FC2ブログ

釧路から。

地震から1週間以上経ちました。
1日1~2回は結構な揺れがきます。
今も余震に怯えながら避難所生活を送っている人がいる。
地震に驚いて逃げてしまったペットを必死に探している人がいる。
自宅に大きな被害はなかったけれど、一体何をもって「よかった」と言えばいいのか・・・

出来ることを探そうと思ったけれど
うちの子達を置いて現地に行くのはなんか違うし
大きな支援をする力もない。

そんな時にasakoさんから
被災地のお友達が避難するために
猫3匹の預かり先を探していると連絡が。
うちで預かって一部屋を使ってもらおうかと話している時に
里親さんから「うちで良ければ預かれます」と連絡をもらいました。
猫ちゃんのことを考えると
うちよりも良い!と思い、お願いすることに。
そしてLuckyStarで猫砂やフードの支援を出来る限りすると約束させてもらいました。
こんなことくらいしか出来ないなんて不甲斐ない。

地震が起きる前に、釧路保健所が満員になって
最終期限が来てしまった2匹を引き受けるつもりで
話を進めていたんだけど地震で一旦保留。
余震がどんな感じなのか1週間様子見させてもらって
改めて搬送ボランティアさんにお願いして先ほど無事到着しました。

お腹がすいているはずだと聞いていたので
ウマウマを用意して待ってたんだけど
この子はすぐに完食↓
20180914_130126840_iOS_convert_20180914225600.jpg
もうひとりはとっても怖がりさんで、固まってます↓
20180914_130139939_iOS_convert_20180914225621.jpg
この茶トラの子はKayokoさんというボラさんが保護主になってくれることになってるので、日曜日の夜にお引越し。

ふたりともエイズ陽性です。
キジ白君は発症していると言われてるんだけど
まだ信じない。笑

搬送ボラさんは北見にお住いの方で
北見→釧路→北広島→北見という
殺人的スケジュールを引き受けてくださったんです。
ガソリン代、高速代、キャリーゲージ代はこちらでお支払いしますが、他になんの報酬もありません。
「それで助かる子がいるなら」と走ってきてくれました。
本当に有り難いです。

今日は嬉しいお知らせを書こうと思って
タイトルは「良い知らせ」だったのに
自分がアホすぎて色々落ち込んでて全然違う話になってしまった。
タイトル変えないと。笑

新入りさんのことは検査後にまた詳しく書きます。

次回こそは、はじめちゃんの報告とポッカちゃんのことを。


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

卒業生の受賞。

2012年12月に札幌管理センターから引き取ったみょーいち君がこの度!
ご長寿で表彰されました!!!

動物愛護フェスティバルです

みょーくんは12歳の時に、飼い主の金銭的事情とやらで同居犬と一緒に放棄されました。
里親さんと暮らしはじめてからは、甘え放題に甘え、幸せいっぱい。
高齢のため、胃が弱くなったり、頸椎を痛めて寝たきりの時期もありました。
里親さんはいつも熱心に病院に通ってくださり
回復へ向けて前向きに治療やリハビリに励んでいらっしゃいます。
その様子を度々伺っていたので、
今回の受賞報告はほんっとに嬉しかった!
DSCPDC_0001_BURST20180902144455832_COVER_convert_20180905212956.jpg
腰さえ痛めていなければ、みょーいち君の晴れ姿を見に行ったのに!!

みょーくん、これからもみょーくんらしく
甘ったれの濡れっぱなの花丸犬生を生きてね。
元気に長生きするんだぞ!

LuckyStar の保護っ子は高齢の子が多く
なかなか里親さんが見つからないです。
引き受けてくださった里親さんは
本当にご理解のある方ばかり。
里子に出したらお姉ちゃんは安心して丸投げしています。
報告があればもちろん嬉しいけれど
正直、無くても全然心配しません。
どれだけ大事にされているか、知っているから。

昨年は卒業生のシュナ蔵さんが旅立ち、
今年はつくしちゃんと
てる君が。
20171219_091000000_iOS_convert_20180905215200.jpg
ふたりとも、腎数値が高く、看病は大変だったと思います。
20170918_113107709_iOS.jpg
長くは一緒に暮らせない事、わかった上で引き受けてくれたけれど
お別れはとても寂しく、辛く、心に大きな穴があいたに違いないと思う。
一緒にいた時間がどんなに短くても、大事な我が子。
里子へ行ってから、その愛情はお姉ちゃんにも伝わっています。

ハンディのある子達を引き受けてくださった里親さんたちに
心の底から感謝しています。


人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

LuckyStar の里親さんたちに
温かい拍手をお願いします。

卒業生。


おからダイエット始めました。
そして2日で飽きました。
お姉ちゃんですコンバンハ!

ついに雪が降りましたね-
北海道地方は皆さんガックリきていることと思います。笑

さて、今日は里子へ行ったあの子やこの子をご紹介したいと思います

小さな画像を大きくしたらこうなっちゃったんだけど
見えるかしら。笑

(目を細めてみたり離れてみたりして見て下さい。笑)

この子は・・・
「どらっちでしゅ。」
どらっち
大きくなりましたねー!
2歳になったんですよ
doracchi.jpg
大事に大事にされて、甘え放題です

それからこの子は・・・
「とにかくいっしょうけんめい走るんだものね!」
繝槭う縺。繧・s縺昴・蠕契convert_20151024222212
わかりますか?
ダイエットに成功したマイちゃんです

以前はこんなにドスコイでしたよ~
「マイはナイスなバディーだものね。」
まいまい
里子へ行ったマイちゃんは、「はるちゃん」というステキなお名前をもらいました。
先住のサクラお姉ちゃんの旅立ちを見守り
持ち前の明るさで悲しむお母さんを励まし、
その様子はまるで
自分の役割を理解しているかのようです。

先月、お姉ちゃんのおうちに遊びに来てくれたのですが
もうすっかりお嬢さん。
とっても幸せそうでした

そしてシュナさんと言えばこの方
「吾輩、まだまだ生きるのである。」
繧キ繝・繝願鳩縺輔s縺ョ莉・_convert_20151024222239
シュナ蔵さんです

シュナ蔵さんはもともと後ろ足に麻痺がありました。
進行性のもので、今は寝たきりの状態です。
ご理解のある里親さんの元で、手厚い介護を受けています。
繧キ繝・繝願鳩縺輔s縺ョ莉垣convert_20151024222227

今まで危ない状態になったりしても何度も奇跡の復活を見せてくれているんです。
お母さんのそばにいたいんでしょうね
お姉ちゃんは今年の7月に再びシュナ蔵さんに会いに行くことができました。

毎日の介護は大変なのに
会うといつも元気で笑顔のシュナ蔵母さん。

ご縁にただただ感謝です。

そして最後はハナコにそっくりなこの子
「おんなの子だぁ~
繧オ繝溘・・・メ繝ュ繝ォ_convert_20151024222131
あにまあるから来たサム君です

サム君、今はあだ名のサミーちゃんて呼ばれています。
お姉ちゃんは度々サミーちゃんのお宅で晩ごはんをご馳走になっておりますので(笑)
ツイッターには結構登場するんですよ。
(ツイッターはこのPC画面の左側真ん中あたりにあるはず・・・)

会えばあうほど、見れば見るほどハナコにそっくりで
ジーンとしてしまうこともあるくらいです。

性格はもちろん、行動や仕草まで本当によく似ていて
里親さんと驚いています。

同じおうち出身ですし
間違いなく、血がつながっていると思います。

サミーちゃんの里親さんは、ポッケの里親さんでもあります。
ポッケと過ごした時間は、たった2カ月。
「数日の命だとしても、うちの子に」と、ポッケを家族に迎えて下さいました。
ポッケと過ごせて本当に良かったとおっしゃいます。
可愛くて可愛くて仕方が無かったのだと。
ポッケと里親さんの絆は、たった2ヵ月とは思えない程のものでした。
ポッケ家族の姿に、お姉ちゃんはとっても感動したのでした。

サミーちゃんは、数ヶ月前、難病にかかっていることがわかりました。
里親さんも、長く一緒にはいられないと覚悟したのです。
でもね・・・
「サミーはまだこっちに来ちゃだめなんでしゅな。」
IMG_9069_convert_20140411183628.jpg
そうなの。ポッケがきっとそう言ってる。
だってものすっごく元気になったんです。

お散歩で走り回って、ゴハンも食べるようになって
まだまだ、まだまだ生きられるんじゃないかって
思うんです。

きっと今まで生きてきた中で今が一番。
楽しくて嬉しくて、大はしゃぎで
そんな毎日が、最高の薬になっているんじゃないかと思うんです。

1日でも長く、今の幸せを味わってほしいです。
「しやわせとかむずかしいことサミーわかんないけどぉ・・・」
繧オ繝溘・_convert_20151024222107
ハナコと同じ、愛すべきおバカさん。笑
そこがものすごくめんこいのです。

そんなわけで、今日は幸せ報告でした!

ステキな里親さん達に「ありがとう」のポチポチを!
人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつもありがとう。


ちゅう。
縺倥<縺假シ・&縺。蟄舌€€縺。繧・≧縲・convert_20151025214452

もんのすけのご報告★今日のひー様

先日、里子へ行ったもんのすけが
どうしているか気になっているのは

お姉ちゃんだけじゃないはずです

早速里親さんが写真を送ってくれました


お姉ちゃんがお届けして帰った後、
家中を探したと聞いて泣きそうになったのですが
そんなものは一瞬だったようで

まるでずっと前から家族だったかのように馴染んでいるそうです(笑)

もうすっかりお父さん子なんだとか

CAU1LCY3_convert_20130506154905.jpg

次に会った時
「だれだっけ・・なんだもん・・??」と言われないか心配です

先住わんちゃんも受け入れてくれたと聞いて
ホッと一安心

CA3MI9UI_convert_20130506154757.jpg

ほんっとうにもんのすけにピッタリのお家。
お父さんとお母さんは、もんのすけをとても愛してくれています。

「ボク、幸せなんだもん!」
CAKM0OYP_convert_20130506154932.jpg
いがった。。。いがったよー
お姉ちゃんもしやわせ。


今日はドキドキしながらこのブログを覗きに来てくれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ひー様がどうしているかと。

ひー様は頑張っています。
状態は昨日とあまり変わりません。

IMG_4585_convert_20130507002648.jpg
フラフラですがまだ自分で歩くこともできます。
こんな細い体のどこにそんな生命力が残っているのかと驚きます。

「お姉ちゃん大丈夫?」と心配して下さる方もいらっしゃいます。

お姉ちゃんは、大丈夫です。

ひー様の旅立ちと共に、燃え尽きるわけにはいかないので
きちんと息抜きもしています。

母に留守を頼んで首の治療院へ行ったり

ちょこっとだけ実家に預けて
昨日今日と2度ほどお出かけもしました。
もちろん心配で何度も電話してしまうのですが。笑

連休で暇を持て余している父と母が
横向きはどうなんだ、寝てるのか大丈夫なのか、とか
あーでもない、こーでもないと、それはそれは甲斐甲斐しくお世話してくれています。

そのお陰で、今日は少しの間だけ、
9年ぶりに大好きな友人の顔を見ることができました。

小学生だった彼女の息子はもう高校3年生になっていて
生まれたばかりだった赤ちゃんは、立派なガキんちょになってました。

彼女はアメリカ人で、あちこち拠点を移しながら
まるでジェットコースターのような人生を逞しく生きています。
かれこれ15年くらいの付き合い。

帰り際、私をギューっとハグして
「どんなに落ちていっても、絶対に諦めない。必ずいつかは上を向くんだからね。」と
とにかく前向きな彼女らしい言葉をかけてくれました。

そして彼女は大きくなった息子たちに
お姉ちゃんは犬たちのヒーローなんだと
説明しました。

お姉ちゃん的にはとんでもない話で
全くそんな感じでやってるわけじゃないし
やめてくれや(笑)という気持ちでいっぱいなんだけど

お姉ちゃんを含め、他の誰もがそう思わなくても
昔からお姉ちゃんの志を知っている彼女が本気でそう思ってくれていることが
なんだか嬉しかった。

次に会う時は、オーストラリアのメルボルン。
必ず会おうと約束をして、帰って来ました。

「あね様、わらわ、ちゃんとお待ちしております。」
IMG_7550_convert_20130507002605.jpg

そう。なんとなくわかる。
ひー様が待っていてくれることを。

ちゃんとお姉ちゃんのことを考えてくれていることを。

だってそのお陰で、お姉ちゃんの充電は満タンになった。

ありがとう、ひー様。
お姉ちゃんにもう息抜きは必要ないよ。

もうどこにも出かけない。
旅立つ時は、必ず傍にいるからね。



人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
カレンダーショップ
2019年カレンダーやポストカードを販売中です!よろしくお願いいたします!
最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
終生預かりさん宅の仲間たち
タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

与一 推定15歳
後ろ足ヨレッとしたおじいちゃん

ヨシ母さん 14歳
乳がん転移

譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。

心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。