FC2ブログ

なぜここまで・・・。

たろさんが亡くなる前日6月26日の夕方、
突然 千歳保健所から電話が。
今まで保健所から電話なんて来たことないので
なんだか嫌な予感。

話を聞くと、その日、保健所の隣の敷地にマルチーズらしき小型犬が捨てられて
病院に連れて行ったけど、応急処置でどうにかできる状況じゃないからと戻ってきてしまったと。

・・・症状は?
「顔の皮膚が半分くらい無くて、お腹もズル剥けているんです・・・」
最後まで話を聞かず、迎えに行きますと言いました。

保健所の犬舎に行く時に、職員さんに
「怒らないでくださいね。。。」と言われながら出会ったその子は・・・
20180626_083531804_iOS_convert_20180630212101.jpg

20180626_082323208_iOS_convert_20180630211929.jpg
ボロボロ。化膿臭もひどい。
なんだか普通の皮膚炎とは違いそうな雰囲気。
褥瘡にしてはおかしい。
実はたろうさんの最期は体中が腫瘍らしきものがいっぱい出来ていて、なんだか似ているような気がして
思わず「リンパ腫とかなのかなぁ・・・」って言葉が出てしまった。
だとしたら・・・

いやいやとにかく病院へ。

体重1.8kg。
身体が右側に向いてしまうし
ほとんど歩けません。
20180626_100237491_iOS_convert_20180630213946.jpg
血液検査の結果
白血球の数値がものすごく高くてアルブミンが低い。
それ以外は割と大丈夫。
白血球が高かったのでエコーで子宮蓄膿症の検査もしたけど異常なし。
20180626_082539418_iOS_convert_20180630212217.jpg
20180626_100437023_iOS_convert_20180630212138.jpg

皮膚型リンパ腫の可能性もあるけど
まずは感染を起こしているので抗生剤を1週間飲んでみて、皮膚炎がどうなるか見ていくことに。

何はともあれ、キレイにせねば。
20180626_134024473_iOS_convert_20180630212246.jpg
ようやく見えたお顔は
とてもとても可愛くて
捨てたやつへの怒りも増すばかり。
20180626_142814486_iOS_convert_20180630212415.jpg
ほとんど歩けないところから
少しずつ回復して
脳神経もおかしそうな動きをしているけど
ヨタヨタふらふらしながらお水を飲みに行ったり
オシッコしたりできるようになりました。
弱々しかった食欲も食べ方も
ずいぶんしっかりと。
歯が1本もない上に
上顎が長くてかみ合わせが悪いから食べるのに時間がかかるけれど、ちゃんと自力で食べます。
20180626_134244433_iOS_convert_20180630212324.jpg
身体が漿液で汚れてしまうので、キレイにする毎日。
捨てた人は、この子の何が嫌だったのかな。
ニオイ?
手がかかる?
それはあんたのせいだよバカタレが。

保健所に直接持ち込むことすらせず
隣の敷地に置いてくるなんて
卑怯にもほどがある。
転んでばかりのこの子の身体に、頭に、枯れ葉や小枝が絡まっていたよ。
どんな気持ちだっただろうね。
どんな思いで、歩こうとして頑張っていたんだろうね。

捨てることも許せないけど
なんで?なんでここまで放っておいたの?
どうしてそんなことができるの?
それでも人間か。
あんたの皮膚がズル剥けて
歩けなくなって
外で棘の上に転がって
苦しんでくれ。
頼むから。

この子は生きることを諦めてないよ。
ほら、顔を上げて、私の顔を見るようになった。
20180630_045754653_iOS_convert_20180630214136.jpg

保護活動をしていると
人間でいるのが嫌になる時がある。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

名前はユキちゃん。
よろしくね。
20180630_045246225_iOS_(2)_convert_20180630225642.jpg

スポンサーサイト



たろさん、かっこいいぞ。

今朝はやく、たろさんが旅立ちました。
大好きなマリコの家で、大好きなお布団の上で
マリコが少し眠ったその隙に。
20180401_022528828_iOS_convert_20180627212705.jpg

2年半前、センターで見たたろうさんは
目を疑うような姿で、猛烈な臭いを放っていた。
たろう1_convert_20180627214645

和犬を集団生活に入れることを悩んでいたお姉ちゃんに、センターの職員さんが「もう少し考えてからでも」と言ってくれたんだけど、置いてなんてこられなかった。
たろう2_convert_20180627211733
なんとか皮膚を改善したくて
試行錯誤で向き合う日々は、楽なものではなかった。
他の子を襲い始めたたろうさんと向き合う日々は、思い悩み落ち込むことが多かった。
すべては自分の責任。
この子を連れてくると決めて
うちの子達を巻き込んだ。
たろうさんにも、大変な思いをさせている。
それがいつも心に重くのしかかって、正直つらかった時間もある。
20160918_001847094_iOS_convert_20180627213700.jpg

だけどたろうさんは、いつでも素直で
いつでも忠実で
なんだか生真面目で
ただただ可愛くて。
20180115_121119960_iOS_convert_20180627212621.jpg
ひとつひとつ、共に暮らすために必要なことを覚えてくれて
気が付けば、どこに連れて行っても困らないほどの秀才犬。
きっと元々、そうだったのだ。
ただ他の犬がイヤなだけ。
ただ猫に興奮してしまうだけ。
その状況を避けた生活をさせられなかったのはお姉ちゃんです。
20160824_061755276_iOS_convert_20180627213121.jpg

マリコに出会ってお姉ちゃんも、うちのみんなも救われて
たろさんもやっとひとりっ子でのびのび暮らし始めて
これからって時に、白血病。
0022_xlarge_convert_20180627211545.jpg
神様あんた、うちのマリコとたろうに何してくれてんだ。
いらないんだよそんな試練。
これから夏になって、ふたりは色んな所に出かける予定だったんだ。
もっともっと一緒に幸せを重ねていく予定だったんだ。
どうして今、たろさんの命を奪ったりするの。
どうしてよりによって、こんなに短い時間しか残されないような病気にしたの。
20180530_111022438_iOS_convert_20180627212735.jpg
ずっとそうやって、ぶつける場所のない怒りとやりきれなさと悔しさを抱えた1か月半だった。

でも、病気がわかってからのたろうさんの時間は、ものすごく輝いていて、
色んなものが凝縮されていて、認めたくないけど
あぁ、こういう風に出来てたのかなって。
この時間のために、マリコと息子くんに出会ったのかなって。
思ってしまった。
Inked0015_xlarge_convert_20180627211642_LI.jpg
たろさん、たっくん、
一体どんな犬生を送ってきたのか
お姉ちゃんには想像もつかないけれど
最後の最後は、幸せが凝縮された時間だったと思っていいでしょ?
あんないい嫁もらって、息子なんだか兄弟なんだかわかんないけどいつも一緒のお布団で。
痒い思いさせてごめんね。
身体フサフサにしてあげられなくてごめんね。
お姉ちゃんもっともっと勉強するよ。
もしも次にたろうさんのような姿の子に出会ったとき
迷わず手を差し伸べられるように。
出会ってくれてありがとう。
お姉ちゃんはたろうさんのことが、とてもとても好きです。
最期までマリコに心配かけまい泣かせるまいと頑張る姿、かっこよかったよ。
20171212_042121480_iOS_convert_20180627212639.jpg

マリコ。
何て言ったらいいか、
ありがとうや感謝なんかでは全然足りない。
マリコに出会うまでの2年間、たくさん大変なことがあって
その道の延長線を、まさかこんな風に、こんなに自然に誰かに託せる日が来るなんて思いもしなかった。
たろさんのこと、本気で愛してくれてほんとに嬉しかった。
つらい役目を背負わせて、ごめんね。
息子くんも、反抗期でもなんでも、よくやってくれたよ。
たろさんを可愛がってくれて、とても嬉しかった。
20180108_095554011_iOS_convert_20180627212805.jpg

たろうさんを保護してから、たっくさんの方に助けていただきました。
今までご支援、応援してくださった皆様、心から感謝しています。
中でも、静岡のYさんには、フードやサプリ、医療費と、ずっとご支援していただき、たろさんとの暮らしを支えていただきました。
たろさんの病気がわかった時、一番最初にお知らせしたのがYさんです。
いつも助けてくれて、本当にありがとうございます。

たろさんは、実はファンも多くて
そりゃこれだけイイ男だから当然なんだけども
たろさんの旅立ちに、きっと多くの方が一緒に泣いてくださっているはず。
コメント欄を開けておきます。
たろさんへのメッセージがございましたら、お願いします。
ひとつひとつお返事はできませんが、すべて何度も読ませていただきます。
いつもは鍵付き以外の全てのコメントを公開させていただきますが、
今回だけは、もしもマリコ親子を傷つける内容が含まれている場合、たろさんが激怒するのでお姉ちゃんの独断で削除させていただきますので
(ないと思いますが)ご了承ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
0027_xlarge_convert_20180627211613.jpg
みんなみんなありがとう。

ポッカちゃん。

先日仲間入りしたポッカちゃん。
目ヤニも鼻水も良くなって
キレイなお顔になりました
20180619_101851768_iOS_convert_20180623222116.jpg
目をどうするかは、避妊手術の時に眼科の先生の判断に委ねます。
今のままでも生活に支障はなく
トイレもベッドもハンモックも使いこなしてます

3回目の便検査もクリアー。
ワクチンも完了しました。
慢性の副鼻腔炎は残るかもしれないな~と思っています。
「なでてほちぃれすの。」
20180620_133929842_iOS_convert_20180623221954.jpg

ポッカちゃんはとにかく人が好き。
人から離れません。笑
抱っこも大好き。
飛び乗ったりもします。

声をかけるとお返事します。
ポッカちゃーん。
「はいれすの~!」
20180619_101643973_iOS_convert_20180623222202.jpg

体重2.5kg弱。
ほんとに子猫みたいで推定1歳っていうのもちょっと抵抗があるくらいなのですが・・・
20180619_102131464_iOS_convert_20180623222245.jpg
たくさん甘えさせてくれる、お留守番の少なめなおうちを探したいと思っています。
「いっちょがいいれすの。」
20180619_103505226_iOS_convert_20180623222025.jpg
そうだよね~一緒にいたいよね~。

お姉ちゃん的にはこんな白目むいてリビング走られたらもう・・・
めんこすぎて毎日悶絶。
(もちろん正確には白目むいてるわけじゃあませんよ。笑)

「良縁祈願!」のポチポチお願いします!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
シニアチームも元気です↓
20180620_224944432_iOS_convert_20180623221839.jpg

関西の皆様・・・。

関西地方にお住いの皆様、
ご無事でしょうか。
大事なご家族、わんにゃんも、みんな一緒にいられてるでしょうか。

このブログを応援してくださる方の中に
大阪にお住いの方が何人もいらっしゃいます。

本日も、大阪の方から
「タロサーーーン」と記載されたご寄付を確認したところです。

なにもできませんが、元気なたろさんの動画をアップしておきます。
ブログなんて読んでる場合じゃないとも思うし
貴重な携帯の充電を使ってる場合じゃないかもしれないけど、たろさんファンの方へ。落ち着いてからでも・・・。

余震も続いていると、ニュースで見ました。
何よりも、ご自身の安全第一で行動してくださいね。。。
「しんぱいだもな。」
20180618_113621372_iOS_convert_20180618232600.jpg
これ以上、被害が拡大しないことを祈っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
たろさんも頑張ってるからね!
20180618_120259045_iOS_convert_20180618232508.jpg
いつも応援してくれてる皆様に
バカでっかい愛を込めて。

夕姫ちゃん。

猫エイズを発症していると思われる夕姫ちゃん。

膀胱炎がひどくて頻尿と血尿が止まらず
1日に何度もあちこちに真っ赤なオシッコをしてました。
抗生剤の抗体ができてるので
効くお薬が少なくて、効くはずのお薬を使っても効果が出るまで時間がかかりました。
IMG_3293_convert_20180616205522.jpg
やっと治ったと思ったら今度は耳ダレがでるほどの外耳炎。

相変わらず舌炎もひどくて、ヨダレでデロデロ。
口の周りもただれています。
夕姫ちゃんのヨダレが付いたものは全て臭くなるので
犬達もほんのり臭い。笑
20180612_025410492_iOS_convert_20180616210334.jpg
貧血だけど、夕姫ちゃんの身体は
まだ頑張って血を作ってくれてる。
腎不全は療法食とサプリメントでなんとか維持していく。
IMG_3298_convert_20180616205538.jpg
意思が強くて、甘えんぼで
猫!女子!って感じの夕姫ちゃんはとても可愛い。
IMG_3287_convert_20180616205425.jpg

保護活動をしていると
猫エイズは怖い病気じゃありません!
発症しないで寿命を全うする子もたくさんいます!
って伝えます。

それは本当のことです。

だけど、最近思うのは

猫エイズって
キャリア期に出る口内炎や色んなものが治りにくい状態のことや
もしも発症したときに、どんな症状に苦しむのか
きちんと理解したうえで受け入れて
初めて「怖くない病気」になるんじゃないかと思う。

IMG_3313_convert_20180616205720.jpg
臭いヨダレをダラダラ垂らしても
お姉ちゃんは夕姫ちゃんをゲージに閉じ込めることはできない。
好きなように、好きなみんなと過ごしてほしい。

「はやくウマウマよこしんしゃい!
DSC_3309_convert_20180616213242.jpg
はいはい。笑
この写真はasakoさんが撮ってくれました。
可愛い~~~~。(デレデレ)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「なんなのよぅこのネコ~。」
20180615_141757266_iOS_convert_20180616214601.jpg
なぜか時々トメちゃんちにいる。笑

新入りにゃんこポッカちゃん。

7日にやってきた新入りにゃんこのポッカちゃん。
女の子です。
名前はもちろんフィーリング。

どっから来たんだっけ。岩内保健所だっけ。
後志振興局あたりから来ました。笑

札幌管理センターの猫の引き取りを検討していたんだけど、引き取りに行けなくてもasakoさんが連れてきてくれるならこの子の治療できるなぁと思って保護しました。
多分子猫の時から猫風邪がひどく、
結膜が眼球と眼瞼に癒着しています。
20180607_140542746_iOS_convert_20180612213202.jpg
少し見えていて、人の姿を追ったり、音と一緒にオモチャを追うこともできます。
20180613221505915.jpeg

外科手術で癒着を切開するかどうかってところなのですが
まずはヘルペスウィルスの治療が先。
点眼点鼻、眼軟膏を1日3回入れて
癒着が剥がれてくるかどうかも見ています。
右目は眼瞼癒着が酷いけど
左は早速眼球との隙間が出来て来てます。
体がとても小さくて
鳴き方も仕草も子猫みたいなんだけど
奥歯に歯石がついていたり犬歯に線が入っていたり
歯だけ見ると3才くらい。
でもやたら小さな体や飼い猫だったはずなのにひどい風邪とか
多頭飼育の近親の可能性も。
そう考えると、口内環境が悪いだけの気もする。
ということで推定1歳。笑
ほんとに子猫みたいなんだよ。
20180608_090017263_iOS_convert_20180612213237.jpg

ものすごく甘えんぼで
人間大好き。
何してもずーっとゴロゴロ言ってます。
エイズ白血病どちらも陰性。
便検査2回ともクリアー。(3回します)
血液検査では軽度の貧血。

避妊手術してワクチンうてるようになったら
里親さんの募集を始めます。
いつも白目むいてるみたいで超かわいいよ。笑

募集開始前でも里親希望受け付けてますからね!来たことないけども!笑
20180613221446b26.jpeg

ポッカちゃんに「ようこそLuckyStarへ!」のポチポチお願いします



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
早く隔離生活が終わるように治療がんばるぞ。

第7回セラピー部活動。

昨日は第7回のセラピー部活動日でした
「はいって!はいってちょうだい!」

お嬢ちゃんはいつもこうやって
おばあちゃん達をお迎えします。
昨日はイチゴもマネしてたな。笑
「だってあたちの おちごとだから!」
20180607_050403798_iOS_convert_20180608204115.jpg
あと4ヶ月で13歳だというのに
毎回とても張り切って走り回っています。

つるん太も、自分のお仕事を理解しながら
たまにさぼっています。笑
20180607_050610806_iOS_convert_20180608204810.jpg
20180607_051421771_iOS_convert_20180608204951.jpg
朔ちゃんは毎回このおばあちゃんのハートを鷲掴み。
「えへへ~~」
20180607_050708892_iOS_convert_20180608204908.jpg

昨日はお留守番を頼めなかったので
チロルも連れて行きました。
キャリーに隠れていればいいものを
「おおおおおおねたんおねたん・・・!」
20180607_055137544_iOS_convert_20180608205450.jpg
目が泳いでいたのでできるだけお留守番させます。笑

セラピー活動が終わってから、施設のお庭を借りて
asakoさんがマリコさんとたろさんの写真を撮ってくれたんです
20180607_064044929_iOS_convert_20180608205607.jpg
フラつきがあるけど、たろさんは元気です。
20180607_070509317_iOS_convert_20180608212109.jpg
とっても素敵な写真が撮れているに違いないのでお楽しみに!

クロ美ちゃんも元気だよ!
20180607_072221617_iOS_convert_20180608212611.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
そして昨日asakoさんがリレーしてくれた新入りにゃんこ。
にょーん。
20180607_140247157_iOS_convert_20180608213421.jpg

名前はポッカちゃんにしました。
詳しくは次回書きますね。

ウェルカムバック トメちゃん。

預かりボラさんのところでお世話になっていたトメちゃんが2週間ほど前に戻ってきています。
20180530_234740915_iOS_convert_20180605201346.jpg
終生預かりもオッケーとお返事を頂いていたので
そのままお願いする予定でいたのですが
皮膚のカイカイがどうにも落ち着かず
ステロイドや免疫抑制剤に頼る前に
出来ることがあると思って
戻ってきてもらいました。
先住ちゃんとも上手くいっていたので環境変えるのは・・・とずいぶん悩んだんだけど・・・
一度は終生預かりでお願いしていたのに
こちらの都合で予定が変わり
預かりさんにはご迷惑をおかけしました。。。

トメちゃんは保護当時、こんな背中で

とにかく痒がって掻き壊して血だらけになってしまうので
センターでもずっとエリザベスカラーを付けてました。

今は体重も増え、毛もフッサフサ。
20180601_125252088_iOS_convert_20180605201424.jpg
乾かすのが大変なほどの毛量です。。。

痒みはアレルギーによるもので間違いないと思います。
膿皮症がボッコボコできます。
届くところは口でハムハムしてすぐに血がでるので
預かりさんのところでもずっとこんなカラーをしててもらいました↓
20180520_083040970_iOS_convert_20180605201052.jpg
なんか楽しそうでしょ?笑
この日はトメちゃんが戻ってきたお祝いに
お肉を茹でてたんです

アレルギーだし、太らせたかったのもあって
フードはGOのサーモン。
トメちゃんにはたんぱく質が少し多めなので
そろそろ切り替えたいところです。

カラーをしていれば、掻き壊しは減るけど
痒みがなくなったわけじゃないし
痒い所が掻けないって超ツライ。

戻ってきてから、ここ10日くらいはカラーなしで生活出来てます。
入浴剤入り温浴と、シャンプーと保湿をしてるけど
お風呂が好きじゃないから
無理に入れずに10日間粘ってみています。

お散歩から帰ったら手足と顔やお尻を拭いて、
皮膚炎が出来たら、すぐに塗り薬で潰しにかかる。
やってるのはそれだけ。
それに必要なのは観察力のみ。
朝1回のかゆみ止め(アポキル)も少しずつ減らしはじめています。

今後ひどくなることもあるかもしれないけれど
ひとまず、このやり方で改善しているので継続してみます。

トメちゃんは人と距離を置く子です。
突然手を出そうものなら飛び上がって逃げる。

それもここ1週間ほどでずいぶん良くなりました
本当に頭の良い子なので変化も早い。

この半年で、元々悪かった左後肢が悪化しています。
20180522_095644862_iOS_convert_20180605201226.jpg
お散歩の距離も短くなり
帰りはトボトボ。

内臓が丈夫なので、クロ美ちゃんコースかな~と介護の覚悟をしています。
20180528_070802199_iOS_convert_20180605201144.jpg

保護当時はこんな表情だったんですね↓
20171215_090518457_iOS_convert_20171215203855.jpg
ずいぶん変わってくれました。
20180604_081850980_iOS_convert_20180605200727.jpg

お姉ちゃんはトメちゃんを
本当に素晴らしい子だと思っています。
他の子にも人間に対しても攻撃性が全くない。
20180530_020245282_iOS_convert_20180605201518.jpg
それってすごいことです。

さり気なく人を観察して
距離を置いて
でも必要な時は頼ってくれる。

十分です。

人間に愛想良く、しっぽ振らなくたっていいし
甘え上手じゃなくていい。
トメちゃん自身がいいならそれでいい。

アピールが上手じゃないトメちゃんが
困ることがないように
きちんと気を配るのは
お姉ちゃんの役目。
人間の仕事です。

味があって面白いトメちゃん。
里親募集はせず、LuckyStar の子になります。
「開けゴマよぅ。」
20180527_141827327_iOS_convert_20180605201005.jpg
お姉ちゃんに何かあった時の後見人を探しています。
身近な皆さんは、自分に白羽の矢が立つのではとドキドキしているのでは・・・

毎日こんな顔が拝めるので、喜んで引き受けてお願い。笑
「なによぅ。」
20180524_070001946_iOS_convert_20180605200645.jpg

トメちゃんを預かってくださっていた
Kさんご家族には、シャンプーの度に通ってもらって、
最近は自宅でシャンプーしてもらったりもしてました。
家庭犬ではなかったはずの子なので、大変なこともあったかと思います。
本当にお世話になりました。
ありがとうございました!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
5/1 Y・Aさま S・Jさま
5/7 T・Yさま K・Mさま
5/8 M・Mさま 
5/8 シロイヌタチオメデトウとご記載の方(笑)←ヨシ&チャコですね!
5/9 A・Aさま 5/10 N・Nさま
5/10 オヤツダイノタシニとご記載の方
5/11 S・Yさま Y・Mさま
5/14 Y・Kさま 5/15 I・Aさま
5/17 N・Yさま 5/21K・Yさま
5/23 S・Yさま
5/24 T・Cさま T・Rさま
5/25 H・Kさま
ご寄付をありがとうございました!!!!
いただいたご寄付はきっちり使わせていただきますので
近々新入り猫ちゃん来ます。笑
お楽しみに!

皮膚ビフォーアフターまとめ。

今日は皮膚のこと書きます。
きっと少し先の自分が、今を見返す日が来ると思うから。
あんまり役に立たない内容な上に長ーくなると思うので
全然興味の無い方はスルーしてくださいね。笑

お姉ちゃんはトリマーになって12年です。
今は自分のサロンで一人体制だけど
元々は動物病院の看護師&トリマーでした。

正直、病院で働いていた時より
今の方がずっとずっと皮膚のこと考えています。
シャンプーに関しての考え方も、すごく変わりました。
保護活動を始めて、皮膚病の子を保護する機会が増えた事がきっかけでもあります。

それでも今の自分にはまだまだ足りないものがたくさんあって
もっともっと勉強しなくてはと近頃反省することばかり。

今まで保護した子達のケアを、振り返ったりもしています。

保護犬って、ひっどい毛玉の子が多くて
例えばこの子↓マイちゃん。

恐らくブリーダーの放棄犬です。
耳ダニもひどかった。
こういう子はあっという間にキレイになります。
IMG_9543_convert_20180531235256.jpg
今は素敵な里親さんが健康に気遣ってくださって
もっとスリムになってもっともっと可愛いです。

皮膚病がひどかった子と言えば
みなさんご存知の・・・
「わしじゃよ・・・」
20120608_3404_convert_20180531233459.jpg
ボロボロすぎて体や頭に穴があいてた。
これは6年前で、お姉ちゃんはまだ薬用シャンプーの信者でした。
でもじぃじの使っているうちに「ん?」って思うことがあって、疑問を持つようになった。
乾燥しすぎだし、刺激が強すぎる。
病院にいたころは、患者さんの子を毎日毎日ケアすることがなかったから気が付かなかった。
じぃじのケア中に、シャンプーを低刺激のものに変える選択をしました。
薬用を使った時の自分の手荒れもすごいんです。優しいわけないよね。笑
1蟷エ蠕契convert_20180531233409
じぃじがここまでキレイになったのは、
アトピーでもアレルギーでもなく
アカラス症だったからです。
病院でしっかり検査を受けて、お薬もらって、
甲状腺機能低下症の治療と同時にアカラス症の治療をすることで改善しました。
皮膚病を早く治すための手段としてシャンプーをしていました。
甲状腺機能低下症の子のアカラス症は、一生もの。
じぃじはずっと駆虫薬を飲んでいました。

ひどい飼い方をされていた子が多いので
栄養不良からくる皮膚病や脱毛を目にすることもあります。
例えばアスラン。
IMG_0722_convert_20180531234422.jpg
IMG_5092_convert_20180531234528.jpg
栄養不良が原因とはいえ、皮膚病になってしまっているため、かなりの頻度でケアしました。
もちろん食事にも気を遣います。
薬用シャンプーは使わず、
炭酸泉に入れて毎日保湿のためにプラナロム社のホホバオイルを塗ってマッサージしました。
でも今ならその選択はしないな。

もうひとり、同じく栄養不良による脱毛の子が つくし。
縺、縺上@_convert_20180531234548
縺、縺上@4_convert_20180531234605
縺、縺上@6_convert_20180531234705
つくしも完全に飢餓状態でした。
数日に一度の炭酸泉と低刺激シャンプーと食事で回復。
縺、縺上@險鍋キエ_convert_20180531234729
ここまで飢餓状態だと、腸環境が回復するまでかなり時間がかかります。
痩せていても、高栄養の療法食は使いません。
中からと外から、どっちも大事なケアです。

意外と時間がかかるのが疥癬症。
IMG_0342_convert_20150116200407.jpg
駆虫して疥癬はいなくなっているはずなのに
皮膚炎が結構しつこいことが多い。
疥癬にアレルギー反応が出ていることもあるみたい。
クロ美ちゃんもそうでした。
縺上m縺ソ_convert_20150717121743
疥癬の時は、湯の素とか硫黄の入浴剤を使います。
お風呂上りにはしっかり保湿。

保健所で駆虫してくれていたから検査ではでなかったけど、ジュリも疥癬症だったはず。
ただ、疥癬だけじゃなさそうだなという皮膚だった。
20170803_032532798_iOS_convert_20180531233521.jpg
20170812_121740328_iOS_convert_20180531233719.jpg
ジュリは何度か薬用シャンプーを使いました。
その分しっかり保湿も。
2ヶ月後に口腔がんで亡くなるころには
かなりフサフサでした。
20170908_071440588_iOS_convert_20180531233757.jpg
20170925_000623715_iOS_convert_20180531233816.jpg


お姉ちゃんは皮膚病の中でアレルギーとアトピーが一番やっかいだと思っています。
ゴルビン保護時↓
繧ェ繝・ヨ_convert_20180531234002
繧ェ繝・ヨ縺ョ逧ョ閹喟convert_20180531234020
皮膚の状態は回復するものの
原因を完全に排除できないものも多く
痒みとの闘い。
DSC06438_convert_20180531233917.jpg
DSC06722_convert_20180531233940.jpg
お腹側の写真が探せなかったんだけど、3ヵ月後にリンパ腫で亡くなる頃には、普通の皮膚の状態まで良くなっています。

そしてたろうさん。
菫晁ュキ蠖捺凾1_convert_20180531234109
菫晁ュキ蠖捺凾3_convert_20180531234231
保護してから1か月はほぼ毎日お風呂に入れました。
やりすぎだったかもしれない。
でも毎日保湿もガッツリして、とにかく清潔に。
保湿剤は色々使ってみました。
人間用のキュレルの頭皮ローションやヒルドイドローション、部分的にワセリンも。
シャンプーは何度かマラセブを使いました。
改善してからは時々ノルバサンを。
メインは低刺激のシャンプー。
フードはフィッシュ4。
手作り食だった時期もあります。
20180329_070628702_iOS_convert_20180531233857.jpg
20180122_121205445_iOS_convert_20180531233838.jpg
体はツルツルだけど
手足は今も毛が増え続けています。
たろさんはひどい時期、免疫抑制剤もステロイドも使いました。
他の子もそうですが、
血液検査、皮膚検査、ホルモン検査、すべて受けて、必要な治療をしてもらっているから、良くなることがほとんど。
ひとまず痒みを抑えるためにステロイドを飲ませることも多いです。
痒いのは本当につらいから。
ただ、使うけど頼り続けたくないお薬なので
他に出来ることを考えます。特に若い子は。
頓服で飲ませることは今もあります。
その他、病気の治療に必要な場合はもちろん頼ります。
今のたろうさんみたいに。
色んなものを天秤にかけるんです。
寿命とか今の辛さとか。

写真のビフォーアフターを出して
どや!お姉ちゃんすごいだろ!って言いたいところですが、残念ながら違います。笑
これ、ほとんどのトリマーさんに出来ることだと思うし
一般家庭でもやろうと思えばできる。
ただ大変です。

わずかな経験だけど
思うことは

これさえあれば大丈夫
なんてものはないってこと。
必要なものを必要な時に選択できることが大事ってこと。

薬用シャンプーがすべてを解決するわけじゃないし
低刺激のシャンプーだけを使えばよくなるわけでもないし
お薬だけ飲んでいればいいわけでもない。
サプリメントだけで解決するわけでもない。
ゴハンも、手作り食を食べていれば健康なわけじゃないし
良いフードを食べていれば病気にならないわけじゃない。
逆に多少間違ったケアでも清潔にするだけで良くなることもある。

色んな方法をやってきたけど、基本的にみんな良くなるってことは、適切な治療と正常な皮膚を取り戻すための努力、その子に合った良質な食事で良くなるものが多いんじゃないかと思う。
「これで良くなったんだぜ!」って言えないあたりが、あー自分の力じゃないなって思うし、その程度の自分だなとも思う。

ただ、その中でも絶対に大事なのが
保湿。
それと信頼できる獣医さん。

乾燥させないために、どんなシャンプーを選んだらいいのか
保湿するために、どんな保湿剤を選んだらいいのか

きちんと理解するために、今更だけど
1か月前から勉強を始めました。

最近うちに来た人は見ていると思うけど
テーブルに化粧品検定の本が置いてあります。

いつもすっぴんのお姉ちゃんが・・・
化粧品検定????って思うらしく、みんなに「え?!」って言われます。笑

あれは成分の基礎をお勉強するためのもの。
今良いと思って使っているものがどうなのか、知るためでもあるし
どうしても扱いたいシャンプーがあって、
それをきちんと理解して使うためのものでもある。

基礎だから、まだまだなんだけど。笑
でもどうやらシャンプーは入荷させてもらえそう。

使えるようになったらそれはお客様に直接ご説明させていただきます。

もちろん、それも「これさえあれば」と思っているわけじゃない。
最近は「これじゃなきゃダメ」という凝り固まった考えを持たないように意識しています。
それは時として、他の大事な選択肢を奪うからです。

今まで出会ったすべての子が、身をもって教えてくれたことは、確実に今後の自分の財産となるはず。
たくさんの方に支えられて成り立つ活動だから、やっぱり多くの方に還元できたらと思っています。
カット技術も、もっともっと磨かなくては・・・

数年後の自分が、もっと成長していますようにあーめん。笑
(ネックは頭の悪さよね)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
長々ダラダラ書いた目的もわからぬこの文を最後まで読んでしまったそこのあなた。
付き合わせてごめんね!笑
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。