に何かあった時、
その生活を手放すのかと思うと
とても怖かったそうです。

つーちゃんとお別れしたあと、
ペットロスになっていて、きっと今も脱してはいません。

それでも、さやを預かってくれます。
それはきっと、「お姉ちゃんのため」です。

つくしを引き取ってくれたときもそう。
クロ美とつくしがケンカするので
お姉ちゃんが神経すり減っているんじゃないかって
つくしを「うちに」って言ってくれました。

そのお陰で、つーちゃんは最っ高の犬生を送ることができました。

そんなつくし母さんのもとに、さやを預けられたこと
本当にラッキーだと思っています。
さやには毎日愛されて、おいしいもの食べて過ごしてほしいんです。

さやが戻ってくるまでに、お姉ちゃんも色々気持ちを整理して余裕を作りたいと思っています。

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。