FC2ブログ

千とハク。

里親さんの事情により、お預かりしている
千とハク。

明日、ひとまず帰宅することになりました

「お世話になったにょら。」


たいしたお世話もしていませんが(笑)
3週間、再び一緒に過ごすと
お別れも寂しいものですね

この子たちは、免疫が弱くて、結膜炎が1ヵ月以上治らなかったり
寝てばかりで、妙におとなしかったり、
なにか持病があるのでは・・?と心配していました。

お姉ちゃんはエイズかもしれないと思っていました。

そして便秘の治療を開始してウンチもいっぱい出たのに
ハクのお腹が異常なほどポンポンのままで
今度は伝染性腹膜炎疑惑も浮上。

今年の4月に看取った伝染性腹膜炎のジャックにそっくりで
すごく心配しました。
考えてみたら、あの子もずーっと結膜炎が治らなかったんですよね。

もちろん、譲渡する時、里親さんは全ての可能性を含め、
この子たちの個性を受け入れて下さいました。

ですが、

今回、急遽お預かりすることになった
里親さんに突然起きた事情というものは
とても厳しく、お姉ちゃんなんかには
想像もつかないくらいの辛いものだと思います。

その上この子たちにもしも、持病があって
万が一のことが、近い将来起きるようなことがあったら

あまりにも酷なのではないかと思い

先日病院でエイズ白血病検査と、ハクのお腹を
エコー検査してきました。

その結果も含め、今後のことを話し合おうと思ったんです。

DSC03745_convert_20121025195118.jpg

結果は全て陰性。

もちろん腹膜炎については、確定診断にはなりませんが
現段階での腹水の貯留は無し。

本当にホッとしました。


里親さんには、お姉ちゃんなりに、
手離すことも含め、里親さんがどういう選択をしても
大丈夫なように考えていました とお伝えしました。

ですが、この子たちを「最高にかわいい2匹」と
断言する里親さんは、

「ありがと~うちはもう帰って来てもらっても大丈夫。」
とはっきりおっしゃいました。

ただ、お留守番の時間が長くなってしまうとのことで

ひとまずお返しして、様子をみてもらうことに。

2匹一緒なら、きっと大丈夫。

DSC03723_convert_20121024193752.jpg

この子たちはきっと、里親さんご家族に
笑顔を、癒しを、もたらしてくれる。

それは、お姉ちゃんを含め、
ほかの誰かが簡単にできることではないと思います。

千、ハク、
産まれてきてくれて、ありがとう。

ねこたまごさんを経由して、
お姉ちゃんの元へ来てくれたのも、
きっと偶然ではないのです。

DSC03683_convert_20121022190746.jpg

たくさんの願いと、祈りが込められた
一万羽の鶴。

どうかひとつ残らず、あの子に届きますように。



スポンサーサイト

にゃんにゃん。

お預かり中の千とハク。

「おばたん・・あたいと遊びたいにょ?」

べ、べつに

「おばたん・・ぼくと遊んでくれるんらにゃ。」

DSC03583_convert_20121013184354.jpg

そ、そんなに暇じゃないし。

なんて言いながらメロメロ。
構いたくて仕方ない。笑

発育が悪くて小さいし、
なんだかお腹もぽっこりしていて嫌な感じなんだけど

とにかくやたらとかわいいのだ。

かわいすぎて目の中に入れても
痛くないのではないかと思って

顔にグリグリしてみるのだけど
痛いし痒い。猫アレルギーだから

「あのおばたん・・変な人だにゃ。」
DSC03598_convert_20121013184615.jpg
「うん。変な人ら。変態だにょ。」

一応育ての親よー

急変。

下痢が続いて体重が減り続けている
ハク。

体重が減るのでミルクは1~2時間おきに
あげていて

しかもよく飲む。
だけど飲みながら下からも出てしまう。

下痢がひどいせいで今朝から
かなり脱水していた。

下痢止めの薬も効かないし
吐き始めたし、
困ったな・・・と思っていたら

夕方5時過ぎ、
突然ぐったりしてクタクタになった。

さっきもミルクを飲んでたばかりなのに・・・





このままなら死んでしまう。

慌てて病院へ。

低血糖の可能性もあったので
オリゴ糖を注射器に入れて

信号待ちで飲ませながら、
体を温めた。

病院に着いて待合室でハクを見たら
口がガクガク痙攣している。

もうだめなの?
死んじゃうの??

ドキドキしながら診察してもらい
とにかく脱水の改善のため
下痢止めと抗生剤の入った

皮下点滴してもらった。

先生の「痙攣は脳的なものかな・・・」
の言葉に

思い当たることがあった。

この子はいっつも鳴いているのだ。

最初はミルクが足りないのかな。。くらいに
思って毎回飲ませようとしていたけど

いらないと言う。

おしっこかな。
うんちかな。

それでも鳴き続ける。

熟睡するまでは寝ながらも鳴いている。

お姉ちゃんは経験不足で
こんな子を見たことがない。

なんだろう。
この子、普通の子?

って思ってた。

先生が「もしかしたら、てんかん持ちかもね。」
って。

そうか。そんなこともあり得るのか。

だけど、とにかく今は
命を・・・。

てんかん持ちでもなんでもいいから
生きるのだ。

せっかく生きるチャンスをもらったのだから。

DSC02459_convert_20120815223528.jpg

今も仰向けのまま鳴き続けているハク。
時々口が痙攣する。
突然暴れたりもする。

様子はおかしいけど

生きている証だ。

もし助かっても
健康な子ではないかもしれない。

里親さんも簡単には
決まらないかもしれない。

そんなことは後から考えればいい。

とにかく助かりますように。

明日も鳴き続けていますように。



今回、ねこたまごさんから
一時預かりの予定で受け入れた4匹。

正式にお姉ちゃんが引き取らせてもらうことになりました。

無事に育って離乳したら
里親募集を開始します。

命をつないで下さった
ねこたまごさん、
ありがとうございます









命名。

現在お預かり哺乳中のベイビーズ。

お姉ちゃんの大好きなジブリ作品から
名前をつけようと思います。

トトロとかナウシカとか、色々あるけど
今回は「千と千尋の神隠し」から。

ねこたまごさんの今までの
保護にゃんちゃん達と
カブってないといいのですが

まんず、この白が入ったきれいな模様の
女の子



この子は「千(せん)ちゃん」


続いてお顔に赤毛が多めに入っている
元気な男の子

IMG_5972_convert_20120809222104.jpg
この子が「ハク君」
赤毛だけどハク君。笑

そして全体に茶トラ模様の多い
マイペースな男の子

IMG_7866_convert_20120809222124.jpg
この子は「かまじ君」
ジブリファンにしかわからないかもしれないけど
釜じぃから取りました。笑

最後は一番小さな女の子(多分。笑)

IMG_9395_convert_20120809222047.jpg
この子はー・・・

「カオナシ」
いや、かわいそうだ。

お姉ちゃんの大好きなキャラクターだけど
女の子の名前にするにはあんまりだ。

じゃあカオナシのセリフを取って
「あっあっ・・・。あっちゃん。」

いや、これもどうだろう。

カオちゃん?

悔しいがいっそカオナシから離れよう。

あ。
ゆばーば!

「ゆばちゃん」がいーんじゃないか?!

これなら万が一男の子でも大丈夫そうだ。


ということで
ジブリ好きにしか覚えられなさそうな
「千」「ハク」「かまじ」「ゆば」に決定(笑)

この子たちは管理センターに放棄されてから
今日で5日目。

ハク君とゆばちゃんは、まだう〇ちが出ていません。

お腹やお尻をマッサージしてるのですが

心配です




きたー!

ねこたまごさんからやって来た
4匹のベイビーズ


にゃん。
DSC02354_convert_20120808203428.jpg

にゃにゃん。
DSC02351_convert_20120808203338.jpg

にゃにゃにゃん。
DSC02348_convert_20120808203240.jpg

にゃにゃにゃーん
DSC02353_convert_20120808203312.jpg

まだ目が開きかけ。
生後約1週間のおチビさん。

名前も決まっていません。

お姉ちゃんが名前を決めていいとのこと

どーするぅ~

「お・な・ご。」
DSC02341_convert_20120808203206.jpg

は?
まさか名前が??

どんだけ女好きだよ

何かかわいくてわかりやすい名前を
考えなくちゃ

これからしばらくは3時間おきの哺乳生活。

夜中に起きれば、ばぁばの様子も見られるし
一石二鳥だ

順調に成長してくれますように

プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
カレンダーショップ
2019年カレンダーやポストカードを販売中です!よろしくお願いいたします!
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
終生預かりさん宅の仲間たち
タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

与一 推定15歳
後ろ足ヨレッとしたおじいちゃん

ヨシ母さん 14歳
乳がん転移

譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。

心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。