FC2ブログ

このたびは。

Twitterを見ていない方には全くなんのことかわからないと思うので、ちょっと説明させてください。

先日、私がツイートしたプレミアムフードの話で
要約すると「保護犬にプレミアムフードをあげるなんて贅沢だという意見もあり、頼みにくいから自分で買うことにしてる、今までの暮らしを挽回できるくらいの生活をさせてあげたいと思っているのだけどなかなか理解してもらえないこともある」的なツイートに対してや、先日子猫の保護を依頼された際に「ご自身で保護できない場合は保健所か管理センターへ」と書いたことへ
知らない方からあるご意見をいただきました。
相手の方の気に障ったら嫌なので敢えて書きません。

そこからもう一度やり取りをして
思うところがあり
ブロックさせてもらいました。

その後の対応の悪さから事態が悪化していったときに
LuckyStarで収支報告をしていないことが問題だということを言われました。
相手側の表現についてもここでは触れません。

スクショされたツイートはどんどん広まり、
私をかばってくれた方のものまで広まり、
今あちこちで私のアカウントが寄付金詐欺みたいなこと書かれて出回っています・・・。
保護界、世間の一般常識がわからないのかと。
個人の財産として着服しているとも。
報告ひとつできないなら、てめぇの金でやれとも。

そこは正直、批判されても仕方ないなと思っています。

保護に決まりはないとしても
常識、非常識で言ったら非常識だとも思います。
一番は合ってるのは「不誠実」かな。

例え寄付を募っていなくても
支援を受けている以上は
きっちり収支報告するべきというのも正しいと思います。

私はどこかの団体の活動内容を見たり
ブログを読んだり全くしていないので
活動している方々がどれだけ正直にきっちり収支報告を出しているかすら知りません。

活動する上で決めた自分のルールでしかやってないんです。
寄付は募らない
活動報告としてTwitterはマメにあげる
物資も可能な限り自分で購入する
活動費は保護っ子たちのお金、自分とかんなはトリミングサロンの収入で生活する
などが決めていること。

そこに収支報告をするという項目は入っていません。
なぜなら活動を始めて6年半、
うちの収支がどうなっているのかを知りたがるのが
ほとんど保護ボラ関係の人だったから。
自分で保護している人から保護ボラを手伝っている人まで様々です。
私は個人活動なのにとても恵まれていることを自覚しています。
募っていないはずの寄付も、毎月欠かさず振り込んでくださる方が10名ほどはいらっしゃいます。

今まで、妬みと思われる感情で
色んなことがありました。
収支報告はまたそのきっかけになると思って避けました。
これが本音です。

税理士さんに相談にも行きました。
詳しい人に相談にも乗ってもらいました。
「こんな額でなに悩んでんの?」って笑われたりもしました。

結果、保護活動費はきっちり管理されていれば問題なく、ご寄付をいただいた場合はお礼をお伝えする形になりました。

そして自分ひとりで管理するのではなく、
会計さんに管理してもらい、
事務さんも身近な人もいつでも見られるという形にしました。
支援者さんも見られるようにきちんと管理しようと。

そんなのおかしいだろ非常識だろと
今回あちこちからお叱りを受けました。

今までは、このやり方でもしも「寄付したのに報告もしない!」って言われても困るのは自分自身だと思ってた。
不誠実かもしれないけれど、活動費と生活費、きっちり財布を分けているし。

でも違った。

Twitterのフォロワーさんたちが
「おねっさんになに絡んでんだ!」ってなってくれて
里親さんや友人が「ハラワタ煮えくりかえってる」と連絡くれて
同じ経験をしたことのあるお客様には苦しい思いをさせ、
うちの事務さんはすぐに被害届などの準備を始めようとしてくれて
会計さんは「なーんにも悪い事してないんだから大丈夫」って安心させに来てくれて

みーんなを巻き込む形になった。
みーんなに時間を使わせた。
みーんなに不快な思いをさせた。

本当にごめんなさい。

今回きっかけになった方は支援者さんではないのですが
今までご支援いただいた方の中に、同じ感情をお持ちの方がいたかもしれないと思うと、大変申し訳なく思います。
もしいらっしゃいましたらお叱りを直に受けますのでご連絡ください。

今回のことで一番感じたのは
実は収支報告の大切さじゃなくて大変申し訳ないんだけど
自分に何かあった時、これだけの人が声をあげてくれる有難みです。
今まで出会ったうちの子たちが、こんなにたくさんの人を繋いでくれたのかと思いました。

個人活動の潮時だとも思いました。

団体化は、あるきっかけがあって、ひと月前から決めていました。
準備も着々と。
もちろん収支報告もする予定で。
これについては今回の件と全く関係ないので、
団体化してなにをしたいのかなど、次回詳しくご報告いたします。

私自身は「支援金詐欺」と言われても
自分が選んだやり方が招いたことだと思えるけれど
かばってくださった方のツイートが出回っていたら本当に悲しい。
なによりもうちの子達が「お金のために利用されている」と言われていることがものすごく悲しかった。

「事態を悪化させてごめんなさい」とご連絡くださった方もいらっしゃいますが
それは全く気にしないでほしいです。
悪いのは「お姉ちゃん」ただひとり。

ずっとブログを読んでくださっている方は良くご存知だと思いますが、私は自分の価値がわからない、自己評価の低い人間です。
今でも毎月病院でカウンセリングを受けています。
そういう部分と保護活動が繋がっていることは何度か書いてきました。
助けているのではない、助けられているのだと。
自己肯定のできない人間が
人から否定されたとき、どうなるかわかりやすくというと
「そうなんだ、私そんなにやばいんだ。やっぱりダメ人間だなぁ」ってなります。笑
みんながみんなそうではないかもしれません。
私の場合は、これに加えてパニック発作が起きます。
今回もかなり薬飲みました。
でもね、これは相手のせいだとか全く思ってないですよ。
そんなのはきっかけにすぎないんです。
すべては自分の問題。
自分の解釈、感じ方の問題。

いつもなら、立ち直るのにすっごく時間がかかります。
なんなら間に一回死のうかなと思います。笑
それがなんということでしょう。
今回の立ち直りの早さときたら過去最速。
これはTwitterやメールで、「大丈夫。そのままで。」っていうこと沢山の方が伝えてくれたからです。

単純で頭の悪いお姉ちゃんは
「そっかー大丈夫かーみんな言ってくれてるもんなー」ってなります。
たくさんいただいたので、個別にお返事できてなくてごめんなさい。
本当にどうもありがとう。

これからもきっとたくさん間違えるし
人を傷つけることもあるし
不快な思いをさせることが絶対にあると思います。

身近にいる皆さんは
間違えていたら「間違ってるよ」って教えてください。
傷ついたら「傷ついたんだけど」って言ってください。
「なんでそんな言い方するの」って怒ってください。

全然知らない人の言うことは聞かないし頑固ちゃんだけど
その都度、きちんと考えます。謝ります。

肝心の収支報告ですが、審査が通れば来月には一般社団法人となります。
次回のブログにも書きますが
ホームページから誰にでも見られるようにする予定なので
少しお待たせするかと思います。
ご理解いただけますと幸いです。

LuckyStar 鹿内 千夏子

追伸
守ってくれようとしてくれたみなさん、
宗教って言われたとき、まさかの入信希望が多くて思わず笑ってしまいました。
ホントにホントにありがとう。
豆腐メンタルですまん!笑
スポンサーサイト
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

メロ 13歳
脳腫瘍の可能性あり


でんすけ 推定12歳
エイズ発症の可能性あり

ハラくん 推定15歳
腎不全


カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
ジーク
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。