FC2ブログ

さやべぇ。

Twitterではご報告済みですが
さやちゃん、避妊手術と乳腺腫瘍の手術が終わりました。
それと同時に胃切開も・・・。

昨年12月に保護して、手術ができる状態になるまで7ヶ月かかりました。
「ついに、このときがきたのかしらね!」

皮膚はずいぶん良くなりましたが
分離不安と異食症に悩んでいます。
安定剤を飲んでいるので、お留守番は少しずつ出来るようになってきています。
血だらけで待っていることもなくなりました。

どっちかというと、問題は異食症。

先日、ポッカちゃんがテーブルから落としたボールペンをさやが食べ、口から出ていたインクとカバーを取りましたが、先の方のカバーを食べられてしまいました。
トレードのトレーニングもできていないし、口の中のものを取ろうとすれば、さやは激怒して咬みます。

すぐに病院へ行きましたが、尖っているものなので吐かせることはできないと、様子を見ることになりました。

その後、ウンチにも出て来ず、間違いなく胃の中にあるはずだったので、今回の手術の時に内視鏡検査もしてもらったところ、内視鏡では取り出せず胃切開に。
出て来たのがコレです↓
20190716192942704.jpeg

3日間は絶食とのことで、入院も3泊に。

この食欲異常のさやを3日絶食・・・!?
胃切開ってそんなに絶食必要だった???
聞いた時ものすごく不安になりましたが、時すでに遅し。

退院後、異常さは増し、コンセントを食べ始め、今まで以上に目が離せなくなりました。
「なんでもおいしくいただくタイプ、かしらね!」
201907132359119c6.jpeg

手術から1週間後、私が朝ごはんを食べているちょっとの隙にビニール袋をくわえている・・・
取ろうとしたけど無理。
すぐに病院へ行って催吐処置をしてもらいました。
無事に吐いて一安心・・・。

もうこのあたりでお姉ちゃんの胃が病むのは言うまでもない。
「おなかすいちゃった・・かしらね・・・」
20190713235751d6f.jpeg

家を更に片づけるために、マリコにさやをお願いしてゴミ箱の高さを上げたり、コンセントのあるものをさやが生活しない階に持って行ったり、やってみました。

でもどんなにやっても、生活する中で絶対にまた何かを食べてしまうことがある気がする。

ケージにもだいぶ慣れたけど、長時間はまだ無理。
無理させれば自分自身を攻撃してしまう。

今マズルガードを検討しているんだけど・・・マズルガードなんて意地でも取る気がするし目を離した時に取って食べたりしないか心配です。

どうしたら・・・いいかなぁ・・・

「どうしたらいいかしらね!」
20190713235938510.jpeg
ね。笑

本犬はいたって元気でポジティブで我が道を進み続けております。
マリコの家に突然預けても、すぐにお気に入りのベッドでお昼寝。
週末の預かりさん宅でもそうです。
帰ってきてから分離不安が酷くなるとかも全くない。

なんとか里子に出してあげたいんだけど・・・・
どうですか、皆さん・・・
留守の少ないおうちの皆さん・・・笑

乳腺腫瘍の病理結果は良性。
アレルギー以外はいたって健康なはず。

里子に行けるはずなんだけどなぁ。

どうしたらいいかなぁ。。。


人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


201907132358105b3.jpeg

このままの生活でお姉ちゃんの神経、持つかしらね!笑



スポンサーサイト



メロの正式譲渡。

ジークが予定通り、看護師さんのお宅へトライアルに。

ジークの毛は数日で毛玉になりまくるので
ブラッシングしてお腹側を剃り、カラーで擦れるところをカットして、これで看護師さんちょっと楽に違いない!
と思ったんだどさ、
オカッパみたいになってんじゃん。。。
20190705202100823.jpeg
ワカメちゃんかよ。。。

トライアル、うまくいきますように。

そして昨年8月から終生預かりさん宅で暮しているメロ(またの名をちんちん王子)の正式譲渡が決定しました!
「とっくにそのつもりだったれしゅ。」
20190705202555c80.jpeg
だよね。笑

1年前に「脳腫瘍の可能性が高い」と言われ
その後、悪性の肥満細胞腫の手術をしたメロ。
もしも再発するようだったら、もしも脳腫瘍なら、
長くは生きられないと思っていました。

性格はひとりっ子向き。

メロをひとりっ子で引き受けてくれたのが
マリコの同僚ナオコさんです。
ナオコさん自身に何かあった時、お姉ちゃんに託せるようにと、
今後の治療を相談しながら決めたいので
「終生預かり」という選択をされました。
(預かりじゃなくてもそこは引き受けるよ。笑)
20190704222602ffb.jpeg
通常、終生預かりだとLuckyStarが医療費を負担するのですが
ナオコさんは「一緒に暮らさせてもらってるんだから当たり前」と医療費を支払い
「お金とらないなんておかしい」と言ってトリミング代まで払ってくれてたんです。

もはや預かりでもなんでもないよね。笑

そして先日トリミングの時に
「めっちゃん健康体だし、正式にうちの子に」とお申し出をいただきました。

あれから、メロは何度か後ろ足が浮腫んで
検査も色々してもらいましたが原因はわからず
検査上は「健康体」。
肥満細胞腫の再発もなく
脳腫瘍の疑いも低くなり
元気にしています。
気になることと言えば、寝ている時に急に怒り出すことくらい・・・
20190704222553258.jpeg
もうね、ナオコさんの溺愛ぶりときたらね、
これはもう絶対に離れられないよねって思うから。笑

メロが家で待っているので
仕事終わった数分後には職場にいないってマリコから聞いてました。

メロもナオコさんが大好きで
出かけようとすると、キュンキュン鳴きながらカバンに入ろうとしてみたり。
ものすごくナオコさんの声を聞いています。

いっちょ前にナオコさんに駆け引きしたり
小さな頭を使って気をひこうとしてるみたいです。笑
健気。。。
20190704222541aa9.jpeg

このまま元気で
1日でも長く大好きなナオコさんと一緒にいられますように!

ナオコさん、ありがとうございます!


人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

会いたいあの子。

自分自身の保護をストップすると決めて、
今のところ守っているわけですが(笑)

基本的に放っておけない人間だから保護ボラをやっているところもあるので、保健所情報を見れば気になるのに引き取れないもどかしさや無力さが一番つらい。
引き取らなければ体は楽だけど、引き取った方が心は楽。

そんな感じです。

先日、保健所に下半身麻痺と説明が書かれたMix犬が収容されました。
障がいを理由に捨てられたに違いなく
もちろん気になった。
でも今の自分では、思うように手をかけられない。
寂しい思いをさせるだけ。
自分もつらくなるだけ。
「見ない見ない。見ちゃだめ。」そう言い聞かせているうちに
どこかの誰かが引き取ってくれた。

と思ったらすぐに、支援者さんから「引き取りました」とご連絡が!


その日のうちに病院に行って、結果をご連絡いただいて
褥瘡のひどさや、感染のことを知りました。
痛いだろうに、何をされても我慢していたと。

メールには「褥瘡のことを相談したい」と書かれていて、
きっと不安なのだと思いました。
それはきっと、褥瘡のことだけじゃないと思いました。

だから会いに行きたいとお願いしたら
「本当は見てほしいと思ってました」ってお返事をくださいました。
2019070120330404f.jpeg

この方は、先日大事なわんちゃん達を立て続けに亡くされています。
とても大切にされていたことは、毎月送ってくださる書留に同封されたお手紙から伝わっていました。

だからお姉ちゃんは、「この方はハンディのある子のお世話も何の心配もない。絶対にしっかり介護できる方だ」とはっきり思っていました。
行ったところで、役に立てることあるかなぁ??
病院でアドバイスをもらって、その通りに出来ているなら、必要ないかなぁ??
って思いました。
それでも会いに行ったのは
「お姉ちゃん」に会って、引きとった子の状態を見るだけで、少しだけ「安心」出来る方もいらっしゃるのだと知ったからです。
すごい人でもなんでもないのに不思議なんだけど
多分、役に立たなくてもいいんです。笑
20190701203315f65.jpeg

保健所情報を見ていたので「下半身麻痺の元気な中型犬」だと思って会いに行った。
この子を見て、お話を聞いて、そうではないことを知った。

今は前足も麻痺してきています。
後ろを支えても自力で歩くことはできない。

出会って間もないお母さんを
しっかり目で追って、甘えている姿が健気で、
ここがおうちだって、お母さんがいてくれるって
ちゃんとわかっている。

お姉ちゃんが帰ったあと、病院へ行って、
「大学病院で画像検査を受けることにした」とご連絡が。

どうかどうかどうか
進行性のものじゃありませんように。
どうかどうかどうか
治療のできるものでありますように。

健康の神様、頼むぞ!
この子に、この場所で、この家族と生きられる未来を。

元気なこの子に、また会いに行くんだ。
201907012033467ab.jpeg


人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


ジュリの時にガーゼやテープをご支援していただいた皆様に、ご報告させてください。
ジュリが亡くなったあと、残ったものを「きっとまた来る腫瘍やケガの子に」としまってありました。
それを今回、この子に使ってもらいたく、お譲りしました。
うちに急きょ、ガーゼなどが必要な子が来た時に困らないように、少しだけ残してあります。
薫子さまの時に作ってもらったドーナツクッションも。
ご支援でいただいたものなのに、事後報告でごめんなさい。
20190701203335142.jpeg
前肢用のハーネスも必要だと思ったので
すぐにひとつ送らせていただきます。
これは、「介護が必要だったうちの子が使っていました。」といただいた物のひとつです。
私の物資に関しての考えは
いつか来るかもしれない誰かのために、うちに眠らせておくのではなく、その時必要な子に使ってもらいたいと思っています。
個人ボラさんでも、保健所から引き取った方でも、必要な子がいたら譲ります。
今後、ご支援いただく際にそこをご理解いただけますと幸いです。

かわいいお顔。

さやちゃん、その後皮膚は順調です。
問題は今後の維持。

病院の先生の治療と、スキンケア、食事、
環境、精神面と、トータルでサポートしていかなければなりません。
お姉ちゃんの知識ではぜんぜん足りないので
さきほど皮膚の某プロにお電話でご相談させていただきました。

超絶多忙の中、きっとたくさんの相談依頼があって
そのほとんどをお断りせざるを得ない中、
シャンプーの使用法やパッチテストの方法、
何のアレルギーの可能性が高いのかを推測して色んなことを教えていただきました。

ほんっとに有り難い。
20190422122235cca.jpeg

そして明日は小次郎のことも含め、またきっくんにお電話させていただくことになっています。
どこまでも甘える。笑

今まで皮膚の悪い子達を
必死にケアしてきた。
病院ではお薬を処方してもらったり検査してもらったり
治療を受けて、もちろん助けてもらってきたけれど
スキンケアに関しては、本気で相談できる人なんていなかった。

自分の感覚で、シャンプーや保湿剤を選び、
間違いを繰り返して
そのたびに犬に謝って

でも続けないといけなくて・・・
全部の仕事が終わってから夜11時12時に疲れ果てながらシャンプーすることも多々。

だから保護する子達の中でも
一番キツイのが皮膚病の子だった。

20190423145353974.jpeg
イチから説明しなくても
経過と現状を元に、
彼らが持っている知識と経験が
さやに出来ることを、選択肢を増やしていく。

こんなに心強いことはありません。

昨日、こんなに可愛いお顔が撮れました↓


さやに関わってくれる
皆さんに感謝します。

それから、私にたっくさんのことを教えてくれる
保護っ子たちに
出会ってくれて、ありがとう。

人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

さやのこと。

今日はさやのことを。
昨年12月7日保護時↓
201812131935065cf.jpeg
ひと月後↓
201904182156414e2.jpeg

20190206202635e91.jpeg

2月5日~3月21日まで預かりさん宅へ。

お姉ちゃんの判断ミスで皮膚が悪化したことは先日お伝えした通りです。
201904182139195e1.jpeg

ヌルヌルしているところもあって
明らかに感染を起こしていると思いました。

保湿剤に入っていた米由来のセラミドに反応している可能性も考えて、ケア用品を変え、
ヌルヌルのところはサージカルスクラブという強めの薬用を使いながら5日間スキンケアを続けて病院へ行きました。

小田原のペットケアサロンARIAの菊地さん(通称きっくん)が
再び相談に乗ってくれて、
とっても心強かった。

病院での検査の結果、「菌が出ていない」。
細菌もマラセチアも。
スキンケア頑張って、落ち着いた頃に基礎疾患を洗い直してみましょうかって感じでなすすべなし。

そんなばかな・・・。

こんなに臭いもキツく、明らかに炎症を起こしているのに。。。

希望していたアレルギー検査は
「金額の割にあまり役に立たない」と・・・。

とにかく痒みが強いのだけど
その掻き方がなんというか
スイッチが入ったら皮膚がどうなろうと止まらない。

カラーをしていても
後ろ足で前足の裏側を書いて血だらけ。
20190418213715f6e.jpeg

鼻が届く手足やシッポが毎日血だらけ。
目を離した3分の間に。
あっという間に。

さやの痒がり方を見ていると心因性を疑わずにはいられなかった。
だけどそれだけでここまでひどくなるとも思えない。

菊地さんのご意見を伺って
フードを変えたりサプリを追加したりしながら
お電話で相談した時に「心因性」ということを考えてくださった2軒目の病院へ。
20190418213047727.jpeg
やっぱり菌は出ていないと。
でもマラセチアは数が少なくても
影響しているかもしれないので
試験的に抗真菌剤を飲ませてみましょうと。
2週間、マラセブシャンプーで洗浄しながら
皮脂をしっかりとってから再検査したいと。
アレルギー検査は「今やってもドツボにハマるだけ」とのことで
2軒目もなし。
心因性については・・・・・・
まずは原発性脂漏症の治療をとのこと。
20190418213449252.jpeg
お姉ちゃんの嫌いなマラセブシャンプー。
きちんと使えばもちろん効果があるものですが
マラセブシャンプーだけで皮脂を落とすことはできない。

数が少なくても悪さしてるかもしれないという先生の考えに沿って
ひとまずやってみることに。

シャンプー翌日、掻きむりが悪化。
首も手足も血だらけに。
201904182135564fb.jpeg

それでも保湿しながら3回は続けた。

それ以上は無理だった。

このままでは皮膚の感染で死んでしまうのではと不安になった。

菊地さんのところのトリマーMさんが
ちょうど行動学×皮膚のセミナーを受けたばかりとのことで
色々教えてくれて

聞けば聞くほど
考えれば考えるほど
やはりストレス性なのではという結論に。

行動学の病院に行こうか
皮膚科に行こうか・・・

そう思っていた時に
以前たろうさんを連れて行ってみようと思っていた皮膚科診療に力をいれている病院のHPを見てみたら、東京の皮膚科と連携していると書いてあった。
その皮膚科はFacebookでお姉ちゃんがオンラインサロンの会員になって勉強しているところだった。
これは・・・いやでも問題行動が優先・・・?
皮膚?行動学どっち!?ってなっていたら
Mさんがそこ行ってダメなら行動学の病院でもいいかもって言ってくれて速攻予約した。

それが4/13。
ひと目みて 「感染起こしている。絶対に菌は出ている」と言われて心底ほっとしました。

さやが夜はちゃんと眠れること
抱っこしている時は掻かないこと
痒み止めが効かないこと
1日に何度か突然掻き始めたら止まらないことなどを考えて心因性を疑っているとお伝えしたところ

外に捨てられていた背景や
元々の状態を考えると、まずストレスが関係しているのは間違いないとのお答え。

紙にいくつかの治療方針を書いてくださって
まずは火事をおこしている体の鎮火が必要不可欠で
それと同時に、抗ヒスタミン剤で精神面に効果が出るか見てみることに。
それでだめなら安定剤。

我が家で耐性菌が問題になっていて
環境から抗生剤をできるだけ排除するように言われているんだけど

今使わずにいつ使うんだ抗生剤!

ということで2週間効くコンベニアにステロイドを混ぜてうってもらって
毎日全身に塗る外用薬と
マラセブよりマイルドだというシャンプーを出してもらいました。

もうね、翌日にはこのスタンダードな治療がどれだけさやに必要だったかを理解した。
一気に赤身はひき、
日に日に掻く頻度は減り
昨日からカラーもはずして過ごしています。
201904182136104e1.jpeg
手足を舐め始めても、声をかけるとさやに届く。

貧血の数値が悪化していたのが心配なので
再診のときにまたチェックしてもらいます。

皮膚のことだけじゃなくて
精神面のフォローも考えてくださる病院に出会えて
めっちゃ嬉しかった。

さやが自分を傷つけているのは
元々のアレルギーの痒みはあるけれど
人間でいえばリストカットの心理状態。
やっている間は、どこまで痛みを感じているのかわからないと。

異常な食欲の子は、こういうトラブルを抱えている子が多いと。

お姉ちゃんは真っ先にたろうさんを思い出した。
チックまで出ていたたろうさん。
IMG_5835_convert_20151204221411.jpg

きっともっともっと心のケアが必要だったのだ。
それこそ行動学の先生の元を訪れるべきだったのだ。
どんなに謝っても、たろさんはもういない。
20180519_073712000_iOS_convert_20180519210045.jpg

考えていたら帰り道に泣いてしまった。

20190418211945f3c.jpeg

さやのストレスの元が、預かりさん宅にあったわけじゃない。
我が家にあるとも限らない。もちろん「抱っこが少ない」とかはあると思うけれど。

見ている限り、
預かりさん宅で甘えられるようになって
たくさん抱っこしてもらえるようになって
預かりさんが大好きで

その感情が大きくなったと同時に
さやが心の中に抱えてきた
さみしさや不安感が
溢れだしたんじゃないかとお姉ちゃんは思っている。

これはあくまでも、素人の考えだけど
そう考えると一番腑に落ちる。

実はネグレクトでもされていたんだろうか。
外に放り出されたことが心に深く刺さっているんだろうか。

さやって、環境の変化にそんなに動じているようには見えないんです。
すぐにお気に入りの場所を見つけて
甘えて。
目が見えないなんて信じられないくらい。

だから、環境が変わっても甘えられる方がさやにとっていいんじゃないかと思っていました。

甘かった。

今まで保護っ子たちに思ってきた
心の不安定感。分離不安率の高さ。
さやをきっかけに色んなことが理解できました。

行動学の方面からも治療が必要なケースが多々ある。
行動学で頼れる先生を探してみようと思っています。

今回お世話になった皮膚の先生は
保護活動の事情を考慮して、料金を安くしてくださいました。
ここまで重症の子を治せるようになるのは
自分にとっても良いことだから
来てもらえると有り難いと。。。

有り難すぎて拝みたくなった。

先生!うち!こんなん結構来ますけど!
ってお伝えしておきました。笑

ほっぺにも目の周りにも毛が生え始めて
今後は確実に良くなります。
それを維持できるかどうかが問題。
里親募集ができるかどうかが一番悩ましいところですが
それについては・・・皮膚が落ち着いてから、心の状態を考えつつ、決めたいと思います。
20190418214002ad1.jpeg

栄養学でのサポート方法を教えてくれるきっくん先生、
いつもありがとうございます!


人気ブログランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

きっくん先生の北海道セミナーは8月25日です。
飼い主さん向けのフードセミナーです。
グレインフリーって本当に良いのかとか、
うちの子に合ったゴハン選びとか
手作り食のメリットデメリットとか
栄養学や実例紹介などなど盛りだくさんで
9時半~16時半くらいまでの長時間の予定なのですが
早々お呼びできないので、興味のある方はぜひ!
近々募集を開始します。内容もお知らせします。
定員は会場の広さ勘違いしてて(笑)27名くらいです。

楽しみです!
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。