FC2ブログ

フレンチブルドッグの男の子 里親募集中。

今日は知人の依頼を受けて
代理で里親さん募集中の子をご紹介します。


フレンチブルドッグ、1歳半の男の子(未去勢)です。
ちまっ。
201903111900018e6.jpeg
体重3.05kg。
フレブルにしてはあり得ないくらいの体重です。

ストレスの多い生活だったため、
自分のおちんちんを噛んでしまい、壊死したため、オシッコは垂れ流し。

生まれつきの脱肛があり、治療で見た目は治っていますがウンチの切れが悪く、排便コントロールができないようです。
しっかり運動していけば、もしかしたら筋肉がついて排便のコントロールも可能になるかもしれませんが、確実ではありません。

社会性が全く身についていないため、
人との暮らしやお散歩も、犬同士の関係もすべてこれから教えていく必要があります。

手足の黒ずみは
糞尿の汚れが染みついたものです。
201903111901054e7.jpeg
この子がどんな暮らしを強いられてきたのか、容易に想像がつくかと思います。

排泄に関して障害があり、
社会性も乏しいので
引き取るにはかなりの覚悟が必要になります。

まだ若いこの子に
根気よく向き合い、
犬らしい暮らしをさせてくださる方を探しています。

20190311193006552.jpeg
少ない情報で申し訳ないのですが
私はこれ以上の情報を持っていません。

お問合せ先は

ククー動物病院(札幌)
TEL:011-831-1599 まで
お願いいたします。

この子が1日も早く、家族の一員として暮らせる日がきますように。

北海道にお住いの皆さま
周りにブヒ党員の方がいらっしゃいましたら
お声かけしていただけると助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。


人気ブログランキング




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
書いてるだけで
泣きそう。
スポンサーサイト

さやちゃん旭川へ。

いやーお元気ですか皆様。
ちょっと間あいちゃってごめんなさい。
何書いてもどっかから批判されるもんだから
すっかり書く気失せちゃって大変。笑

今日はさやが預かりさんのお宅へ移動したのでご報告を。
ついにお鼻の上も毛が生えて
20190206202759752.jpeg
見た目もワイヤーフォックステリアらしくなって

良い!

のだけど。

体がまだ飢餓状態から抜けません。
アルブミンも低値。
これが回復しないと、乳腺腫瘍の手術もできない。

ということで、
旭川のつくし母さんのところへデブエット合宿に行きました。笑

さやって、他の子に危害を加えることもないし
マイペースで我が道を行くタイプ。
多頭生活も問題ないのですが、唯一、食べるものに対しての異常な執念が、この子にとって多頭生活どうかな・・・って思うところ。

うちみたいに、みんなで暮していれば
ゴハンを食べるとき、他の子のを奪いにいくので
ケージに入ってもらうのですが
ケージの扉を破壊して出てきます。
1日に何度も食べなければならない子もいる。
そのたびにギラギラする。
201902062027333a7.jpeg
食糞もするし
ポッカ大王がテーブルの上のものを落としたら即食べる。
せっかくフードに気をつけても、そうやって予期せず食べたものがアレルゲンだったりする。

ひとりっ子だったら、ケージに入ってゴハンを食べなくてもいいのに。
食事の管理もしっかりできるのに。
言い訳であることもわかった上で、そう思ってました。

ひとりっ子で最高の環境・・・
つーちゃんち・・・
ってすぐに思いました。

つーちゃんのお母さん、もう犬は飼わないと決めてるっておっしゃってたので・・・
1か月の預かりならどうですか大丈夫ですよね、ね、ってごり押し。笑
20190206202610130.jpeg

さやは性格的に
環境の変化に強い。
あまり動じない。
着いて間もなく、この通り↓
20190206202520d16.jpeg
でもね、ストレスが全くないなんてことはあり得ない。
これはどの子も同じ。
だからこそ、我が家よりも絶対的に環境が良く、その子にとって合うと思うおうちにお願いしたいんです。
頭数を減らしてお姉ちゃんが楽したいだけなら、環境は選ばない。

さやが変なもの食べないように、
毎日、とても神経を使っていました。
すごく気を付けているつもりでも、我が家ではちょっと限界があった。
近頃は色んなこと、ひとりで抱えていっぱいになっていました。

つーちゃんちに着いてすぐ
つー母さんが、
「さやちゃんが来るから、ゴミ箱ここにしたから」って。
20190206205709fec.jpeg
これを見た時、
良かった・・さやをここに連れて来られてって思った。
なんかプレッシャーから解放された。
抱っこもたくさんしてもらえる。
「ここにいたらいいものもらえるかしらね」
20190206202549c7b.jpeg
まずはひと月。
飢餓状態から抜け出すべく、
小田原のペットケアサロンの きっくん先生に栄養学に基づいたアドバイスを頂きました。
それをつーちゃん母さんに伝えて実行してもらう。

体重が増えたら、血液検査をして数値を見て
正常値になった段階で乳腺腫瘍の手術。
それを病理検査に出して
結果を見て里親さんを募集する。

そんな予定です。
201902062028383ba.jpeg
つくし母さんのところで初めての夜
さやは母さんのおなかの上でぐぅぐぅ眠って
朝起きたら顔をベロンベロン舐めて
通常運転です。笑

本当に素晴らしい子。
「かあさん、そこになにかおいしいものないかしらね」
20190206202534a40.jpeg
きっとみんな「そのままつー母さんに・・・もらわれて・・」って思ってると思う。
わかるよ。笑
そうなったらどんなにいいかって思うもん。

つー母さん、健康に不安があって、
本当は先代のラブちゃんを看取ったときに
もう飼わないって決めていたんです。
でもつーちゃんを引き取ってくれた。
何かあったら、後見人のお姉ちゃんに戻すんだって思って。
でもね、あまりにもつーちゃんとの暮らしが楽しくて幸せで
もし自分に何かあった時、
その生活を手放すのかと思うと
とても怖かったそうです。

つーちゃんとお別れしたあと、
ペットロスになっていて、きっと今も脱してはいません。

それでも、さやを預かってくれます。
それはきっと、「お姉ちゃんのため」です。

つくしを引き取ってくれたときもそう。
クロ美とつくしがケンカするので
お姉ちゃんが神経すり減っているんじゃないかって
つくしを「うちに」って言ってくれました。

そのお陰で、つーちゃんは最っ高の犬生を送ることができました。

そんなつくし母さんのもとに、さやを預けられたこと
本当にラッキーだと思っています。
さやには毎日愛されて、おいしいもの食べて過ごしてほしいんです。

さやが戻ってくるまでに、お姉ちゃんも色々気持ちを整理して余裕を作りたいと思っています。

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

わしがまなんだこと。1ねん2くみ こじろう。

わしが まなんだこと。

        1ねん2くみ  こじろう

わしは こじろう。
どうぶつかんりせんたぁ ということころですごしておった。
そこにいったのは、わしのだいじな ごしゅじんが しんでしまったからじゃ。
しんせきには だぁれもわしとくらしてくれるひと おらんかった。

わし、せんたぁというところで ずっとまっとった。
だれかいっしょにくらしてくれるひと。
まっているあいだに、しょくいんさんをかんだりしてしもうた。
からだがかゆくて かゆくてかゆくて いらいらしとったんじゃもん。
さみしくてさみしくて、どうしようもなかったんじゃもん。
もふもふしたもので さみしいきもちをどうにかしようとおもった。
ごしゅじんさまを おもいだして、よくねむれたんじゃ。
そうしたらもふもふしたものが
とてもだいじになった。
それをとられるとおもうと、またかんでしもうた。
そしてもふもふは もらえなくなってしもうた。
わしのおへや、なんにもなくなった。

ごはんも、だいじじゃので
とられるとおもうと おこってしもうた。

ひふびょうで
かむいぬ
だからだれも わしとくらしてくれるひと おらんかった。
1ねんかん。

しょんぼり
からだ ぼりぼり

ぼりぼりぼりぼり

からだ、いたくなってしもうた。

わし だめないぬ なんじゃろうか。
わしのごしゅじん、たくさんおしえてくれたんじゃ。
おすわりだって、おてだって、ちゃんとしっとる。
でもだれもわしを おりこうさんっていってくれないんじゃ。
わし、だめないぬ なんじゃろうか。

あるひ、せんたぁに、おねっさんというひとがきて
わしをひとめみて
「あんたもう げんかいでしょ」っていいおった。

なにやらしょくいんさんと はなしておる。

みっつくらい ねむったあとだったじゃろうか。
おねっさんというひとがまたきた。

そのひはおねっさんとわし、
おりをはさんで ふたりきりじゃった。
おねっさんわしに なにやらこしょこしょはなしかけとった。
わし、おみみがとおいので、こにょこにょとしかきこえんかった。
でもなんでか わかったようなきがしたんじゃ。

それからまたなんかいかねむったあと
こんどはおねっさんが わしとおさんぽしたいと やってきた。
わし じょうずにあるいてみせたんじゃ。

うれしかったので
わしとってもうれしかったので
おりのなかにもどったあと
どあがすこぅし あしていたので
もういちどでようとおもったら
しょくいんさんのあしがでてきて
わし、かんでしもうた。

しょくいんさんも、おねっさんも
おこらなかった。

しょくいんさんは なにやらいっしょうけんめい
おねっさんにせつめいしておった。
わしのすきな やさしいしょくいんさんじゃ。

それからまた、なんかいかねむったら
おねっさんがあらわれた。
わし、うれしくてとびはねたんじゃ。
だって、しっとったんじゃもん。
きょう、おねっさんがむかえにくること
なんでか しっとったんじゃもん。

おねっさんのおうちにいってから、わし
たくさんまなんだんじゃ。

もふもふには いきているのと、いきていないのがおる。
いきているもふもふは かんじゃだめ。
いきていないもふもふは どんなにかんでもいい。
たっくさん!わしのまわりに いきていないもふもふがたっくさんじゃ!
いきていないもふもふと いっしょにねんねもできるんじゃ。
いきているもふもふとくらすのは れんしゅうちゅうじゃよ。
これはぽっかちゃん、というもふもふじゃ。かんじゃだめ。
20190126170616862.jpeg

それから、おでかけは ぶぅぶ にのる。
ぶぅぶにのったら、さわいではいけないんじゃ。
おそとをみながら、しずかにたのしむんじゃ。
ほんとうは ちいさなはこに はいっていなければいけないんじゃって。
でもわし、ちいさなはこが だいきらい。
はこに はいらないと あぶないからと
せなかは どこぞにつながれておる。
はこにはいるのは、れんしゅうちゅうじゃ。
2019012617040749f.jpeg

それから おさんぽは、ひとりじゃないこと。
わしずっと、おさんぽはひとりかってに あるいておった。
でもあるひ、おねっさんとはぐれていないか、しんぱいになったんじゃ。
わしのごしゅじんみたいに、あえなくなったらこまるんじゃ。
だからちゃんとまつことにした。
まつと おねっさん「てんさい」ってほめおる。
201901261703506b5.jpeg

ほかにもいろいろある。
ごはんは とられても こまらないこと。
わしがまちがえても ぜったいにおこられないこと。
おふろは じょうずにはいること。

きがつけば からだあんまり ぼりぼりしなくてよくなった。
まいにち、おさんぽとぶぅぶとだっこ。
わし、ずっとずっとこうしたかったんじゃ。
20190126170520df2.jpeg
ここにきたひから、このくらしをなくすのが こわくなった。
だからおねっさんのすがたが みえなくなると
ふあんでおおきなこえでよんでしまうんじゃ。
だってまたごしゅじんみたいに、いなくなったら
またここにおられなくなったら
わし かなしいんじゃもん。
20190126170640985.jpeg

あんまりわしがおおきなこえをだすので
おねっさん、おとなりさんに おいしいぱんをもって
あやまりにいっとった。
そうしたらおとなりさん
「だいじょうぶですよ、いぬはほえるものですから」っていったんじゃって。
わらっていったんじゃって。
201901261708064f2.jpeg

このまえわし、おねっさんのおともだちを
たくさんかんでしもうたんじゃ。
わしがあまえているのに
しずという つぶれがおのやつが わりこんできたので
おこってとびつこうとしたのを おねっさんのおともだちがとめたので わしむちゅうになってかんでしもうた。
おねっさんまたたくさんあやまっとった。
かなしいかお、しとった。
まちがえたのは、わしじゃなくて おねっさんだっていっとった。
おともだち、じぶんのふちゅういだからって、おこらなかった。

わしとのくらしは、なかなかのもんじゃっておねっさんいいおる。
でもまいにちわらっとる。
わしのこと、おりこうさんっていいおる。
わしちょっとだけ、じしんをもてるようになってきた。
20190126171117986.jpeg
おねっさんのわらったかお みたいのでわし
おりこうさんを もっとおぼえようとおもっとる。
だってわし、てんさいじゃから。
201901261708562ad.jpeg
ここだけのはなしじゃが
わし、おねっさんに ほのじじゃ。
ないしょじゃよ。


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

小次郎を引き取ってちょうどひと月。

小次郎の気持ちをいっぱい想像して、
ほんの少しだけ、わかるような気がして書いた
お姉ちゃんの妄想のおはなし。

小次郎は、ひとりっ子がいいんじゃないかなぁって思っています。
うちにいるということは、みんなのなかのひとりということ。
知らない人に会っても、ものすごくフレンドリーな小次郎だから、可能性はゼロじゃないんじゃないかと思うんです。
ひとりっ子の日常生活の中で、接し方を間違えなければ咬むことはまずない。と思う。
ただ、それが小次郎のメンタルにとってどうなのか、里親募集をどうするべきか、一度トレーナーさんにも見てもらおうと考えています。

お姉ちゃんのことが好きすぎて、里子に出すって知ったら署名運動とかしそうな勢いの小次郎。笑
お姉ちゃんの気持ちはねぇ、引き取ると決めた時からもちろん、小次郎の介護をする気でいます。

どうするのが小次郎にとって満たされる毎日になるのか、他の方のご意見を聞いてしっかり考えたいのです。

咬んでしまったお友達は、医療費も受け取らず、「骨に異常はないから大丈夫大丈夫」って言ってくれました。
でも、それで「あぁよかった」なんて全く思えないので、
今後は咬まなくていい環境を徹底することと、保険に入ることにしました。
うちの子が、他の人をケガさせたときに使える保険。
畜犬登録をしていて、狂犬病の予防接種を受けている子に限ります。
使う日が来ないのが一番。
でも、身近なひとたちはもしケガをしても、きっとだれもお姉ちゃんやうちの子達を責めません。
謝って済んでしまうからこそ、きちんとしておかなければいけないなと思いました。
お姉ちゃんの負担を心配させることなく、保障されているものを受け取ってもらう。

小次郎は今、うちの子だから。
20190126170724d4e.jpeg
長くなっちゃってごめんなさい。
みなさん、一緒に見守っていただけると嬉しいです。

しずちゃん、ピーちゃん譲渡決定。

「だっこだっこだっこだっこ」

っていうしずちゃんに、もうちょっとだからね、もうちょっとで抱っこいっぱいしてもらえるからねって伝えるのも もうおしまい。
本日、しずちゃんのお届けに行ってきました

ちょこん。
20190128204840eb0.jpeg
大好きなお布団もある。
20190128205148136.jpeg
しずちゃん、正式譲渡になりました。

以前飼っていた子が、黒白のシーズーで
もう一度シーズーと暮らしたいと探していた時に
しずちゃんを見つけたそうです。
一度はご縁がないと諦めていたしずちゃんに
ようやく会えたと。
「可愛い可愛い、今日からここにいてください」

そんな言葉を嬉しそうにしずちゃんに伝えていらっしゃいました

ご家族のサポート体制もバッチリ。
甲状腺機能低下症の診断が出たので
早速31日にお薬をもらいに病院に行ってくださるそうです。

大人しくてほんっとにイイコちゃんのしずちゃん。
沢山抱っこしてもらって、1日でも長く、満たされた日々を送れますように。

里親さま、ありがとうございます!
20190128205549482.jpeg

そして今日はもうひとり、嬉しいご報告が。
「ピーここにいる。おとうさんもおかあさんもすき。だいすき。」
2019012820530738f.jpeg
トライアル中だったピーちゃん、正式譲渡が決定しました
ほんっとに嬉しいです。

ピーちゃんは、エイズ発症している可能性があります。
その可能性は低くないと思っていること、もし発症していたら1年生きられないかもしれないこと、トライアル中にも再度お伝えしていました。
20190128205247d33.jpeg

撫でられるのが大好きで、お腹を出してゴロンゴロン。
人のそばにいることが、この子が満たされること。

例え短命の可能性があったとしても
闘病の日々があったとしても
やっぱり満たされた毎日を送らせてあげたい。

だからこそ、その暮らしができる望みを託して、お願いしたご夫婦です。
20190128205229e38.jpeg
甘えたくていつも近くにいすぎて写真がうまく撮れないとおっしゃっていました。笑

神様仏様猫神様
どうかどうか、ピーちゃんにこれからもずっとずっとこの毎日を送らせてあげてください。

エイズを発症なんて
絶対にしていませんように。

里親さま、ピーちゃんを子供にしてくださって、本当にありがとうございます。


しずちゃん、ピーちゃんを応援してくださった皆様、
里親募集の拡散にご協力いただきました皆様、
ありがとうございました!

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

みんな望まれて家族に迎えられたはずなのに
どうして捨てられる子が後を絶たないんだろう。
どこでダイジじゃなくなるんだろう。

みんなずっと、誰かのダイジダイジでいてほしい。

新入りわんこ、しずちゃん。

募集させていただいていたカットモデルはお陰様で一晩で決まりました。
お申し出を頂いた皆様ありがとうございました!
これ以上は自分の生活費が危ういので(ほんとに)
締め切らせていただきました。
お断りする場合もすべてお返事させていただきましたが
一名、メールがエラーで戻ってきてしまいました。
苫小牧保健所から来たワンちゃんと書かれていました。
メールでお返事ができなくてごめんなさい。

14歳オーバーの持病持ちの子で複数件お申し出いただきましたが
練習に付き合ってもらうわけにはいきません。
持病がある場合は、通常の何倍も神経を使います。
ご希望の方は通常のご予約を頂けますと嬉しいです。

さて、昨日、室蘭保健所から新入りさんがやってきました。

これ濡らしてないんですよ。笑
毛がうっすくてオイリー。
20190123214626d4f.jpeg

12月31日に迷子で収容されたしずちゃん。
保健所のHPには「おしず」って書かれていました。
(もしやシーズーのおシズか)
気になりつつも、うちは定員いっぱい。
可愛い子なので一般譲渡を待っていました。
一件お見合い希望はあるものの、日程が未定で
角膜炎が酷くて、擦ってしまっているので
できれば早めに引き取ってほしいというお話で
シャンプーがんばってくれる預かりボラさん急募ってTwitterで呟いたら
「頑張れるよ!」って連絡が。マリコから。笑
まじか!ってことで行くことに決めました。マリコが。笑

貴重な休みを、ラーメン一杯のために室蘭まで走るマリコ。
もちろん相棒おむすびと共に。

20190123214446066.jpeg
うちで引き取りを決めた直後、
フォロワーさんからDMが来ました。

室蘭のしずちゃん、譲渡決まったと保健所から連絡をもらったと。
実は先週お母さんとふたりで会いに行こうとしたんだけど
お天気が悪くて高速バスが札幌から出られず
途中下車したと。

なんですと?
保健所から聞いていた「お見合い希望」というのは・・・
あなたでしたか!!笑
その決まった譲渡って・・・
うちなんですけどー!!

20190123214403494.jpeg
こちらから聞く前にご丁寧にご住所やお名前など教えてくださって必要なら身分証も送ります!と。
DMでお話を聞く限り、しずちゃんを迎えたい気持ちは本物。

きっと医療費が結構かかる子だと思うので、検査結果を見てからでもいいから引き続き検討してほしいとお伝えしました。

保健所からうちに連れてきてもらって
超特急でトリミングして(その間にマリコがお散歩隊員となって)
病院に行きました。

201901232144304e1.jpeg

検査結果は、若干の貧血と、ALP、コレステロールが高値、
右目のドライアイ&角膜炎と左目も角膜炎と軽度のドライアイ
乳腺腫瘍がいくつもあります。

一番疑わしい甲状腺機能低下症は検査中。
クッシングの検査ははまた日を改めて。

1日3回と5回の目薬があるので
フルタイムのマリコのところでは難しいか・・ってことになって
まずはうちに。
病院から帰ってすぐに希望者さんにお電話させていただきました。

健康状態と医療費のことや、目薬の頻度のことをお伝えしましたが
お留守番もほとんどないから目薬もさせる。
本当に引き取るつもりでいたので、どんな状態でも受け入れると。
ものすっごく前向きに検討されていて
これはもう行っちゃった方が早いのでは・・・
ということで28日に移動予定になりました。
20190123214509f8b.jpeg

保護活動をしていると、避妊去勢せずに譲渡なんてとんでもないという声が多くて、お姉ちゃんもそう思っています。
ただ、必ずしも全頭に当てはまるものではない。
全身麻酔には当然、リスクがあって
保護したばかりの健康状態の悪い子や
高齢の子はそのリスクが高くなります。
だから少しでもリスクを下げるために
手術する際はしっかり検査してもらって
栄養不良の子は体力が問題ないと判断できるくらい回復してから行います。
リスクが高いまま病気の予防のために命をかけるという選択はしません。(多頭飼育崩壊とか待ったなしの現場はまた話は別)
リスクが高いまま手術をして亡くなるのは麻酔の事故なんかじゃない。
それで死んでしまったら、何の意味もないし、保護でもない。
20190123214346557.jpeg

回復するまでに必要な時間は、それぞれです。
何か月もかかって、その間に高齢の子たちは老いがすすみ、他の病気が見つかることも。
その場合、当然ですが不妊手術で解決する病気でない限り、最優先事項が避妊去勢とはなりません。

推定13歳のしずちゃんの場合
幸運にも、こんなにしずちゃんを望むご家庭があるのだから
避妊や乳腺腫瘍の手術が出来る日を我が家で待つより
1日でも早く、預かりでもトライアルでもいいから、お留守番のない甘えられる環境に行った方が良い。

手術については、しない方がいいと判断する獣医さんもいる状態なので
もし譲渡になったら、里親さんの信頼する獣医さんの判断にお任せしてもいいと思っています。

しずちゃんが、苦痛や痛みがなく、大好きな抱っこをたくさんしてもらえる暮らしができる
それがすべてです。

ということを!
28日に詳しく!希望者さんにお話をだな!笑

「あはぁ
20190123214320874.jpeg
きっと良いご縁だと信じています。


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


希望している方がいると伝えたら
「迎えに行きがいがあるー!」と答えたマリコ。
いつもありがとう。
お陰でこんなに早く、しずちゃんが甘えられる環境に行けることになったよ。
今度ラーメンおごる。笑
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

メロ 13歳
脳腫瘍の可能性あり


でんすけ 推定12歳
エイズ発症の可能性あり

ハラくん 推定15歳
腎不全


カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
ジーク
里親さん募集予定
さや
お見合い予定あり
陽毬
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。