FC2ブログ

ひっさしぶりにトリミングのことを。(最後にお願いが)

部屋を歩くだけで着ているニットが毛だらけに。
どうかモヘアだと思ってほしい。
お姉ちゃんですこんばんは!

今日は珍しくトリミングのことを書きますので
なーんだつまんねーの!っていう方はスルーしてください。
多分長くなります。

まずはひとつ謝りたいことが。
当サロンで現在扱っているシャンプーのひとつに
BOKUMO.があります。
Twitter経由で販売していることもあって
半年くらい前に本当に数名の方にですが
動画を送りました。
泡立て方を見てもらいたいだけの
説明不足ですっごい雑な動画だったことを猛省しております。
お買い上げいただいた後、お困りのことがございましたらご連絡くださいね。
新しい動画を作って送りますので、少しお時間ください<(_ _)>

さて、このブログをくまなく読んでくださっている方には、お姉ちゃんが東京でトリミングのお勉強に行って
死にたくなるほど落ち込んで帰ってきたことは記憶に新しいかと思います。笑

何を学びに行ったかというと
「形状記憶カット」というものです。

この技法を知ったのは昨年。
なぜこの技法に惹かれたかというと
ここ数年、自分のトリミングに悩んでいたことが一番なんだけど
インスタとかでよく見かけるピシーッと揃ったマズルの不自然さがとても苦手で、もっと自然で犬らしい感じがいいなって思っていて。
でも、「できないのに苦手」なのと「できるけど苦手」なのは全く違うから
実際にやってみたりもした。
インスタ映えするほどピシッとなってはいないのだけど。笑

やっぱり好きじゃない。

なんかそんなことを一人で悶々とやっていたんです。

お勉強のためにTwitterで色んなトリマーさんをフォローさせてもらうようになって「動いて可愛い形状記憶カット」というものを目にしました。それがKeikoさん。
初めて見た時、「なんじゃこりゃ!」って思った。
もしかしたらセミナーを受けずに、自分で考え習得している人もいるのかもしれないと思うけれど、大多数のトリマーはこの技法でカットはしていないと思う。

かわいいの。
好きなの。
動いている時がとても自然で犬らしいの。
犬らしさがかわいいの。
飼い主さんがワシャワシャってしてもブルブルすると元に戻るの。

どうしたらこんな風にカットできるんだろうって思った。

どうしたらこの技術を身に着けられるんだろうって思った。

うちの子達の現状を考えると、東京にセミナーを受けに行くなんてハードル高すぎ。
北海道に来るのを首をながーくして待つしかないか・・・

そんな風に思っていた時
フォローさせてもらっているトリマーさんで
お姉ちゃんとひとつしか違わないのに「なんだこの人すんげーな・・どんだけ努力したらこんなんなれるんだよ・・」って思っている人がいて
「会いたい人には絶対会いに行くべき」ってツイートしていて
本当にそうだなって思った。
出来ない言い訳って、たっくさんできるんです。
「遠い」とか「忙しい」とか「お金が」とかね。
それってすべて自分次第だなって思いました。

一泊が無理なら日帰りすればいい。
うちの子達が大丈夫かどうか、やってみればいいんだ。

結局、母とボラさんにお世話かけることになるのだけど・・・
なんとかなった。

実際に見て、やっぱりできるようになりたいと思ったんです。

お姉ちゃんは27歳の時にトリマーになりました。
来月40歳です。(びびる)
自己メンテの悪さやカットの時の癖などのせいもあって
首、腰、手首は痛いし右肩は上まで上がらないし、右手だけ冷えて酷かったり、「いつまで続けられるのかなぁ」って不安になったりもします。
でもね、出来ないことを年齢のせいにするのは好きじゃない。
もちろん若い時の方が覚えも早かったし動けたけどさ。

保護活動してると、色んな人に出会うので
「若いからできる」「若いうちだから」とか言われるし
体の不調を言おうものなら「いやいやまだ若いから大丈夫50にもなればそんなもんじゃないから」っていうなぞのマウントされることもあるし、なんだかなぁって思うことたくさんあります。
20代だろうと50代だろうと、痛いもんは痛いだろ?笑
若くても大変な思いしてる子、沢山いるよね。
年齢によって体力に差があるのは当然だけど、お姉ちゃん多分50代になってもその時動ける最大限に動いている気がする。

1回目に参加したセミナーのあと、
Keikoさんが北海道に旅行に来て、連絡をくださいました。
一緒にご飯を食べながら、色んなお話を聞かせていただきました。
すごいのは技術だけじゃなかった・・・

その時、Keikoさんが言ってくれた「東京の出張トリミング先にアシスタントで入れてあげるよ」って言う言葉を、絶対に無駄にしたくなかった。そんなチャンス、そうそうあるわけない。
それで行ったのが先日の東京です。

頭まっ白になったやつ。笑

この技法はセニング(すきばさみ)をメインに使うんだけど
お姉ちゃんは今までのトリマー人生、カットシザーで面を揃えるというトリミングをしてきたので・・・
ぜんっぜんできないの。
あんなに間近で見せてもらったのに。

自分には一生出来る気がしない。
毎日そう思いながらも、自分なりにやって、落ち込んでの繰り返し。

そんな時に、Keikoさんのセミナー動画が販売されて速攻ゲットして舐めるように見た。笑

動画を見ながら、何年かかっても、やっぱりできるようになりたい。
もしかしたら習得しきれずに終わるかもしれないけど、それでも少しくらいはきっと・・・

これ、もし技術もセンスもあるトリマーさんが読んでしまったら
「なにを大げさな・・」っていう話かもしれない。
でもお姉ちゃんにとってはそのくらいハードル高い。(泣)

でもさ、考えてみたら
全くトリミングできなかったのに、今はトリミングで生活できてるんだよ。
それはご理解あるうちのお客様のお陰なんだけど・・・

少しでも自分のものにできるように
諦めずに頑張ってみることにした。
お忙しいだろうなぁって遠慮していたKeikoさんへの質問も、図々しくさせていただくことにした。

そこで札幌市、もしくは札幌近郊にお住まいの犬飼いさんにお願いがございます。

2月にカットのモデル犬をしてくれる子を3~4頭探しています。

・当店のお客様以外の方
・犬種はロングコートのM・ダックス、ロングコートのチワワ、マルチーズ、ヨーキー(今後シーズー、MIXも募集させていただく予定です)
・全身カットOKの子
・北広島市大曲の当店まで来られる方

使用するシャンプーは、BOKUMO.またはアニマ-湯です。
カット技術の習得のために、ワンちゃんに負担をかけるのでは意味がないので、出来る範囲で行います。
トリミング代金はかかりません。

皆さん信頼されているトリマーさんがいらっしゃると思うので、こんなお願いを一体だれが聞いてくださるのか・・とも思ったのですが・・・まず聞いてみることにしました。

もしいらっしゃいましたら
ご連絡ください<(_ _)>
メールアドレスはinutori_neko☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)

(あまりにも毛玉のひどい子はお断りさせていただきますのでご了承ください)

ご連絡をお待ちしております。

誰もいなかったら何度もマリコにおむすびを借りようと企んでいます。笑

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


トリミングのお願いのことでこのブログの場をお借りしてごめんなさい。
お付き合いくださった皆様、ありがとうございます。

深夜2時に思いを綴るお姉ちゃんでした。
こういう前向きなことは弱気になる前に人に言っちゃうようにしてる。笑
スポンサーサイト

めでたいこと。

今日はめでたいことを。

お姉ちゃんが嫁にいく!二度目の!
とかそういうことじゃないよ。笑

終生預かりトライアルだった でんすけ。
実はとっくにトライアル終わって、そのままお願いできることになりました!
ワンちゃんとの距離感もだいぶ縮まって
上手に暮らしはじめているそうです。
「最高っすよ~」
20190115190906bd7.jpeg

それから、預かりとしてチヒロさんのところにいる
ちゃっこり。
正式にチヒロさんちの子になりました
なぜかお姉ちゃん動画しか持ってないわ。笑

ふたりとも、やったね!

それと数日前に決まったピーちゃんのトライアル決定!
「ピー・・?かぞく・・・??」
20190115190144e9d.jpeg
そうだよ~
もうね、お姉ちゃん「ご縁を待つ」っていうのやめたから。
営業に行くことにしたから。笑

トライアル先は、ずっとお姉ちゃんの活動を応援してくださっているTさんご夫婦の元。
「うちに合いそうなワンコがいたら教えて」って言われてたんです。
犬派のご夫婦に「お留守番があるなら犬みたいな猫を飼ったらいいと思います!」とピーちゃんをすすめました。笑
201901151858585bf.jpeg

前向きに検討してくださっている間に、
ピーちゃんの貧血がよくなっていないこと、全身のリンパの腫れがあることで
もしかしたらエイズ発症の可能性もあるかもということになって
これは・・・うちにいるパターンか・・・と覚悟しつつ
お見合いをしてもらいながらピーちゃんの現状についてお伝えしました。

エイズ発症には明確なラインはありません。
色んな症状を総合して、恐らく発症っていう診断がつきます。
ピーちゃんの場合も、発熱もなく、まだまだわからない段階。
エイズ発症の兆候になる症状が出てるというだけ。

これからまだまだ生きられるかもしれないのに
「発症の可能性」というだけで、こんなにも人が好きなピーちゃんを里子に出せないなんて悔しすぎる。
201901151902487be.jpeg
ただ、本当に発症しているとしたら、
もちろん長くは生きられません。
看取る側のつらさもよく知っている。

難しいかなぁと思っていたら
「ピーちゃん体調どうですか」って連絡が。
変わらずに検討してくださっていた・・・。
2019011518591975c.jpeg
前向きに考えてくださるのはとても嬉しいけれど、長く生きられないかもしれないことだけはご理解いただかなければならないとお伝えしたら
「何年の寿命があるかは誰にもわからないから、それはもう致し方ないことです」とのお返事が。
泣いた。

ピーちゃんが背負ってきたものを、
マルッと一緒に背負ってもらいたいとお願いしました。

19日からトライアルの予定でしたが、お二人ともインフルエンザにかかってしまったとのことで、26日に変更!
(早く良くなりますように)
「ピーやれる!ちゃんとやれる!」
20190115190342279.jpeg
そのままでいいのよ、ピーちゃん
たくさん甘えておいで。

それからもうひとり、終生預かりトライアルが決定しているのが
ハラ君
「!!」
201901151952052a5.jpeg
ハラ君はとても怖がりさんです。
腎臓が悪くて
今はステージ3に入っちゃったかな・・・という段階。
歯も酷いことになっていて
一度は腎数値が高いために諦めた全抜歯を
今後の生活の質を考え、必要と判断。
吐き気もあるため、毎日~2日に1回の通院点滴を続け、
体調を整えて先週手術してもらいました。
(通院を手伝ってくれたナオコさん、ありがとうございます!)
20190115195143e6e.jpeg
手術中に不整脈が酷く、犬歯の抜歯までは出来なかったのですが、なんとか臼歯は全て抜いてもらえました。
もしかしたら心臓が悪いかもしれないと言われたけれど
心臓の検査は鎮静下ではできない。
ハラ君にとってはものすごいストレスになるので、先生と相談して、今一番ケアしなければならない腎臓を優先しようということに。

抜歯は、やって大正解でした。
「ちょ、調子いいっすわ・・・」
20190115195121d09.jpeg
良かったぁ
お姉ちゃんはハラくんが大好きです。
この子にとって、どんな生活が幸せなんだろうかって
ずっと悩んでいました。
今はひとり部屋でぬくぬく暮らしてはいますが
果たしてずっとそれでいいんだろうか・・・
もっといい環境が用意できないだろうか・・・

11月の初めだったか、預かりボランティア希望の方からご連絡を頂いていました。
先住ちゃんの不妊手術が終わった12月には家庭訪問の予定だったのに
お姉ちゃんがあまりに忙しくてすっかりお待たせしていました。

その方とようやく昨日お会いして
今一番良い環境を提供してあげたい
ハラ君の終生預かりを快諾していただきました

「最期は大事。だから長く生きられない子を預かります。」って言ってくださって。。。

おうちは猫ちゃんのためのスペースがいっぱい。
キャットウォークやこんな可愛いドア↓
20190115195246cca.jpeg
専用のトイレスペースや水飲みシンクまでありました。
お姉ちゃんが暮らしたい。笑

お姉ちゃんが一番心を奪われたのがこのカバさん↓
2019011519522994f.jpeg
ほしいっ笑
(スノーと一緒に行きました)

先住猫ちゃんが4匹いて
看取った経験もあって
ハラ君の顔が好みだと!
完璧!笑
20190115195300e12.jpeg

まずは先住ちゃんたちとの関係を見てもらうためのトライアルから。
来週のハラ君の血液検査の時に一緒に病院でお話を聞いてもらってそのままハラ君をお届けする予定です。

犬の預かりもオッケーいただいてるので
そのうち送り込むぞ。笑


ということで、長くなりましたが
たまーに起きる「めでたいミラクル」のお話でした。

皆さん、ほんっとにありがとう!

人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

さやちゃんの1か月。

さやちゃんを保護して1か月が経ちました。
1か月前

20181213193553518.jpeg

毛が全然なくて、皮膚もゴワゴワでした。

今は↓
20190112175233bba.jpeg
20190112175259302.jpeg
201901121753148f8.jpeg
あと10日もすれば全身毛に覆われると思います。

さやちゃんはこの1か月で
猫を3匹ご出産されました。笑
「うまれちゃったかしらね」
20190112175456681.jpeg
いつもにょら達に寄り添って眠ります。
人間も大好きなので、横になると必ず来て上に乗ります。
201901121753397ad.jpeg
目が全く見えていないとは思えないほど
場所が変わっても物怖じせず、上手に暮らします。

食べ物への執着が強くて
食べられそうなものは何でも食べようとします。
段ボール、粉石けん、猫砂など、色々食べました。
全て届かないところに移動。
それを取ろうとすると怒ります。
咬むこともあります。
寝ているときに足を触られても怒ります。

こんなに食べ物大事なのに
ゴハン食べている食器に手を入れても怒りません。
他の子が近づいても攻撃しません。
ものすっごくイイコです。

名前もすっかり覚えて
呼ぶとちゃんと来てくれます。
「さやをよんだかしらね。」
20190112175354c67.jpeg

皮膚が落ち着いたので
そろそろ問題の乳腺腫瘍の手術を予約しようと思っています。
病理検査の結果が出次第、里親さんの募集を開始します。

回避できるとはいえ、咬むことがあるので
小さいお子さんのいるお家は難しいかな。

スキンケアも一生必要。
恐らく食物アレルギーもあります。

年齢も考えると、ちょっとハードルが高いかもしれません。
「そんなに高いのかしらね・・・」
20190112175414067.jpeg
さやちゃんの鼻ほどじゃないから大丈夫だよ。

皮膚病の子の回復していく過程を報告すると
「すごい!」
「魔法!」って言われることがあるのですが
特別なことは何もしておらず、
うちのサロンのお客様も、スぺサルコースの方は全く同じ施術を受けています。
さやちゃんみたいな子は変化がわかりやすいだけで
きちんと定期的に通ってもらっている子達は
間違いなく、皮膚に良い事が起きています。笑

昨年、スキンケアについて学び直して

今まで間違いだらけのスキンケアでよく
保護っ子たちと乗り越えてきたもんだなと反省して(笑)
シャンプーの入れ替え、道具の導入など、ものすっごくお金かけました。
昨年の売り上げはほぼサロンの環境を整えることにつぎ込みました。
ちょっと不安になるくらい。笑

うちのトリミングサロンに来てくださるお客様には、
できるだけ優しく、できるだけ良いものを正しく使えるように。
そして最新の情報を。
(まだまだでごめんなさい。笑)

うちの保護っ子たちには
できるだけ優しく、できるだけ早く回復できるように。

そう思って日々奮闘しています。

さやちゃんは
薬用シャンプーは一度も使っていません。
お薬はまだアポキルを1日おきに飲んでいます。

BOKUMO.のクレンジングオイル、シャンプーとローションを使い、常に清潔に。
「さや、キレイかしらね。」
20190112212754235.jpeg
毎日から2日に1回にして、(10日間はマリコが頑張ってくれました)
今は3日に1回のお風呂。

これから間隔をあけて、1週間に1回くらいにできるといいな。

そして、さやちゃんに家族が見るかるといいな。


人気ブログランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

先日「シャンプーは買えるのか教えてください」とお手紙をくださった七飯町のKさま
・・・買えます!そしてホタテごちそうさまです!
送り状の電話番号にお電話しますね。
プロフィール

お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃

Author:お姉ちゃん改めおばちゃんなお年頃
犬を飼い始めたのが20代前半だったので、犬に自分のことを「お姉ちゃん」と言い聞かせてきたのですが、気づけば お姉ちゃんと言うのが心苦しい年に。。。
LuckyStarとして6年半、個人で出来る範囲の活動を行ってきましたが、もっとできることがあるのではと思い、一般社団法人を設立しました。
犬猫と暮らす楽しさ、最期まで一緒にいることの大切さ、伝えたいことを思うままにブログに書いています。
どうぞよろしくお願いいたします。

Twitter
カレンダーショップ
2019年カレンダーやポストカードを販売中です!よろしくお願いいたします!
最新記事
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
終生預かりさん宅の仲間たち
タケル 推定3歳
エイズと白血病のダブルキャリア

与一 推定15歳
後ろ足ヨレッとしたおじいちゃん

ヨシ母さん 14歳
乳がん転移

譲渡条件
里親様にお願いしている条件
LuckyStarの仲間達
お嬢ちゃん 
2005年10月、友人宅で生まれました
我が家の番長(10歳)。
賢すぎるほど(ズル)賢い。
特技:略奪。




クロ美
2015年1月飼い主死亡で置き去り犬
推定16歳
きっと黒ラブ
特技:アゴ乗せアピール


チロル
2015年9月日高振興局より引き取り
2014年12月生まれらしい
ミニチュアボーダーコリーじゃないかしら
特技:おしゃべり


スー&マイル
苫小牧保健所より引き取り
2才くらい
天使ですね確実に
特技:にょらること


つるん太
多頭崩壊より引き取り
8才
セラピー部長
特技:飛びつき


イチゴ
岩見沢保健所より引き取り
推定5歳
ちびっこヤンキー
特技:特技っていうかケンカ上等。


トウジ
札幌管理センターより引き取り
推定15歳
さすがの貫禄
特技:眼光で訴える。


ポッカ
倶知安保健所より引き取り
推定1歳半
すんげーKY
特技:起立。

心の住人
元祖ばぁば 2010年8月10日
老犬の魅力を存分に振りまいて11ヵ月で虹の橋へ


元祖じぃじ 2011年9月9日
ひたすらお姉ちゃんのストーカーをして11ヵ月で虹の橋へ


おじさん 2012年12月5日
  11年間、お姉ちゃんの息子というお役目を終えて虹の橋へ


ひー様 2013年5月7日
  強さと健気さでたくさんの事を教え、7ヵ月で虹の橋へ


ゴルビン 2013年9月8日
お姉ちゃんの夢を叶えるとともに愛くるしさで心を鷲掴みにして、たった3ヵ月で虹の橋へ



ばぁば 2014年3月30日
我が家に来てから2年2ヵ月、何度も危機を乗り越えて大往生。クルクル回りながら妖精の国へ。


もっぺ 2014年4月6日
言葉にできないほど悔しくて悲しいお別れ。たった5日で虹の橋へ。


ハナコ 2015年2月26日
10ヵ月半の間、アホアホパワーでたくさんの人を笑顔にし
虹の橋へ。

おみそ 2015年3月13日
終生預かりさんのお宅で1年2ヵ月、家族として愛され虹の橋へ。

田吾作 2015年5月13日
2年3カ月、いつも笑顔を絶やさず皆のアイドルとして虹の橋へ。


ブンブン 2016年5月11日
2年4カ月、人々を爆笑させて虹の橋へ。


ぴこたん 2016年5月28日
7年半、鏡を見ながら自画自賛して虹の橋へ。


ジル 2016年7月6日
3カ月半、天使のお仕事をして虹の橋へ。


ムーミン 2017年2月15日
7ヶ月間、ほんわかした日々をくれて虹の橋へ。


薫子 2017年5月2日
2年10ヶ月、努力する姿で多くの人の心に残る、してやったりな犬生。


くるりん 2017年5月27日
2週間、小さな体で一生懸命病気と闘った。救えなかった命。


じぃじ 2017年9月18日
5年3ヵ月、見違えるほどの変貌を遂げ、頑固じじぃを貫き虹の橋へ。


ジュリ 2017年10月15日
2ヶ月間、ジュリらしく癌と闘い、強く美しく虹の橋へ。

ミケ子ばぁちゃん 2018年5月11日
たった17日間、小さな体で可愛らしさだけを振りまいて虹の橋へ。


たろう 2018年6月27日
2年半、最期まで大切な人を守り、かっこよく虹の橋へ。

ユキ 2018年7月14日
18日間、皮膚型リンパ腫と闘って虹の橋へ。福の神様。

夕姫 2018年8月27日
8ヶ月半、エイズ症状を抱えながらも凛として強く、お姉ちゃんの憧れ。