FC2ブログ

朔太郎の旅立ち。

今日、午前中に朔太郎が旅立ちました。

何種類か薬を試して、限界が来て眠剤を使い、
それでもここのところ、ますますつらそうな状態で
「安楽死」という考えも頭に浮かんでいました。

数日前、先生にそのことを相談し、
眠剤の回数を増やして数日だけでも様子をみることに。

あっという間に効かなくなって
昨夜は眠剤を飲ませてもすぐに目が覚め、
一晩中吠え続けて一睡もできないまま朝を迎えた朔を見て、
安楽死を決断しました。

IMG_3385_convert_20200706172439.jpg

朔太郎は、2017年8月に江別保健所から引き取りました。
朔ちゃん保護時
目も見えない、耳も聞こえない老犬で看取り前提でというお話だったけれど、会ってみたら思っていたよりずっと若々しくて、なんだか嬉しかった。
ものすごい牧場臭で、窓全開で保健所から連れて来たことが懐かしい。
毛玉がひどく、ガリガリで、外飼いで大事にされていなかったのだろうと想像できた。
IMG_7928.jpg

朔はちょっと変わった子で
いつもグルグル回って興奮して、ストレスの常同行動なんじゃないかって言われた時は、なるほど!と思ったのだけれど、左にしか回れないことやその他の症状を見て、3年一緒に暮らしたおねっさんの中では「脳の異常」という答えが出ている。
耳は聞こえていないのではなくて
声が届かない。
回っている時は、なにも届かない。
最初の頃、音を頼りに動いている様子があったけれど、その後は落ち着いている時も音が届かなくなっていった。
目は過去に緑内障になっていたと思われ
完全に視力を失っていた。
IMG_9069_convert_20200706183015.jpeg

普通の犬と取れるようなコミュニケーションは取れないけれど
誰に対しても怒ることのない朔ちゃんは
穏やかで優しさ溢れる子だった。
IMG_3028_convert_20200706172356.jpg

里親募集サイトにも載せたし
譲渡会にも出たことはあるんだけど
ご縁はなく、目の症状の悪化もあって
ラッキースターの子になった。
IMG_2633_convert_20200706172321.jpeg

朔ちゃんの周りの世界はいつだって優しくて
いつも誰かが寄り添っている。
IMG_2631_convert_20200706172307.jpg
その優しい世界は
朔太郎自身が作り出していたものだったと思う。
31405ACC-B70A-4841-A7F3-F0BE70AFF4B7_convert_20200706172218.jpeg
なぜか初めて会う猫にも
怖がられない。
IMG_3108_convert_20200706172417.jpg
みんな朔ちゃんのことが大好きだった。
IMG_6319_convert_20200706172503.jpg

天使のような朔ちゃんは
おじぃちゃんとおばあちゃんを癒すというお仕事をもらって
そこでもやっぱりみんなに愛された。

IMG_2755_convert_20200706172339.jpg


朔ちゃんの事をとても愛してくれたおばぁちゃんに
新型コロナの影響でずっと朔ちゃんに会ってもらえなかったことが心残り。
2F76B4CD-CC5B-4D38-9032-16A9E8511AB4_convert_20200706172146.jpeg
朔ちゃんの旅立ちが、優しく伝わるといいのだけど・・・。

老化だけとは思えない筋力の急速な低下と
保護時からじわじわと神経症状などが悪化しているように見えて
先生にはもしかしたら進行がとてもゆっくりなタイプの脳腫瘍があるのかもしれないと言われたりもしたのだけれど
すぐにパニックになる朔太郎にMRIの検査はしなかった。
朔ちゃんのペースで生きてくれたらと。
BD867610-4E78-4740-9BD2-EDFF97CA2E36_convert_20200706172235.jpeg
昨年12月に
「もう年は越せないかもしれない」と覚悟してから7ヶ月。
本当によく頑張ってくれた。

20200706144039dc5.jpeg

お空のみんなが喜んで朔を迎えに来る姿が目に浮かぶ。
トメちゃんあたり、待ってたんじゃないかなぁ。

どこでもモテモテの朔ちゃん。
でもね、朔のことをいっちばん好きなのはきっと
このおねっさんよ。

朔ちゃん、出会ってくれてありがとう。

9BD6E10D-5743-4670-8618-589E67BE3D5D_convert_20200706172200.jpeg
朔太郎を保護してから今日まで
一緒に見守り、応援してくださった皆様、ありがとうございました。

こんなにも不思議で
こんなにも穏やかで
こんなにも優しい子に出会い
3年近くも一緒に過ごせたことを
とても感謝しています。

安楽死を選択したことについて
賛否両論あるかと思いますが、
応援してくださっている皆様が
残念な思いをされないことを願います。

いつも誰かが旅立った時だけ開くコメント欄ですが
たくさんの温かいコメントの中にほんの少しだけ混ざった、悪意のある心をえぐるようなコメントが今の私には厳しく、今回から閉じさせていただくことにしました。
朔ちゃんに伝えたいことがある皆様には
大変申し訳ありません。
ご理解いただけますと幸いです。

皆さま、本当にありがとうございます。
77CE8340-8139-4A29-96A3-47AD7A96C3C4_convert_20200706172546.jpeg

スポンサーサイト



しらたま、里親さん募集中。

「あちき、かぞくをさがす・・・!あちきの!あちきだけの・・・!」

気管支炎も良くなり、
駆虫、ワクチン、避妊手術、マイクロチップ挿入、折れていた犬歯の抜歯も完了して術後も良好。
2度目の抗体検査も陰性。

しらたまの里親さんを募集します!

術後、一晩リビングのケージで過ごしたときは
他の猫にシャーシャーしてたんですけど
普通に会うとそんなことはない。
202006292123074f0.jpeg
でも少ししたら隠れているので、怖いらしい。。。

犬も小型犬なら 逃げたりもしない。
20200629213815178.jpeg
でも近づいてこられると怖いらしい。。。笑

慣れそうだけど、まずは ひとりっ子で募集してみたいと思います。

とってもとっても人が好き。
ただ、最初だけちょっと人見知りするのと
男の人をかなり怖がります。
先日男の人と会った姿を初めて見たのですが隠れて震えてました・・・。

202006292122219b7.jpeg

人のあとをついて歩くほど甘えんぼさんのしらたまの性格を考えて、毎日長いお留守番のあるおうちには譲渡しないつもりです。
20200629211908a9a.jpeg
うまいこと、ひとりっ子で良いおうちが見つかるといいんだけど。

「しゃていのコイツもつれていく。」
20200629211953a32.jpeg
その子はおねっさんの大事なやつなので置いて行って。笑


しらたまは推定年齢6歳の女の子です。
体重は4kg。
エイズ白血病、どちらも陰性。
健康状態は良いのですが
便秘しやすいのでフードやサプリメントの配慮が必要です。
目ヤニが多くて目の周りが汚れやすいので、改善しなければ毎日清潔にする必要があります。
それと、スコさんの可能性が高いので今後
関節炎が出てくるかもしれません。
(今のところ変形や関節炎はありません。)
20200629212049153.jpeg

このめんこちゃんと暮らしてみたい方がいらっしゃいましたら、条件をご確認の上、HPの里親申し込みフォームよりご連絡くださいませm(__)m

★譲渡条件★
・毎日長時間のお留守番のないおうち
・しらたまの年齢を考え、60歳以下の里親さんを希望します。
・ペット可住宅にお住まいの方
・家族全員の同意が得られている方
・完全室内飼育で終生大切にして下さる方
・迷子対策をして下さる方
・譲渡誓約書へのサイン、身分証の提示をお願いします
・譲渡後、複数回の近況報告して下さる方
・かかった医療費の一部をご負担頂いております
・札幌から日帰りできる距離にお住いの方

※今回は単身者の方への譲渡はできませんのでご了承くださいませ。


この子が二度と、お外で辛い思いをしないように
一生分の責任と愛情をお約束いただける方を探しています。

どうかよろしくお願いいたします。
202006292124049aa.jpeg


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ばぁちゃん達。

絶妙なバランスでフランスパンに乗る
エアリーこのみちゃん。


先日、てんかん発作を1日に何度も繰り返すようになって、お薬を変えて発作は止まったのだけど
今度は下痢が止まらない。
間違いなく20歳超えていると思うので
いよいよ危ないかもしれないと
したくない覚悟を必死にしているところ。

20200621203953ebc.jpeg

そして先月緊急でレスキューしたこうたとまこ。
18歳のまこの容態が急変して
先週、夜間救急へ走りました。
202006212042307ce.jpeg

少し前に血液検査したばかりでしたが
心配していた腎不全ではなく、
ひどい貧血と肝数値がかなり上がっていました。
リンパ腫の可能性と
子宮蓄膿症。

処置で無理させれば呼吸も荒くなり、危ない状況。
嫌がって泣いている様子に
これ以上の負担をかけて毎日の通院を含め、積極的に延命治療するという選択はできず
ひとまず、「今この時点で出来うる限りの対症療法を」と点滴や抗生剤の注射をして帰りました。

202006212043302ce.jpeg

預かりをお願いしているドッグカフェSILLYさんは
オーナーさんもスタッフさんも、2匹をとても可愛がってくださっています。
営業を再開されて日中はお忙しいので
ラッキースターのスタッフが毎日通って様子を見ながらケアしています。

あれから、超低空飛行だけれど
とても頑張っていて
自分でお水を飲みに行ったりトイレに行ったりしてるんです。
おねっさんは全然会いに行けてないのだけど・・・。

まこが心配すぎて様子がおかしかったこうたも
ちょっと落ち着きを取り戻しているようです。

18歳という年齢を考えれば
何があってもおかしくないし

「18歳だから」という理由をつけて考えれば
仕方のないことなんだけど

18年も一緒に生きて来た飼い主が
突然家に戻らない状況になって
環境が変わって
引き受けてもらえる家庭も見つけてあげられなくて
こうして最期を迎えることに

おねっさんは悔しい気持ちや
悲しい気持ちや
無力感が拭えない。

まこがいなくなった後、
まこのことが大好きなこうたの寂しさや悲しみを癒してくれる、優しいご縁がありますように。

202006212107518a6.jpeg


人気ブログランキング


にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村



プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ネットショップLuckySmile
スーとマイルが担当するチャリティショップです。
売上は活動費とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします!
Twitter
最新記事
終生預かりさん宅の仲間たち
障がいや病気で里親さんが見つかりにくい子達は終生預かりボランティアさんのお宅で家族の一員として、愛されて暮らしています。

タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
ホームページはこちら
バナーをクリックしてください。
里親さん募集予定
さや
譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(13歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


せぼ
札幌管理センターより引き取り
推定13歳
サイボーグ
特技:柔軟体操


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。


朔太郎
江別保健所より引き取り
推定12歳
不思議ちゃん
特技:熟女のハートをつかむこと


トメ
札幌管理センターより引き取り
推定14歳
デリケートばぁちゃん
特技:うまうま発見


このみ
千歳保健所より引き取り
推定20歳
妖精
特技:宇宙空間かもし出す


よる
名寄保健所より引き取り
推定16歳
寝室の妖精
特技:雄叫び


小次郎
札幌管理センターより引き取り
13歳
頑固じじぃ
特技:スキップ..いや小躍り
心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。
クロ美 2019年11月3日
3年10ヶ月、1年の寝たきり生活を笑ったり文句言ったりしながら一緒に乗り越え、虹の橋へ。