皮膚ビフォーアフターまとめ。

今日は皮膚のこと書きます。
きっと少し先の自分が、今を見返す日が来ると思うから。
あんまり役に立たない内容な上に長ーくなると思うので
全然興味の無い方はスルーしてくださいね。笑

お姉ちゃんはトリマーになって12年です。
今は自分のサロンで一人体制だけど
元々は動物病院の看護師&トリマーでした。

正直、病院で働いていた時より
今の方がずっとずっと皮膚のこと考えています。
シャンプーに関しての考え方も、すごく変わりました。
保護活動を始めて、皮膚病の子を保護する機会が増えた事がきっかけでもあります。

それでも今の自分にはまだまだ足りないものがたくさんあって
もっともっと勉強しなくてはと近頃反省することばかり。

今まで保護した子達のケアを、振り返ったりもしています。

保護犬って、ひっどい毛玉の子が多くて
例えばこの子↓マイちゃん。

恐らくブリーダーの放棄犬です。
耳ダニもひどかった。
こういう子はあっという間にキレイになります。
IMG_9543_convert_20180531235256.jpg
今は素敵な里親さんが健康に気遣ってくださって
もっとスリムになってもっともっと可愛いです。

皮膚病がひどかった子と言えば
みなさんご存知の・・・
「わしじゃよ・・・」
20120608_3404_convert_20180531233459.jpg
ボロボロすぎて体や頭に穴があいてた。
これは6年前で、お姉ちゃんはまだ薬用シャンプーの信者でした。
でもじぃじの使っているうちに「ん?」って思うことがあって、疑問を持つようになった。
乾燥しすぎだし、刺激が強すぎる。
病院にいたころは、患者さんの子を毎日毎日ケアすることがなかったから気が付かなかった。
じぃじのケア中に、シャンプーを低刺激のものに変える選択をしました。
薬用を使った時の自分の手荒れもすごいんです。優しいわけないよね。笑
1蟷エ蠕契convert_20180531233409
じぃじがここまでキレイになったのは、
アトピーでもアレルギーでもなく
アカラス症だったからです。
病院でしっかり検査を受けて、お薬もらって、
甲状腺機能低下症の治療と同時にアカラス症の治療をすることで改善しました。
皮膚病を早く治すための手段としてシャンプーをしていました。
甲状腺機能低下症の子のアカラス症は、一生もの。
じぃじはずっと駆虫薬を飲んでいました。

ひどい飼い方をされていた子が多いので
栄養不良からくる皮膚病や脱毛を目にすることもあります。
例えばアスラン。
IMG_0722_convert_20180531234422.jpg
IMG_5092_convert_20180531234528.jpg
栄養不良が原因とはいえ、皮膚病になってしまっているため、かなりの頻度でケアしました。
もちろん食事にも気を遣います。
薬用シャンプーは使わず、
炭酸泉に入れて毎日保湿のためにプラナロム社のホホバオイルを塗ってマッサージしました。
でも今ならその選択はしないな。

もうひとり、同じく栄養不良による脱毛の子が つくし。
縺、縺上@_convert_20180531234548
縺、縺上@4_convert_20180531234605
縺、縺上@6_convert_20180531234705
つくしも完全に飢餓状態でした。
数日に一度の炭酸泉と低刺激シャンプーと食事で回復。
縺、縺上@險鍋キエ_convert_20180531234729
ここまで飢餓状態だと、腸環境が回復するまでかなり時間がかかります。
痩せていても、高栄養の療法食は使いません。
中からと外から、どっちも大事なケアです。

意外と時間がかかるのが疥癬症。
IMG_0342_convert_20150116200407.jpg
駆虫して疥癬はいなくなっているはずなのに
皮膚炎が結構しつこいことが多い。
疥癬にアレルギー反応が出ていることもあるみたい。
クロ美ちゃんもそうでした。
縺上m縺ソ_convert_20150717121743
疥癬の時は、湯の素とか硫黄の入浴剤を使います。
お風呂上りにはしっかり保湿。

保健所で駆虫してくれていたから検査ではでなかったけど、ジュリも疥癬症だったはず。
ただ、疥癬だけじゃなさそうだなという皮膚だった。
20170803_032532798_iOS_convert_20180531233521.jpg
20170812_121740328_iOS_convert_20180531233719.jpg
ジュリは何度か薬用シャンプーを使いました。
その分しっかり保湿も。
2ヶ月後に口腔がんで亡くなるころには
かなりフサフサでした。
20170908_071440588_iOS_convert_20180531233757.jpg
20170925_000623715_iOS_convert_20180531233816.jpg


お姉ちゃんは皮膚病の中でアレルギーとアトピーが一番やっかいだと思っています。
ゴルビン保護時↓
繧ェ繝・ヨ_convert_20180531234002
繧ェ繝・ヨ縺ョ逧ョ閹喟convert_20180531234020
皮膚の状態は回復するものの
原因を完全に排除できないものも多く
痒みとの闘い。
DSC06438_convert_20180531233917.jpg
DSC06722_convert_20180531233940.jpg
お腹側の写真が探せなかったんだけど、3ヵ月後にリンパ腫で亡くなる頃には、普通の皮膚の状態まで良くなっています。

そしてたろうさん。
菫晁ュキ蠖捺凾1_convert_20180531234109
菫晁ュキ蠖捺凾3_convert_20180531234231
保護してから1か月はほぼ毎日お風呂に入れました。
やりすぎだったかもしれない。
でも毎日保湿もガッツリして、とにかく清潔に。
保湿剤は色々使ってみました。
人間用のキュレルの頭皮ローションやヒルドイドローション、部分的にワセリンも。
シャンプーは何度かマラセブを使いました。
改善してからは時々ノルバサンを。
メインは低刺激のシャンプー。
フードはフィッシュ4。
手作り食だった時期もあります。
20180329_070628702_iOS_convert_20180531233857.jpg
20180122_121205445_iOS_convert_20180531233838.jpg
体はツルツルだけど
手足は今も毛が増え続けています。
たろさんはひどい時期、免疫抑制剤もステロイドも使いました。
他の子もそうですが、
血液検査、皮膚検査、ホルモン検査、すべて受けて、必要な治療をしてもらっているから、良くなることがほとんど。
ひとまず痒みを抑えるためにステロイドを飲ませることも多いです。
痒いのは本当につらいから。
ただ、使うけど頼り続けたくないお薬なので
他に出来ることを考えます。特に若い子は。
頓服で飲ませることは今もあります。
その他、病気の治療に必要な場合はもちろん頼ります。
今のたろうさんみたいに。
色んなものを天秤にかけるんです。
寿命とか今の辛さとか。

写真のビフォーアフターを出して
どや!お姉ちゃんすごいだろ!って言いたいところですが、残念ながら違います。笑
これ、ほとんどのトリマーさんに出来ることだと思うし
一般家庭でもやろうと思えばできる。
ただ大変です。

わずかな経験だけど
思うことは

これさえあれば大丈夫
なんてものはないってこと。
必要なものを必要な時に選択できることが大事ってこと。

薬用シャンプーがすべてを解決するわけじゃないし
低刺激のシャンプーだけを使えばよくなるわけでもないし
お薬だけ飲んでいればいいわけでもない。
サプリメントだけで解決するわけでもない。
ゴハンも、手作り食を食べていれば健康なわけじゃないし
良いフードを食べていれば病気にならないわけじゃない。
逆に多少間違ったケアでも清潔にするだけで良くなることもある。

色んな方法をやってきたけど、基本的にみんな良くなるってことは、適切な治療と正常な皮膚を取り戻すための努力、その子に合った良質な食事で良くなるものが多いんじゃないかと思う。
「これで良くなったんだぜ!」って言えないあたりが、あー自分の力じゃないなって思うし、その程度の自分だなとも思う。

ただ、その中でも絶対に大事なのが
保湿。
それと信頼できる獣医さん。

乾燥させないために、どんなシャンプーを選んだらいいのか
保湿するために、どんな保湿剤を選んだらいいのか

きちんと理解するために、今更だけど
1か月前から勉強を始めました。

最近うちに来た人は見ていると思うけど
テーブルに化粧品検定の本が置いてあります。

いつもすっぴんのお姉ちゃんが・・・
化粧品検定????って思うらしく、みんなに「え?!」って言われます。笑

あれは成分の基礎をお勉強するためのもの。
今良いと思って使っているものがどうなのか、知るためでもあるし
どうしても扱いたいシャンプーがあって、
それをきちんと理解して使うためのものでもある。

基礎だから、まだまだなんだけど。笑
でもどうやらシャンプーは入荷させてもらえそう。

使えるようになったらそれはお客様に直接ご説明させていただきます。

もちろん、それも「これさえあれば」と思っているわけじゃない。
最近は「これじゃなきゃダメ」という凝り固まった考えを持たないように意識しています。
それは時として、他の大事な選択肢を奪うからです。

今まで出会ったすべての子が、身をもって教えてくれたことは、確実に今後の自分の財産となるはず。
たくさんの方に支えられて成り立つ活動だから、やっぱり多くの方に還元できたらと思っています。
カット技術も、もっともっと磨かなくては・・・

数年後の自分が、もっと成長していますようにあーめん。笑
(ネックは頭の悪さよね)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
長々ダラダラ書いた目的もわからぬこの文を最後まで読んでしまったそこのあなた。
付き合わせてごめんね!笑
スポンサーサイト

何を書いたら・・・。

ミケ子ばぁちゃんが旅立った途端
ブログに何を書いていいのかわからなくなるお姉ちゃんです。笑

コメントをくださった皆様、ありがとうございます。
ミケ子ばぁちゃんに思いを寄せて下さる方がいることに、心が温まります。

ほんとにめんこいばぁちゃんだった。
20180506_235823173_iOS_convert_20180517205922.jpg
ミケ子ばぁちゃんが大好きだったイチゴには
お嬢ちゃんが寄り添ってくれています。
「あたちにまかちて。」
20180517_041528465_iOS_convert_20180517205159.jpg
みんなは元気に過ごしています。
20180515_060243675_iOS_convert_20180517205545.jpg
スーマイルも。
20180514_101808714_iOS_convert_20180517210200.jpg
今一番心配なのは夕姫ちゃんです。
エイズ期のため、免疫不全の症状が色々出てきています。
20180516_232123949_iOS_convert_20180517205056.jpg
血尿がひどく、抗生剤の耐性も出来ているので使えるお薬が限られています。
貧血もかなり。
体が慣れているせいか、元気で食欲もあるんですけどね。
こんな状態でも少しずつ体重は増えて
酷かった下痢もまた落ち着いています。
20180514_143933365_iOS_convert_20180517212941.jpg
まだ頑張れるね。

脳腫瘍疑いのメロも元気。
呼ばれた方向も全然わからないけど、進行している感じもあまりないんです。
20180514_023510735_iOS_convert_20180517213014.jpg

ほんとに何を書いたらいいのかわからないので
とりあえずみんなが元気だというご報告をしてみました。笑
お姉ちゃんは腰が痛くて休み休み生きてます。
うっすいブログですいません。笑
20180517_120102546_iOS_convert_20180517214042.jpg




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4月19日キラキラ放送。

そろそろ飽きてきていることと思いますが今日が最終回なのでご安心を。笑



カレンダーの紹介の際にカットになっていたのですが
今年のカレンダーはニセコのフォトグラファーasakoさんが撮ってくださった写真も使わせていただいてます
表紙も背表紙もそうです。
自分をカレンダーに載せるなんていつもならゾワッとするのに(笑)麻子さんの写真があまりにも自然な自分とじぃじ&クロ美で迷わず使わせていただきました

そのカレンダーの売上を使って使って使いまくって1年間やり繰りする形になっています。

今回の取材で一番びっくりしたのが
え、うちに18匹もいるの??
ってことです。
数えないようにしてたもね。笑

うちにいる猫が
スー&マイル、せぼ、おじい、つるん太、トウジ、夕姫の7匹。
ジークは入院中なんです。
それからタケルが終生預かりさんのお宅に。

一緒に暮らしている犬がお嬢ちゃん、チロル、イチゴ、クロ美、朔太郎、メロ、モア、ヨシ&チャコの9匹。
やっぱり多くても6匹までだと本気で思っているのになぜこうなる。笑
ヨシ母さんとチャコは親子一緒にトライアルが決まっています。
たろうさんは預かりマリコさんが旅行などで不在にならない限り、預かってもらえることになりました
トメちゃんは預かりさん宅にいます。
終生預かりでもオッケーとのお返事をいただいてますが、皮膚の痒みが結構強くて皮膚炎を繰り返すのでケアのために時々うちに戻ってくるかもしれません。
近々トメちゃんのことを書きますね。

預かりさん宅の子達を入れたら、抱えてる犬猫20匹。
やりすぎほんとに。笑

ヨシ&チャコ親子の里親さんが正式に決定したら
一緒に暮らす犬は7匹に。

猫は多少アレだけど犬は犬だけは本当に6匹を目標にしています。
「お姉ちゃん犬捨てられてるよ!」とか電話すんなよ!笑

お姉ちゃんはできるだけ看取りをメインにしていきたいのです。
そして今よりも少し身軽になって、啓蒙活動に力を入れたり
勉強したりしたいのです。

そんな予定です。
予定は未定だけど。笑

では、4日間お付き合いありがとうございました!

取材してくださったキラキラのスタッフさんにも心から感謝いたします。
本当にありがとうございました!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

4月18日キラキラ放送。

毎日アップするって言ったのに
あと少しで日付変わっちゃう。笑

今回はセラピー部の活動のことです。

以前にも書きましたが、セラピー活動はずっとしたかったことです。
「素晴らしいですね!」って言われることもあるんですけど
素晴らしいのはお姉ちゃんじゃなくてうちの子達ね。
何かを始めるとき、お姉ちゃんは「○○のために~してあげたい」とか
素晴らしい志を掲げたりしません。笑

楽しいからやる。
嬉しいからやる。
やりたいからやってみる。

セラピー活動は、お年寄りが笑顔で
うちの子達も嬉しそうで
そこにいるみんなが笑ってるので
お姉ちゃんは嬉しい。

保護活動もそうです。
犬猫のために!私が!!みたいな熱意あんまりなくて自分でも「大丈夫?」って思うくらいです。
犬猫と暮らしたいから。
健康を理由に、年を理由に処分されるなんてあまりにももったいないから。
だってこんな逸材ばかりなのに。笑
障がいのある子たちだって、ちょっとお手伝いすれば一緒に暮らせる。
そこを知ってもらいたいのは、犬猫のため!っていうのも全くないわけじゃないけど
・・・めんこいべ?笑
うちの子達、歩けなくても見えなくても、めんこいべ?ってことを伝えたかったりする。
障がいがあっても本犬猫たちは自分にハンディがあるなんて思ってないし。
可哀想ってあんた、どこが?って思う。笑

例えば立派な志を掲げて活動をしても
お姉ちゃんの場合は、なんとなくダメな気がするんです。
「私こんなに犬猫のためにやってるんだから認めてよ」とか
「病院だって安くしてもらって当然!良いことしてるんだから!」とか
道が逸れていきそうで。

だから自分にはこのくらいの動機で
趣味っす。っていうのが合ってるなと思う。

本日最後の放送はまた明日アップします!

毎日見て下さってる方・・・ありがとう・・・!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今年の1月に放送された夕方のニュース番組の時も
今回の放送も、身近なところから一番多い感想は・・・
「いつも通りすぎて笑った」です。
「もっとないの?服とか化粧とか声とか、よそ行き的なやつ。」だって。
・・・ねーよ!笑


4月16日キラキラ放送。

いつも応援してくださる道外の方々へもお届けしたく、
ほんとに携帯で撮ってみました。
酔ったらごめんなさい。笑



4日分、毎日アップしますね!
解説付きで。(え、いらない?笑)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
アップが出た時「よらないでー!!」ってなりました・・・
プロフィール

お姉ちゃん

Author:お姉ちゃん
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
とにかく動物たちと平和に暮らしています(*^_^*)
老犬中心の保護活動奮闘中。

Lucky Star
これはお姉ちゃんの保護活動の名前です。
Twitter
チャリティショップ
かわいいハンドメイド商品あります♪売り上げの3割がお姉ちゃんの保護活動費になります。
最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
お問合せ
里親さん募集予定
モア 8歳(オス)
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい

天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳

ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。