ヨシ&チャコ里親さん決定!

大変なことも続くときは続くけど
嬉しいことが続く時だってあるんです。

おじいに続き、ヨシ&チャコ親子の里親さんが決まりました

親子の事情は以前にもお伝えしましたが、一般家庭とは違う環境で暮していたため、娘のチャコがものすごくビビりで、外でパニックになったら逃走の危険もあるので、正直今の段階では譲渡に向かないなぁと思って諦めかけていました。
だけど、ヨシ母さんが長く生きられないこともわかっていて
母さんっ子のチャコのその後をとても心配していました。
母さんが元気なうちに、一緒に新しいお家に行くのが理想。
長く生きられない母さんと一緒に2匹、だれが引き取ってくれるというのか・・・

いたよ。いましたよ。
里親を希望してくださった貴重な方が!
先住ちゃん達が3匹いるお宅で、みんな保護犬。
この度一軒家への引っ越しと共に、親子を引き取りたいと申し出てくださいました
20180427_104238215_iOS_convert_20180503211155.jpg
きっと決まるだろうと思いながらも、念のためのトライアルをしてもらって、本日、正式譲渡の手続きが完了しました
ヨシ母さんは、終生預かりです。
実はすでに乳がんの肺転移が認められ
先生にも3ヵ月後はわからないと言われているんです。
いつもなら、その段階で環境を変えることはまずないのですが
今回は娘のチャコと一緒。
チャコの将来がかかっている。

母さん、一緒に行ってくれる?
チャコのこと、お願いね。
トライアルの前にお姉ちゃんとヨシ母さんで話し合いしました。笑

トライアル前に、家族との再会もしました。
手前はマリちゃんです。笑
20180409_051408563_iOS_convert_20180503210728.jpg

優しくてマイペースな母さん。
20180427_233402582_iOS_convert_20180503210919.jpg
ビビりで気が強くて母さん想いのチャコちゃん。
20180427_233413022_iOS_convert_20180503210651.jpg
母さんが旅立つ日が来て、寂しくなっても
人間の母さんが抱っこしてくれます。

本当に有り難い。
もうこんなに寛いでるんですよ↓
20180501_065518868_iOS_convert_20180503210824.jpg

保護してから半年、親子の絆にホッコリしっぱなしでした。
応援してくださった皆様、ありがとうございます。
そして里親Yさん、本当に本当にありがとうございます!
ふたりをよろしくお願いしますm(__)m




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

パピヨンズ続き。(下ネタ注意)

前回大事なこと書き忘れたんだけど
男の見る目のなさでいったら、お姉ちゃんも人のこと言えません。笑
昔っからほんとに色んなことがあって
警察と弁護士のお世話になったこともあるよ。しかも数年前に。
もうね、色んな人に迷惑かけて死にたくなるくらいだったんだけど
自己肯定ができるようになって自分を大事に出来るようにならない限り一生こうなんだと身に染みてわかったので
こりゃ一生独身かな。

待ってこの情報必要?
全然保護活動に関係ないじゃん。
まぁ書いちゃったからいいや。笑

あのね、「お姉ちゃんってこうなんだよ!」って男のことまで噂してる人いるはずなんだけど
そんなとこまで興味あるなら遊びにおいで。
ホントの事ともっとすごいこと教えてあげるから。笑

ということで!
前回の続き。

パピヨンさん達をご紹介します。
ひとり目、モアちゃん↓通称甘ったれちゃん。
20180312_064756693_iOS_convert_20180330205540.jpg
この子は8才で、すっごく可愛いので
すぐ里親募集だ!って思っていたのに
背中をとても痛がって、内服で全然良くならず、
なんか変。
お散歩行っても歩き方おかしい。
「おかしいけどお願いします!」っていうわけにもいかないので
今月末か来月にCT検査を予定しています。
20180226_143553606_iOS_convert_20180330205132.jpg

性格は、人に対してはものすごーく可愛い子。
甘えんぼだし、すぐお腹出してコローン。
でもテリトリー意識が強いのか、背中が痛いせいなのか
他の子が近づくと吠えかかります。
ひとりっ子向きです。
歯がボロッボロで、全抜歯になると思いますが
CT検査して、里親さんを募集できるようならすぐに募集します。
もし抜歯前に里親さんが決まることがあれば、抜歯、スケーリング費用はこちらで負担します。

ふたり目、チル↓通称さみしんぼちゃん。
20180220_054349089_iOS_convert_20180330211437.jpg
この子は15歳のおじいちゃんです。
一番の寂しがり屋さん。
診察を受けたら、水晶体レンズが外れて一生目薬が必要な状態でした。
高齢なうえに、性格を考えると、できるだけ早く甘えられる環境に移動してあげたいし
終生預かりさん宅かなぁって思っていました。

そんな時、あまりの多頭数にお姉ちゃんゲッソリしていたところに(全然痩せてないけど)
打ち合わせに来ていたポッケ&サムの里親さんが「一時的にでも預かりますよ~」なんつってその場で旦那様の了承を得て、数日後には預かってもらえることに。
我が家では満たしてあげられないことがすごく気になっていたので本当にホッとしました。
それから何度も近況をご報告していただいているうちに、ある日
「旦那さんにべったりで本当に返せないかもしれないけど大丈夫ですか」って連絡来ました。笑
そのまま譲渡です。
ラッキーだなじぃちゃん!
20180305_122119170_iOS_convert_20180403202536.jpg
里親のWさんご夫妻にはいつもお世話になりっぱなしです。
今回も白目のお姉ちゃんを助けてくれました。
いつも本っ当にありがとうございます!

そして3にん目、メロ↓通称ちんちん王子。12才。
20180319_061723953_iOS_convert_20180330211539.jpg
この子は、小さい頃からBUNの数値が高くて
病院で「去勢手術はできない」と言われたそうで
未去勢でした。
マーキングへの執着は稀に見るひどさで
自分のベッドにも飲み水にも、仲間にもオシッコかけてました。
いつでも頭の中はちんちんでいっぱい。
ずっとずっとマナーベルトをして生きて来たので
お腹の横側まで黄ばみ、小汚かったので
丸刈りにしたんです。
「すぅすぅするれしゅね。」
20180402_133740496_iOS_convert_20180403195758.jpg
うちに来てから1か月、マナーベルトなしで生活していたのですが
毎日暇さえあればちんちん全部出して
「ちんちん、ははぁ~~」って拝んでました。笑

もう気の毒としか言いようがない。
BUNが高いとはいえ、本当に腎臓が悪かったら
やっすいフードで12歳まで生きてないだろう。
去勢だ去勢!

もうすぐ去勢してひと月。
以前ほどの執着がなくなって
マーキングはするけど普通の犬になりました。笑
「ちんちんはそつぎょうれしゅ。」
20180226_041918136_iOS_convert_20180403201438.jpg
首を痛がったのをきっかけに、ケンカする同居のモアと離してリビングに移動しました。
ようやく犬らしくなったというのに、
どうも様子がおかしい。
突然目が見えなくなった。
何もないところを手でひっかこうとしたり
何もないのに吠えてみたり・・・
これは・・・脳じゃないのか・・・
ということで先日、眼科の先生に診てもらったら
目の機能は問題ないのに認識しないということは間違いなく脳が原因だと。
脳腫瘍の可能性大です。
最近はゴハンの場所がわかるまでにも時間がかかります。
食べてる最中に迷子になることも。
この子はお姉ちゃんところで見守っていくことにしました。
どういうわけか、お姉ちゃんのこと大好きなんです。笑
今後も様子をお伝えしていきます。
ビジュアルがキュートなせいか、ちょっと人気者。
「これからよろしくれしゅ!」
20180329_011910034_iOS_convert_20180403204411.jpg

モアが幸せを掴むまで
メロがいつの日か旅立つまで
どうか一緒に見守ってください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

先日CYGNIからペットシーツが段ボール3箱ババーンと届いたのですが、全部箱開けても納品書が見当たらず、差出人がわかりませんでした。送ってくださった方、ありがとうございます!!

パピヨンズ。

あれは2月のことじゃった・・・
電話を受けて1時間後には我が家の保護犬が3匹増えることになるのであった・・・

いやー書こう書こうとは思っていたのですが
ちょっとねー
なんていうかねー
気持ちが付いてこなくてねー
Twitterにはちょいちょい登場してたんですけどねー・・・

これ実はうちの親戚の子達なんですえーん
お姉ちゃんの親戚にひとり、どーしようもないオナゴがいるんですよ。
ほんっとにどーしようもないやつ。
そやつがこの子達を飼っていて
最近出入りしてるDV男が暴れるたびに震えあがっているから
2~3日預かってほしいと叔母から電話が来ました。
お姉ちゃんが知ったらそりゃ怒るわけだし
叔母は本当は頼む気なかったと。
でもどうしようもなくなって、「数日だけ」と連絡してきたのです。

事情を聞いて、「返せない」と言いました。
頼むから飼育放棄してくれと頼みました。

お姉ちゃんは基本的に一般家庭からの引き取りはしません。
ただし犬猫に危険が迫っている場合は別。緊急時は親戚じゃなくても引き取る。引き取れる状況ならば。
20180303_020312851_iOS_convert_20180330205212.jpg

だがしかし、今回これが身内だっただけに
情けないやら腹立つやらで
まー怒り狂ったよね。

身内の犬に、皆さんからの保護活動費を使うことはできないと思って
まず何をしたかって
うちの親を「共犯」として連帯責任にしました。笑
お姉ちゃんは月々、最低5万円は親への借金返済をしています。
もちろん一度も滞りなく、返しています。
初期費用など確保するために、
「1匹5万でいいぞ。3匹15万でチャラにしてやるってんだ安いもんだろうが!」とチンピラ化。(最低か)
さすがの母も「わかりました」と言うほどに。笑

20180218_025716078_iOS_convert_20180330205023.jpg

すでにMAXに保護しているのに
小型犬とはいえ3匹増えるって
殺す気か!って思ったよね。

でも犬達が震えあがるような家に戻すこともできない。
親戚は刺されてもいいけど、犬達刺されたら困る。
子供だっているのよ。
自分ひとりならさ、人に迷惑かけない範囲で好き勝手やればいいさ。
でも、子供も犬もいて、その子達を危険な目に遭わせるようなやつを出入りさせるなんて本当に理解できない。
昔から思っていたんだけど多分、病気だと思う。
20180213_103408067_iOS_convert_20180330204939.jpg

こんな身内の話を、全国津々浦々の皆様に話すのもどうかと思うんだけど
今までこのブログでは、全て正直に書いてきたつもり。
それを自分の時だけ都合よく隠すってのも性に合わない。
唯一詳しい事情を書かなかったのは
ダックスのアネちゃんとオト君のとき。
未成年と犯罪が絡んでいたので、書かなかった。

20180218_025721064_iOS_convert_20180330205054.jpg

みんなめんこいんです。
でもね、みんな不健康。
それぞれの紹介は次回書きます。

先日、叔母がうちにボラに来ました。
申し訳ないから少しでも手伝いたいって。
お金も包んできました。
それは当然なんだけど、当然のことなんだけど
お姉ちゃんは叔母からもらう気なかったんです。
家庭の事情を知っているだけに
そのお金は孫に使ってほしかった。
犬たちのお金はこっちでなんとかしようと思ってた。
でも叔母の気も済まないと言うので受け取った。
なんだか悲しくなった。

動物を養うってお金がかかる。
それを一番理解してほしかった相手は叔母じゃない。

可愛がってる=大事にしてるってことじゃない。
わかってほしい相手は叔母じゃなかった。

きっと飼い主のことが好きだったこの子たちを
飼い主から引き離した。
絶対に幸せになってもらわないといけない。

そう思っているのに、ひとり脳腫瘍の可能性大です。

次回へ続きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



親子。

ヨシ母さん:「いいかい?あそこのドアから、お姉さんがゴハンを持ってくるからね、ちゃんと見てるんだよ。」

チャコ:「うんわかった母さん。」


チャコ:「はっ。母さんあそこ!」
20180304_084453328_iOS_convert_20180307223725.jpg
ちっ見つかったか。笑

毎日見ていてほんとに飽きない親子です。
ただ寄り添って寝ているだけで
ホッコリする。
お散歩のとき、ゆっくり歩くヨシ母さんの元に
張り切って先を行くチャコはしっぽを振りながら何度も戻ってくる。
その姿を見ているだけで、癒される。

心配なのは
ヨシ母さんが旅立つ日が
きっと何年も先ではないということ。
20180301_070314079_iOS_convert_20180307225554.jpg

チャコがひとりぼっちになってしまう。
大丈夫かなぁって
そんなことばかり考える。
20180301_071311455_iOS_convert_20180307225630.jpg

ふたりが1日でも長く一緒にいられますように。

ふたりを受け入れてくれる、ご理解のある方を探しています。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ヨシ母さんの手術。

2月4日、ヨシ母さんの乳腺腫瘍を手術しました。


手術はしないつもりでここまで見守ってきたけれど
腫瘍が自壊して、とても痛がっていて
ヨシちゃん自身も気にして舐めていました。
もしも数か月しか生きられないとして
その数か月をどう過ごすかということを考えました。
もちろん数か月と決まっているわけではありません。
数年生きれる可能性だってあります。
だからこそ、今後痛いのを我慢して包帯交換をしながら毎日を過ごすのは、どうだろう。
オッパイの痒みもひどく、
お腹を掻いて掻いて
寝てばかりいるヨシちゃんが、
少しだけ起きている大事な時間が
何だか辛く感じました。

お姉ちゃんはいつも、闘病を考えるとき
生活の質をとても大事に考えています。
先生と相談して、思い切って手術することにしたんです。

20180204_081041923_iOS_convert_20180207220445.jpg
麻酔が安定していたそうで、取れる限りの乳腺腫瘍を取って避妊手術もしてくださいました。

今はまだ本調子ではないけれど
ゴハンもよく食べ、
オッパイを痒がることもなく、
ぐっすり眠っています。

もっと早く手術を選択すべきだったと反省しています。
お姉ちゃんはチキンなので
せっかく親子再会して、毎日穏やかに暮らしているのに手術で万が一のことがあったら・・・とかいろいろ考えてしまった。

なんでもかんでも手術しようとはもちろん思わないけれど
メリットが大きい場合、
年だからというだけで諦めたり
ただ怖がって選択しないということがないようにしたいと思っています。

20180207_112613074_iOS_convert_20180207221450.jpg

ヨシ母さんを手術に連れて行く日
娘のチャコちゃんは泣き叫んでました。
「母さん!母さんをどこにつれてくの!」って。(多分)
ふたりでこのまま穏やかに過ごしてほしい。
20180128_010439511_iOS_convert_20180207230727.jpg

ヨシちゃんに「手術おつかれさま!」のポチポチお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

Lucky Star
これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。
Twitter
チャリティショップ
かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
お問合せ
里親さん募集予定
モア 8歳(オス)
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい

天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳

ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。